« どちらが正しくても放射性物質の大量拡散が起これば日本は潰れる | トップページ | エネルギーの事をちょっとだけ考えてみる »

2011年3月18日 (金)

原子炉はエンジンブレーキの無い車みたいなもの

これは、小学6年生のときの僕の原子炉に対する理解でした。大雑把過ぎますね。でも、今問題を抱えて現場の作業員達を梃子摺らせている福島原発1号炉の沸騰水型原子炉の構造を科学百科事典で読んだ時の僕の理解です。
チェルノブイリの黒鉛を減速材に使う、原子炉の上蓋が開いて、運転中でも燃料棒の交換が出来ると言う画期的?(構造に関する問題の結果は、皆さんご存知のレベル7の事故です。)と思われる、型名は何だっけ?
それから、軽水炉の構造は読んだような読まないような、大人になってから知ったような気がします。沸騰水型は、考えてみれば軽水炉そのものなのですが、他にも色々な型があったと思います。
今は、もうちょっと理解があるのですが、まあ、ブログなので昔の理解で書こうかと思います。子供だったので、何かに例えて覚えるのが常でした。

制御棒がアクセルのようなもの。全部抜けば全開です。半分入れればアクセル半分くらい。全部入れればアイドリングのような状態になります。普通の車は、アクセルを戻すとエンジンブレーキが掛かりますが、エンジンブレーキが無いから、アイドリングで少しずつスピードが上がっていってしまいます。

冷却装置は、ブレーキのようなもの。海水との熱交換で冷えた蒸留水を原子炉内に戻して、スピードが出過ぎた時にブレーキをかけてちょうど良いスピードを保つのに使います。

緊急炉心冷却装置は、非常ブレーキのようなもの。(略語は忘れました。)地震とかがあった時に一気にブレーキを掛けて車を止める装置です。

非常用冷却装置は、電気が無くても冷却できる大きなラジエータのようなもの。一気にブレーキが効くような事は無いけど、その内止まる。当時は、すげー動力が無くても冷却できるんだ、くらいにしか思っていませんでした。今回解った事で、この装置は車スピードを落とすほどの冷却容量は無かったようです。アイドリングで車が加速してゆかないよくらいの冷却容量しかなかったようですね。これは、ちょっとショックでした。

それから、使用済み核燃料がきちっと冷えるのに3年も掛かるのは知りませんでした。なかなか冷えないのは知ってましたがね。

今回の事故では、津波でブレーキが全部壊れてしまったので、アクセルは全閉になったけどアイドリングは止まりません。僅かに残った非常用冷却装置では、容量が全然足りなかったようで燃料棒が露出する羽目になってしまったようです。

ちょっと緊張感が足りないのですが、まだ外壁が何も崩れていないときに、小学生の時誰も居ない家の広縁で少年少女科学辞典を読むのが日課だったのを懐かしく思い出したので書いておいたものです。
今は、耐圧の高さと出力、燃料棒の構造、核分裂、熱中性子の制御、熱交換などなど、小学生の時には想像もしなかったような理屈で動いているのも知っていますが、まあ、それは置いておいて、原子炉の完全停止と作業員の無事を祈ります。

|

« どちらが正しくても放射性物質の大量拡散が起これば日本は潰れる | トップページ | エネルギーの事をちょっとだけ考えてみる »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉はエンジンブレーキの無い車みたいなもの:

« どちらが正しくても放射性物質の大量拡散が起これば日本は潰れる | トップページ | エネルギーの事をちょっとだけ考えてみる »