« 回数券のクーポンにすれば? | トップページ | 親切と余計なお世話の境界 »

2011年2月10日 (木)

ロシアも瀬戸際外交か?

ロシアも大統領?が変ったら、いきなり強硬路線ですね。
そもそも、現状で日本がロシアを相手にしなければならない理由はあるのだろうか?
シベリアにもう抑留者が残っている訳でもない、
終戦間際の泥棒のようなやり方で奪った北方領土を返す気なんか更々無さそう、
経済状況が悪いけど、今の日本政府はロシア相手にあまり弱腰を見せない、
日本政府は、自国内の問題で、もうロシアどころではない、
経済復興が急務なロシアでは、失速しそうな状況打開にどうしても次の手が必要、
何となく思いつくネタは、日本に取ってメリットが感じられるところが殆どありません。
日本に取って、北方領土問題の解決は、既に専決事項ではないでしょう?
これまで数十年に渡って支援に見合う結果が得られなかったロシア相手に、さらに支援をつぎ込むような余力は、もう日本には無いように思えます。
2009年のGDPが7.9%マイナス成長をしたロシアでは、去年、世界経済の復興と共に右肩上がりの株価回復を見せては居るけれども、具体的な好材料は目に付きません。地下資源以外に売り物が無い国にそうそう大きな成長は見込めませんよね?
もう放っておけば?
ロシアに使うお金があったら、今後連携を強化していかなければ行けないアジアの国々に使うべきでしょう。落ちぶれた過去の大国に支援のような経済協力をしてどうする?と思えます。
ロシアは、北方領土の軍備拡張(実際にそれを行う資金があるのかは疑問だなあ・・・)を餌に、支援を引き出したいだけだでしょう?中国や韓国では、日本を相手にする程ロシアに都合の良い契約にはならないでしょう?だから、腹の中では日本と経済協力という名の支援を貰いたいだけに思えます。
どの道ロシアは返す気なんか無いでしょう?どこかの国の核開発を餌に支援を引き出そうという外交と同じに見えます。
偶には日本の外交も相手に対して先手を取った方が良いでしょう。
ロシアが北方領土の高官訪問とか軍備拡張とか、先手を打って来ましたが、ここは受けに回らず、抜いて他のところで先手を取りに行きたいものです。
ここでの先手は、「待ち」だと思います。
僕ならこの局面で、相手が焦れるのを待つ、戦法を取るでしょうね。

|

« 回数券のクーポンにすれば? | トップページ | 親切と余計なお世話の境界 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシアも瀬戸際外交か?:

« 回数券のクーポンにすれば? | トップページ | 親切と余計なお世話の境界 »