« 原子炉はエンジンブレーキの無い車みたいなもの | トップページ | 頑張れ!東電 »

2011年3月20日 (日)

エネルギーの事をちょっとだけ考えてみる

今まで漠然と考えてはいましたが、東北関東大震災の後の福島原発の問題で、漠然と考えていたことを纏めてみる気になりました。
今後のエネルギー政策を考える上で、私見を書いてみます。
水力発電、火力発電、原子力発電、風力発電、太陽光発電、波力発電、地熱発電等の様々な方法で日本全体だと1億キロワット位作っているんでしょうかね?

エネルギーは何かを犠牲にしなければ造り出せません。人間が生み出せるエネルギーは、筋肉の収縮で生み出される動力と熱だけです。それすら他の生物を食べることで生まれます。
電気と言う大変使いやすいエネルギーを得るために、水力発電、火力発電、原子力発電、風力発電、太陽光発電、それらに携わった人達の犠牲や環境破壊と共に見直しがされて来ました。

小学生の時読んだ黒部第4ダムの水力発電所建設の物語は、感動的な話でしたが大きな電力を供給するために山を崩し多くの人命の犠牲を伴うものだった筈です。これで関西地区の電力の安定供給が得られたのだろうと思います。(関西地区だけでは無かったかもしれません。)

火力発電にしても多くの油田事故、石油タンクの爆発、発電所火災等、何か事故がある度に人の命が奪われ、環境が犯されてきました。今回の大震災で多くの被災者が居るのでまだ注目されることはありませんが、二箇所の製油所が爆発事故を起こし、大量の汚染物質を撒き散らしました。

原子力発電は言うまでもありませんが、エネルギー変換効率の点からも事故さえなければ環境破壊の点からも高効率な発電方法ですよね。ただし、一度事故を起こすと大きな損害が長期に渡って降りかかります。

これまでに、誰も死なずに済むようなエネルギー開発は無かったように思います。

風力発電は、具体的な人的犠牲の事象を知りませんが、風力発電のプロペラが発する低周波の音波は、どうも体に悪い可能性があることも解って来ました。(可能性であって、まだ良く解りません。)

太陽光発電も具体的な人的犠牲の事象を知りません。太陽光発電は、特に日本では砂漠のような大規模な大電力施設を造るスペースがありませんが、大量の屋根があります。政府がエネルギー政策の一環として、各家庭の屋根からの集電設備を備えれば、大電力も賄えるようなことになるかも知れません。少なくとも今は家庭で使う分は、その屋根で賄えるようになれば環境破壊の大きい発電方法を減らすことが出来るかも知れません。

映画のインデペンデンス デイで銀河を渡り歩いて資源を貪り続けながら旅をするタコのような地球外生物は、星の資源を奪う略奪者として描かれていますが、これってこれまで地球に対して人間がしてきたことそのものですよね?地球に住む生物にとって、人間は新参者であるのに星の資源を好き勝手に奪う地球外生物のようなものでしょう?

大きな戦争がないまま熟成が進んだ先進国は、やっと地球から多くの資源を奪いすぎたことに気が付きました。地球温暖化と思われる気候異変に初めて現実的な問題として認識されたので、やっぱり人間中心の考え方であることには変わりませんが、地球環境を守る事が人間が長く地球に住み続ける方法の一つとの共通認識として形成されたことには大きな意味があると思います。

大震災が起こるまで、地球温暖化の防止の為に地球温暖化ガスを出さないエネルギー源として世界的に原発は注目されてきました。首都圏の電力不足を補うために、点検中の火力発電の起動、運転中の火力発電所の出力アップなど、温室効果ガスを出さないために制限が掛けられていた筈の発電所が大活躍です。

被災した地域の復興方法も含めて、国として今後のエネルギー確保をどう進めていくか、そのためには国民が何をすべきかを本気で考えてゆかなければならない事態になったのだと思います。国家予算の何倍もの貯蓄を持つ国です。間違いなく復興できるでしょう。ただ、復興の仕方は考えたほうがいい。地震は必ず来ますので、今後大きな被害を出さなくて済む国づくりが必要です。

失敗から得られる事は多いので、まだ福島原発も停止できていませんし、これまでに出してしまった放射性物質の問題もクリアされていませんが、日本も始めて原発事故を経験して、多くの知見を得たと思います。この事故で得た知見を今後の日本のエネルギー政策、世界の原発の安全性向上の礎として欲しいものだなと思います。

追:今回どんな放射性物質が出てきたのか解りませんが、主に出そうな核種の半減期を書いておきます。放射線取り扱いと言う学問を学んでから、かなり時間が経ってしまっているので、きちっと覚えていないのですが、多分このあたりが問題になったと思います。
123I(ヨウ素)    13.1h    EC,γ
125I(ヨウ素)    59.7d    EC,γ
131I(ヨウ素)    8.04d    βー,γ
137Cs(セシウム) 30.174y βー

126I(ヨウ素)    13d   β-,β+,EC,γ(これは出ないかも知れません。)
137mBa(バリウム) 2.55m IT,γ(137Csはβ壊変をして、これになったと思います。古いノートを見て書いたので曖昧ですみません。)

y=年、h=時間、d=日、m=分、EC=軌道電子捕獲(結果としてβ-とγを出します。)、IT=核異性体転移(結果としてγを出します。)簡単に書いてしまいましたが、複数の崩壊方法を持つ核種は、それぞれその確率とエネルギーが調べられています。

ちょっと厄介なのが、125Iと137Csですが、その主な理由は半減期がちょっと長いことでしょうか。でも、長いということは、分裂して電離放射線を出しづらいと言う事でもあります。それから生物学的半減期なんてものもありますが、これ以上の放出が止まってくれればそんな心配もないでしょう?

|

« 原子炉はエンジンブレーキの無い車みたいなもの | トップページ | 頑張れ!東電 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

何かの犠牲の上に今の生活がある、というのが心に残ります。
確かに今後地震が来た時にも大丈夫なエネルギー源を考えないと
また福島原発の二の舞になりますよね。
災害復興を真剣に見つめ直していきたいです。

投稿: hanaぽん | 2011年3月23日 (水) 07時52分

hanaぽんさんへ

日本の原発の構造的な欠陥は、海水による水冷に頼ったことでしょうかね?沸騰水型ですから150m位の排気塔がある筈(何時も写る原子炉建屋の脇の白い塔がそうでしょうかね?)ですが、あれと同じような空冷施設が併設されていれば、今回何事も無かったように冷温停止出来たでしょうね。ですから、例えばベトナムで計画されている原発なんかは、水冷と空冷を組み合わせたような構造になるのではないかと思います。少なくとも海抜10mのところに造ることはないでしょうね。

復興の仕方とは、例えばもう海沿いの低いところは住居建設を不許可にして代替地を与えるようなちょっと極端な事を考えていました。
先祖代々の土地から離れるのは嫌かも知れませんが、凡そ30年に一度、家を失い家族を失うような事になるのよりは余程良いだろう?と思います。

hanaぽんさんも親になってしまったから、聞いて貰えるかも知れませんが、我々の世代の人達は、次の世代の人達に何を残せるのかを真剣に考えないと拙いですよねえ。

それにしても、これでまた国の借金が40兆円くらい増えそうですね。

投稿: フロの飼い主 | 2011年3月23日 (水) 20時12分

私の町はあの原発から直線距離で194キロなんだけど、ここのページを見たら息子たちが不安で不安で。
http://transport.nilu.no/browser/fpv_fuku?fpp=conc_I-131_0_;region=Japan
近所では未就学の子供とお母さんたちが何人も一時避難をしていて、大げさなと思ってたけど実は大げさじゃなかったのでしょうか。
今の日本では安全性を唱えれば「理性的な行動」とされ、危険性を唱えれば「風評被害」の吹聴とされてしまう。かくして誰も本当の危険性について口を開けることさえできなくなってしまう気がします。

投稿: 如月 | 2011年3月28日 (月) 06時13分

如月さんへ

どうしようかな?ちゃんと説明しようと試みるとブログのコメントに書くような内容じゃなくなりそうですが...

NILUのデータだと、数値の出ている一番高いエリアでI-131で4300Bq/m3以上出ているような表示がされますが、これってシュミレーションですよね?
30日の18:00頃には如月さんが住んでいる辺りは50Bq/m3くらいの値が出ていますね。
でも、シュミレーションの前提条件で二つ解らない事があります。一つは、そもそも原発から持続的に出ているI-131の量をどうやって見積もっているのか解らない事です。説明がちゃんと書いていない(僕が理解していない?)ので正直解かりません。
もう一つは、どの程度の高度まで吹き上げているか解らない事ですね。吹き上げの高度に拠って結果は変わる筈です。

日本原子力研究所の緊急時環境線量情報予測システムSPEEDI-Ⅱのシュミレーションの結果は、公表されている実測値とマッチングが良いようですし、4号機の爆発、2号機爆発、3号機の白煙騒ぎ以降は、大きな拡散は起こってないようです。(これは手元に持っているガスモニタのデータとも一致します。)
全体的に線量が下がってきているのは、I-131が崩壊して量が減ってきているからですよね。朝日と読売に出ているデータを経時的に見ると、そう思えます。
僕の放射線に対する理解では、NILUのシュミレーションのI-131が50Bq/m3は怖くない放射線です。

このところの問題は、日本の原発の依存度は25%を超えているのに、世界でフランスに次いで2番目なのに、世界で唯一の被爆国なのに、放射線に対する教育が殆どされていない事に拠るのではないでしょうか?
漠然と怖いと言う意識と、情報は正確なようですが説明が足りない、放射線被ばくのリスク評価が読み解くのに難しい、等の影響でしょうかね?

ちょっと内容的に専門家向きですが、原子力研究所のATOMICAの飲食物摂取制限http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-03-03-06、放射線のリスク評価http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-03-06、ICRP1990年勧告によるリスク評価http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-02-08-04、日常の食生活を通じて摂取される放射性核種の量http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-04-05
あたりを読んでもらえると雰囲気が解って貰えるかも知れません。

投稿: フロの飼い主 | 2011年3月29日 (火) 21時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エネルギーの事をちょっとだけ考えてみる:

» 地球温暖化の原因対策 [地球温暖化の原因対策]
地球温暖化の原因対策の情報です。 [続きを読む]

受信: 2011年3月23日 (水) 12時21分

« 原子炉はエンジンブレーキの無い車みたいなもの | トップページ | 頑張れ!東電 »