« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

これほど大事なときに国政を預かっていると言う自負は無いのだろうか?

不信任案提出、自公あすにも判断 首相は退陣拒否 与野党攻防が激化
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E1E3E2E3E08DE1E3E2E7E0E2E3E39F9FE2E2E2E2
2011/5/31 11:52 (2011/5/31 12:37更新)
なんて記事が載っていました。

またぞろ、内閣不信任案提出ですか?

解散総選挙に800億円でしたか?(試算の根拠は知りません、ごめんなさい。)
”こんな連中に任せておくのなら、止まっているほうがまだマシ”とでも思っているのでしょうか?
”否決されるのは解っているけど、政権に問題があるのを黙って見ては居なかった”と歴史に残したいと言う自己満足でしょうか?

平静時で景気が良いのなら、まあ、無駄を承知で何をやっても許されて来たようですが、不景気&大災害です。政府の対応には山ほど問題があるのでしょうが、自民党がやったらもっとマシだった?でも、やってない人には何とでも言えるんですよえ。
政府のやっていることが問題あるなら、もっと良い政策案を出さないかなあ?と思います。
日本の議会は、政権党の出す政策にいちゃもんを付けるだけの組織になっているようですが、社会の授業で習った国会の意義は、もっと違っていたような、一国の政策決定機関であったと思います。
別に野党が政策を立てて、政府にやらせても良いのですよね?

民間は災害を乗り越えるために躍起になっているのに、国会議員は相変わらずの権力闘争。やっぱり地方分権を進めて、国会議員は1/3位まで減らしたほうが、下手な節約より価値が高そうに思えます。

国会議員、県議会議員、市議会議員、町議会議員と議員だらけですよね?
政策の良し悪しで景気動向は変わりますので、良い政策を進められる議員は重要ですが、権力闘争以外は何もしない議員は、単なる税金の無駄遣いにしか思えないんですがねえ・・・

これも非公開ネタのボーダーを越えてそうな話ですね^^;
元々政治ネタは書いても非公開が多かったのですが、最近公開しまくってますね。困ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

この判決の意味は匿名性は判決で失われると言うことだよね

麻木久仁子さん中傷、接続業者に発信者の開示命令 静岡地裁浜松支部
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E5E2E1908DE0EBE2E7E0E2E3E39180EAE2E2E2

中野琢郎裁判官は「書き込みの内容は真実ではない。名誉を毀損するのは明らか」と述べて、プロバイダー(接続業者)の浜松ケーブルテレビ(浜松市)に発信者の名前と住所、メールアドレスの開示を求めた訴訟の判決で、静岡地裁浜松支部は29日までに、請求通り開示を命じた、とあります。

近年、2チャンネルを含めて匿名の書き込みは、素性がバレる心配がないから何を書いても大丈夫、と思われていたに違いないと思います。これまで殺人等の重大犯罪においてはサーバログの開示命令が出ていたいましたが、名誉毀損のような軽犯罪に該当するような犯罪行為でも、裁判所の命令が出れば素性がバレる可能性が生まれたと言うことですよね。

2チャンネル存亡の危機ですかね?

これまで事実関係の不確実な情報を頼りに盛り上がっていたサイトなのだから、事実無根な書き込みが名誉毀損と訴えられ、裁判所命令が出れば、発信者は特定され、損害賠償と謝罪広告の掲載を要求される事態になったのですよね。
つまり、事実無根な無闇な書き込みで盛り上がったりは出来なくなった、個人の戯言では済まなくなった、と言うことになりますよね?

まあ、今回の件は名誉毀損に当たるような書き込みなのであれば、罰せられても仕方ないよね?と思うけれども、事実に基づいた書き込みであっても書き込まれた人物が名誉毀損と訴訟を起こせば、発信者の匿名性は維持できなくなることを意味します。

無記名の行き過ぎた暴力の横行や、言論統制のような方向に行かない事を願いたいですね。

僕も書き過ぎないように注意しなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ハッカーとクラッカーは違う

少なくても僕は、ハッカーは優れたコンピュータスキルを持ち、コンピュータサイエンスの発展に尽力する人物像として、尊敬の対象になっている。
でも、クラッカーは、コンピュータスキルを犯罪に用いる連中を意味し、軽蔑の対象になっている。単に愉快犯のような連中もクラッカーの内だろうか?

最近、ソニーのPSNに攻撃を加えている連中が居て、新聞ではアノニマスの関与を考えているような論調になっている。用語としても”ハッカー攻撃”になってしまっているけど、違うだろ?ハッカーはそんなことをしない。

ソニーが特定のゲームをするために開発したプレイステーションの利権を守ろうとするのは正当な商業行為なので、それを犯した人間を訴えるのは当然とも言える。
新聞では”ソニーは家庭用ゲーム機「プレイステーション」を巡るハッキング行為で、あるハッカーを訴えたことから、「アノニマス」と呼ばれるハッカー集団から反発を受けている。”とあります。

僕の善悪判断だと、
汎用でないコンピュータ(例えゲーム機であろうと)の隠されたアーキテクチャを公開するのは、違法(公開されているなら、何をしようと勝手)、
アノニマスが、主義が違うとソニーに反発するのは、合法、
でも、PSのアーキテクチャを曝しちゃった人を支持するのは微妙、
PSNに対する妨害行為は、違法、
です。

PSNに攻撃を仕掛けている行為は、ハッキングではなくて、クラッキングだよね?
先の新聞の
”ハッキング行為で、あるハッカーを訴えたこと”
も自分なりの理解で書き直すなら、
”クラッキング行為で、あるクラッカーを訴えたこと”
になります。新聞も、ハッキングとクラッキング、ハッカーとクラッカーを分けて捉えた方が良い。

アノニマスは、ハッカー集団であると、彼らも自負しているだろうし、世間的にもそう思われている。
彼らは、今回の件に関与していないと新聞には書いてあるけれども、確かめる方法が取りあえず無いと言う点において、本当のところは解らない。
でも、どうだろうか?
アノニマスが関与していないと言うなら、していないのかも知れないけど、模倣犯のようなクラッカーが、”主義が違うから攻撃する”としているなら、それって唯のテロリズムだよね?
この時代のコンピュータスキルは、特殊部隊の攻撃力のような、使い方を間違えれば唯の暴力になりかねないものだよね。
新聞の論調だけを判断材料とするなら、ハッカーの面汚しのような攻撃(本当のところは、アノニマスの関与を匂わせた金銭目的の犯罪者達の行為かも知れない。)を、アノニマスは黙って見ているの?と思えるのだけれど・・・

違った角度から見れば、個人情報は取ったけど、取っただけで犯罪に使うのでなければ、PSNの脆弱性を見破りセキュリティの改善を促す行為と取れなくもない。それならハッキングと言っても良いかも知れなけど、サービス妨害をしている段階で、既にクラッキングの範疇に入っちゃうし、これでクレジットカード番号を売りさばいたり、使ったりしたら唯の犯罪だよね。
やっぱり、尊敬の対象になるような行為じゃないし、主義主張のためとか言うならテロ行為だよね。

これも殆ど非公開ネタだなあ・・・
最近、公開と非公開のボーダーがずれて来てしまっているような気がする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

東京電力は病んでいる

日経新聞に
「福島第1原発1号機で海水注入が継続していた問題で、東京電力の武藤栄副社長は記者会見で「(同原発の)吉田昌郎所長の処分を検討している」と話した。〔共同〕」
と言う記事が載っていましたが、本店も現場もきちっと連絡が付きづらい混乱した状況の中で正しい判断をした所長を処分ですか?これって、単に指揮命令系統に沿わなかったから?
それとも、本当は社長命令で海水注入は止まっていたけど、命令自体に問題があったから、それを隠すための工作ですかね?
どっちにしても、今頃になってこんな話が続々出てくる辺りなんか、社長が変わったくらいでは、この会社って駄目なんじゃないの?と思えますよね。

それにしても、東電上層部は、現政権とは一線を画したいような裏事情でもあるんでしょうかねえ?・・・

これは、殆ど通常なら非公開ネタですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

日本株式会社

ここ20年ほどの国政の混乱を見ていると、借金を重ねるほど政治家の人気が高まる傾向があるように思う。
資金的な裏づけが無いまま、お金を使えば、財布が空になり借金をしないと生活が出来ない。

政治家は、減税とバラ播きを約束すれば、人気が出るのだから挙ってうやりあう。借金が増えても減っても、実は政治家の懐具合には関係しない。人気があれば再選を果たし、懐は肥える。別に先々どうなろうと知ったこっちゃ無いと思えば、当然やるだろう。

サラ金にお金を返すために他のサラ金からお金を借りるような多重債務者は、基本的に破産手続きをすれば法的に債務から逃れられる。当然、一定の市民権が失われるが借金の取立て屋から一時的には逃れられて、借金が完済するまで数十年か不自由な生活を強いられる。不自由を味わうのは、債務者本人だから、破産せずに済むように頑張るのですよね?

株式会社の社長で、債務を繰り返し、赤字決済を続けたら間違いなく首です。決済不履行になれば会社は倒産し、社員は全員解雇です。社長も社員も不自由を受ける。社長は、自らと社員の生活を守る義務があります。だから、みんな黒字決済を目指し、頑張るのですよね?

国債を償還するために国債を発行する状態、いわゆる赤字国債と呼ばれるような国債を発行するのは政治家ですが、
デフォルトが起こっても不自由を味わうのは国民で政治家ではありません。沢山の財産を構築済みの政治家にとって、デフォルトなど怖くないのかも知れません。自らの腹が痛まねば、国民がどうなろうと知ったこっちゃ無い。

どうせ殆どの国債は日本の銀行が買っています。その元手は、国民の貯蓄ですから、枝野さんのように法律を無視して銀行に債権放棄を言えば良いだけです。その場合、銀行は貯金の払い戻しを停止しなければ潰れます。債権放棄を言い出すような政府が貯金保護を出来るはずも無く、国民は銀行貯金を全て失うような羽目になるでしょう?

日本はすでに税収を遥かに超えて借金をしている訳ですから、借金を返せる国づくりをしなければならない。経済発展の見込めない日本では、税収の増加は見込めません。普通の家庭では、収入が増えなければ無駄遣いを止めるのですが、政治家は無駄遣いをすればするほど人気が出るのです。家計を省みずに無駄遣いを続けたら、破産しか待っていないですよね?

通常、社長を含む経営陣の功績の良し悪しは、決済の良し悪しです。決済が悪ければ首になる。日本株式会社の経営陣たる内閣は、決済が悪ければ首で、内閣総辞職と言うことになるでしょう。議会は、あんまり役に立っている印象がありませんが、経営陣を監査するお目付け役、彼らが役目を全うしているかどうかの監査は国民が選挙で行う。

現在20歳以上の国民全てに参政権が与えられていますが、監査役の国民には税金を払っていない人を加えないほうが良い。株主以外は会社の決算に興味が無いように、税金を出資していない人には、会社の利益には関係ない意図が働きがちです。ですから、株主総会の如く、決算報告に対して経営陣の退陣を迫れる株主=税金を納めている国民の創設も必要でしょう?
現在の日本は、税金を納めていなくても国民としての権利は保護されますが、通常の会社では対価を支払わなければサービスは得られません。明治時代の初期の議会制民主主義の如く、税金を納めていない人に参政権は認めないほうが良い。国民としての権利が多少なりとも制限を受けなければ、税金を払うモチベーションは生まれないでしょう。
憲法違反だろうって?大丈夫じゃないですかね、納税義務違反を絡めれば何とか誤魔化せます。誤魔化すの得意でしょうから、きっと行けます。

どうやって借金を返すのか?普通の家庭なら無駄遣いを止めます。国の無駄遣いは、政治家の大好きな減税とバラ播きです。天下り先の補助金とか、地方自治に口を出す見返りの補助金とかも無駄遣いのうちですかね?まあ、これは政治家の無駄遣いではなく、官僚の無駄遣いでしょうけど・・・

内閣の経営成績は、借金を幾ら減らしたかで評価します。複数年に渡って借金を減らせなかったら、内閣総辞職です。また、その減らし方には国としてのコンプライアンスが必要でしょうから、そこいら辺の議論は議会の役目です。議会なのに何も発言しないような唯のお飾り議員のような人は、国民が弾劾します。選挙区は全国区だけ、地方の事は地方でやって貰う。だから、小選挙区は必要ありません。

これまでの地方の代表のような小選挙区の議員は、県知事を争ってもらって、そこで力を発揮していただく。地方で面白いお金儲けの方法を思いついたら、内閣に出資要請をして、国が出資して利益を回収します。県は比重を高めた地方税で、例えば宮崎県株式会社のような活動を行えば良い。市町村はその支社のような取り組みをすれば良い。

これまで国と地方自治の関係は主従関係でした。国が一括して税金を集め地方にばら撒く。この関係は変えたほうが良い。地方が税金を集め事業を行い、収入に応じて国に税金を納める。県単位では出来ないような大きな事業は、県単位で企画して国に出資を申し出て、出資に対して見合った報酬を国が県から受け取る。逆に国が行わなければならないような事業は、国が企画して県の参画を募り、事業収入と出資額に応じて報酬を分ける。

こうして行けば、県単位で無駄遣いを減らせます。事業に成功した県は潤いますし、失敗した県は収入に見合った緊縮財政を迫られるでしょう。多少県単位で競争を生まないと、公平にならないですよね?
不公平だろうって?子供の公平は、努力してもしなくても同じ量を貰える事ですが、大人の公平は努力に応じた量が貰える事です。量が沢山欲しいのであれば、努力するのが大人の公平です。社会通念ですよね?

でも、これだけでは足りません。日本の繁栄にはどうしても外貨が必要です。外貨がないと食費も払えないような国なのですから、国を挙げてお金儲けをしなければならない。よく言う、官民一体になって、金儲けが必要です。官は民の金儲けを支援し、自らも金儲けをして借金返済に充てるべきです。民業圧迫とかより官民協力で金儲けに走るべきです。どうやっても税金だけで足りる額の借金ではないですよね?

内需拡大が税収を上げる一番の方法だとか騒がれていますが、国の借金を返せる当が無い⇒将来に備えて自分で蓄えるしかない状態では、内需拡大なんてありえないですよね?政治家が大好きな言葉で”抜本的な改革”なんてのがありますが、その抜本的な改革は国の借金を返して財政の健全化をすることが内需拡大への一番の改革方法です。

な~んて訳で、日本株式会社なんて言い出しているのですが、これをしたからと言って、黒字化できる経営陣になれる政治家が居るとは限らないんですがねえ・・・

それに・・・
ちょっと書き直したくらいでは、全然過激さが抜けないですねえ。
長年、”緩く民意を形成するような政治形態が望ましい”と思ってきましたが、労働人口の減少が進む中で、労働しなくても生活できる人の意見が大きな民意となってしまっては、社会はきっとジリ貧です。働く人の民意が反映されない政治では、日本は経済成長出来ませんよね?家庭の中で働き手の意見が尊重されるように、国政においても働き手の意見が尊重されるほうが、理解しやすく働き手のモチベーションも上がる筈です。結果としての経済成長は、労働しない人達の生活向上にも繋がる筈です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

枝野さんも東電株を沢山持っているんですかね?

NIKKEI.NETに「「東電は普通の民間企業と違う」 官房長官が反論」と言う記事が載っていました。「国として責任を持って関与する(損害賠償の)スキームが前提である以上、普通の民間企業とは違う」と説明したそうですが、そのスキームとやらは、前提条件ですか?

株式会社なんだから、普通の民間企業でしょう?
インフラ会社だから、サービス停止にしちゃあ拙いけど、だからといって民間企業で居る内は政府が無闇に口を出すものでもないでしょ?増してや銀行団に債権放棄を言い出すなんて論外だと思うのだけど、どうですかね?

大体、闇雲に無理を通そうと言うときは、キナ臭いのが相場です。
枝野さんにそう言わせる誰かが居るのか?枝野さん自体が言わせているのかは僕には解りませんが、一時国有化の手続きを踏んでから、銀行に債権放棄を言うなら筋は一応通ります。

原発を抱える電力会社は、事故を起こせば一時国営化が必須となれば、安全対策にも熱が入るのではないでしょうか?国営化になれば、株主は大損ですから、総会で安全対策への追及が激しくなるのは当然予想されます。それは牽いては国民や日本の利益になるのではないでしょうか?

枝野さん、間違いを指摘されて「逆切れかよ!」って感じですよねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これら記事を読んで、みんなはどう思うのだろうか?

[FT]IMF専務理事、暴かれた公然の秘密
http://www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C9381959FE3E5E2E1948DE3E5E2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E2
[FT]誰がストロスカーン氏に取って代われるのか
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE3EAE2E6E38DE3EAE2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2
政府の競争力、日本過去最低の50位 税財政に低評価 スイス研究所調査、「ビジネス界」は27位
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE3E5E2E4E18DE3EAE2E7E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

Financial Timesの二つの記事は、国際通貨基金(IMF)専務理事のドミニク・ストロスカーン氏の女性問題での失脚に絡む記事で、3つ目は、日本の政治が日本経済の足を引っ張っているとの記事だけれども、これらの記事を読んで、みんなはどう思うのだろうか?

こんな破廉恥な政治家が葬られて良かった?
有能な政治家が国益を省みない一部の清廉潔白妄想の虜になった連中に潰されてしまって残念?
フランスのメディアは、政治的に有能であれば国益を尊重して、無闇に私生活に踏み込まない事をビジョンとしていたのに比べて、日本のメディアにそう言ったビジョンはあるのだろうか?

ストロスカーン氏は、女性問題では困った人のようだが、大胆な意思決定者であり、力のある政治家であり、有能なエコノミストと言う珍しい能力を持つユーロ圏の金融危機だけでなく、世界金融危機に対しても有用な人物と評されている。それが、女性問題で失脚してしまった。
身から出た錆とも言えるけれども、世の中にどれだけ清廉潔白な政治家がいると言うのだ。世界政治において重要な局面を乗り越えられそうな人物を詰まらない事で引き摺り下ろしてしまったように思えて仕方ない。

政府の競争力が評価対象国54か国中50位、ビジネス界は27位とブラジルに次ぐ2位の乖離率を示し、政治が経済の足を引っ張る姿が浮き彫りになっている。

WHO会合で、日本政府の原発対応の遅れ、情報不足等の批判が相次ぐ状況は、日本の危機管理体制がなっていないことの象徴のようなものなのだろう?原発事故、その後の東電の対応、政府の対応、すべて対応策がもともとある訳ではないようで、全て後手に回ってその場凌ぎの対応を繰り返しているようにも見える。

東証の斉藤社長が、枝野官房長官の東電債権放棄を求める発言に対して、「東電は政府の会社ではない」と批判しているのも、政府関係者の安易は発言で、日本だけでなく世界中が振り回されている状況になることを理解していないような不用意な発言の山。

経済が悪いときには、世の中は清廉潔白に成りがちで、メディアはどうでも良いような些細なことでニュースを組み上げ、国民が騒ぐ。最近の日本には、世界的に力を発揮できそうな政治家は見当たらないけど、稀に面白い事を言い出す政治家はメディアの大騒ぎで引っ込んでしまう。そもそも万人が納得できる政策など存在しない。恩恵を受ける人も居れば、損害を受ける人も居る。メディアが損害を受ける人の立場に立ってとか偽善ぶった事を言って一々潰して回る。

どうも日本という国は、公共の利益が牽いては個人の利益に繋がるような意識が低すぎるのではないだろうか?
目先の個人の利益に集中しすぎて、結果的に貧しい国に向かっているように思えて仕方ない。

政治が経済の足を引っ張っている事実や、今回の災害における国際社会や国内からの批判を考えてみれば、日本に現在のような苦境に力を発揮できる政治家が居ないのは明白な事実のように思える。

「日本には、将来を担うような有能な政治家は居ない。」一度、こう前提して、「居ないなら育てれば良い」と言うように考えを変えて、国民もメディアも有能な政治家を育てる努力をしてみないだろうか?

「日本をもう一度優れた国にしよう」と言うようなビジョンに立って・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月15日 (日)

たまには車を降りてみない?

Ca3c0701xga 弁天池の睡蓮

自転車や徒歩で街に出ると、行きかう車は唯の横柄な邪魔者です。

なので裏通りを選びがちになります。でも、そこでも横柄な運転をする車が多いよね。表通りの抜け道の積りなんだろうけど、ここは生活道路で、車道じゃない。

普段、車にしか乗らない人は、自分の運転がどれだけ迷惑で横柄か良く解る筈だ。

自転車で走るとか、歩いてみると、車で走っては絶対に見えないものが見えて来ます。

忙しいから、そんな暇はないですか?

いえいえ、多分それは時間の使い方が下手なだけです。

偶にスローライフを試すくらいで、人生を間違えてしまうようなら、それは既に人生を間違えているとは思いませんか?

僕は自転車に乗るようになって、街中の車の運転は、やたらと優しくなりました。特に自転車や人とすれ違うような狭い道を走る時は、ゆっくり距離を取りながら走るようになりました。バイクに乗っていても、街中ではスピードも出しませんし、音も絞ります。

今までの人生を走ってきた訳でもありませんので、ことさらここでスローライフを意識する説得力もありませんが、失われた20年を効率性を追い求めて彷徨った日本を足元から変えて行けるかも知れませんよ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

銀行への東電債権放棄は、踏み込みすぎじゃない?

枝野さんが、銀行への東電債権放棄に言及していたけれども、株主は好きな会社に投資して利益を出すと同時に会社の方針に口を出せるけど、銀行=預貯金者は国民では、銀行自体はお金を貸している会社に口は出せるけど、銀行にお金を預けている預貯金者は、銀行が貸している会社に口は出せないですよね?

広義においては、変な会社にお金を貸しているような銀行にお金を預けなければ良いとも言えるけど、実際に預貯金者が銀行のお金の貸出先を把握しているなんて、余程の大口貯金者ぐらいのものでしょ?
結果として銀行が債務超過になった場合には、またぞろ税金がつぎ込まれて負担は国民に行きます。
そこまで行かなくとも、大半の預貯金者は知らないところで利率の低下とかの不利益を受けますよね?

東電の国有化が先にあって、補償額が大きくなりすぎるから銀行に債権放棄をしなさいと言うのなら、順番としても、まあしょうがないかな?と思えるけど、ちゃんと責任のある株主は守るけど、殆ど責任の無い預貯金者には不利益を齎す。
それって、おかしくない?

僕には、官房長官がいきなり銀行の債権放棄を言い出すのは如何なものかな?と思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

一本乗り損ねるとそこは別世界

この駅から通勤するようになって、何時も乗る電車に偶に乗り遅れる。
今日もちょっと走れば、間に合ったかな?
周りを住宅が埋め尽くすこの地域は、ベッドタウンと呼ばれるようなところで、朝は通勤、通学客で込み合う。
ホームに溢れる人々のざわめき、場内アナウンス、電車が入って来る時の警報音、電車の警笛。
狭いホームは騒然とする。
この駅は、三つの駅を折り返し運転をする単線区間の中間に位置する。
そのため、このホームには上り下りが同時に来る。
だから、朝の通勤ラッシュの時間帯であっても、同時に電車が出発するとホームには先ほどまでの混雑は嘘のように誰も居なくなる。
住宅街を抜けるために併走道路もなく、電車が去った後、誰も居ないホームは一時静かになる。
ちょっと間をおいて、雀の賑やかな鳴き声だけが響きはじめる。
どこか田舎の3時間に一本くらいしか電車が来ないような駅のホームのような、そんな雰囲気になる。
次の電車は10分後。
またホームに人が訪れだす僅か2~3分の間だけだけど、人に溢れるホームとのギャップが心地よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

東電は一時国有化した方が良いのではないか?

東電の役員報酬を半減しますとか偉そうに言っている割に、それでも2,000万円を超えていると聞いてちょっと意地が悪い感覚になっています。これまで安全性を強調するために安全対策を怠って来た役員たちの責任は重く、報酬カットくらいで電気料金値上げなんぞしたら、間違いなく叩かれるでしょうね。

どのみち財政出動で税金が投入されるのであれば、東電を民営として残しておく道理も無い。一時的に国営化してしまったほうが良い。理由は、いくつかあるのですが、

東電株を大量に持っているであろう政財界の人達の責任を問うため。
株主として安全対策を問うて来なかった責任は当然あります。事故保障に税金を投入することは、これまで東電の株式を持つことで利益を上げてきた人達をも守ることに他ならないですよね。
沢山の東電株を持つ政財界の人達にとって、東電を民営で残すことは、彼らの利益を守ることになるのです。消費税を値上げしたところで、彼らの財布は傷まないでしょうね?どうせ彼らには微々たる物です。世は正に復興税容認ムード、政治的にも痛まない。そんな馬鹿な話が通ってたまるか?
安全は唯では買えない。いや、むしろ安全対策は、収益を悪化させるくらい金がかかる。役員の成果は、通常、収益の良し悪しで決まる。収益が悪ければ、役員の能力を問われる、それが平常時の理屈でしょう?
事故が起こると安全対策についてとやかく言われますが、金のかかる完全対策を、安全神話をでっち上げて誤魔化し、収益を上げることが、これまでの東電役員の腕の見せ所だったのだろうかと思います。その手腕が、東電の株主達に買われてきたのでしょう?そして、その株主達の一部は、政財界の人達ですよね。民主党には沢山居ないかも知れませんが、自民党の中には、国営化してしてしまいそうな民主党をさっさと降ろしてしまわないと、持ち株が全部、紙切れになってしまう議員が沢山居ると思いますよ。

何かあった時のために高い給料を貰っている役員に全員辞めて貰うため。
安全対策の不備のために悪化した事態の収拾の財源をリストラで賄うなら、報酬の高い順に役員からリストラした方が効率が高い。それに、そもそも彼らの存在が事態を悪化させた要因の一部なのだから。

現在、罵声を浴びながらも頑張っていると思われる一般職員をリストラから守るため。
多分リストラの対象になるのは彼らで、実質彼らが東電を支えている筈ですよね。トカゲの尻尾きりのように、責任の無い実働部隊が切られるのは、世の常です。でも、何時までそんなことを続けるのでしょうか?民営と言えど半分国営みたいな企業ですし、税金を投入するなら、国民が口を出す権利も発生します。黙っている必要はもう無いですよね?

それから一番大事な現在原発を止めるために、被爆と闘っている人達の保障をきちっと行うため。
東電を民営のまま残してしまうと、きっと彼らは保障を受けられないでしょう。福島原発が廃炉になれば、お金の掛かる職員を雇い続ける筈も無いでしょう。確実に彼らは退職させられます。そして、具体的な障害の事実が無い、とか言われて保障をカットされます。特に放射線作業従事者の線量限度(災害時の250mSvではなく、通常の5年で100mSv)を超えた人達は、障害者認定でもして国が守ってあげない限り、次に事故が起こった時に危険な作業に当たってくれる人が居なくなります。それは、放射線物質の大量拡散を意味するでしょう。

こうやって理由を並べてみると、単に意地が悪くなっているだけにも思えないほど、まともな意見に思えて来ますね。(笑)
さて、民主党政治は、ここにメスを入れられるでしょうかね?
この書き方は、どうせ出来ないだろうな?と思っているように見えそうですが、実際、こう言うところにメスを入れられないのであれば、そもそも民衆の代表であることを謳っている民主党自体の存続理由が怪しいであろう?と僕自身は考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »