« 一本乗り損ねるとそこは別世界 | トップページ | たまには車を降りてみない? »

2011年5月13日 (金)

銀行への東電債権放棄は、踏み込みすぎじゃない?

枝野さんが、銀行への東電債権放棄に言及していたけれども、株主は好きな会社に投資して利益を出すと同時に会社の方針に口を出せるけど、銀行=預貯金者は国民では、銀行自体はお金を貸している会社に口は出せるけど、銀行にお金を預けている預貯金者は、銀行が貸している会社に口は出せないですよね?

広義においては、変な会社にお金を貸しているような銀行にお金を預けなければ良いとも言えるけど、実際に預貯金者が銀行のお金の貸出先を把握しているなんて、余程の大口貯金者ぐらいのものでしょ?
結果として銀行が債務超過になった場合には、またぞろ税金がつぎ込まれて負担は国民に行きます。
そこまで行かなくとも、大半の預貯金者は知らないところで利率の低下とかの不利益を受けますよね?

東電の国有化が先にあって、補償額が大きくなりすぎるから銀行に債権放棄をしなさいと言うのなら、順番としても、まあしょうがないかな?と思えるけど、ちゃんと責任のある株主は守るけど、殆ど責任の無い預貯金者には不利益を齎す。
それって、おかしくない?

僕には、官房長官がいきなり銀行の債権放棄を言い出すのは如何なものかな?と思えます。

|

« 一本乗り損ねるとそこは別世界 | トップページ | たまには車を降りてみない? »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀行への東電債権放棄は、踏み込みすぎじゃない?:

« 一本乗り損ねるとそこは別世界 | トップページ | たまには車を降りてみない? »