« 戦友の死 | トップページ | 工場が海外に出てゆく話ばかり載ってる »

2011年7月29日 (金)

港の見える丘を読んで

港の見える丘を読んで
http://www.kokurikozaka.jp/message.html

困ったな、何だか妙に共感してしまった。
宮崎監督と僕は同世代じゃない。高校生を違う時代に生きたのだから、”同じじゃあどうよ?”と思う。

自分の母校の前身は、旧制中学で自分が在籍していた時で既に50年、太平洋戦争の艦砲射撃で消火活動もされないまま三日間燃え続けた鉄筋コンクリートの建物を修繕して白く塗りなおしたものだから”白亜の塔”なんて呼ばれていて、文化祭の名前も”白亜祭”なんて名前だった。校舎は昭和初期の瀟洒な造りの建物で、特に講堂の半長円形のステンドグラスのような窓や図書館の3面が天井まである窓なんて、凄いお気に入りだった。午後、美術室と図書館のどちらかに行けば、簡単に僕は見つかる、そのくらい入り浸っていた。思えば高校生の時、建築家になりたいと思ったのもこの建物に出会ったからかも知れない。

文化部の部室は、映画のカルチェラタンと言われるような建物とは程遠い、木造の長屋のような建物だったけど、美術部と演劇部だけは校舎の中にあって、デッサンしながら見上げる美術室の窓の外の夕日は、残したい学生時代の一コマだったかも知れない。

残念ながら反対運動虚しく、安全上の理由で取り壊されてしまって、玄関のステンドグラスだけが”らしさ”を僅かに残す程度になってしまった真新しい校舎には、もう寄り付く気にもなれない。もっとも、僕達が在籍していた時ですら、授業中鼻をほじりながら天井を見ていた生徒が、天井に亀裂が広がってゆくのを見つけて、慌てて全員脱出して間一髪セーフなんて”天井崩落事件”や、西側の外壁に寄りかかってキスをしていたカップルの1mくらいのところに畳一枚分くらいの外壁が落ちてきた”そんなに激しかったの?事件”なんてのがあって、確かに危ない校舎だった。そもそも三日三晩燃えてたような建物が安全な筈も無いし、取り壊しも当然っちゃ当然だった。

懐かしさは、その場面が詰まった場所とセットで感じられるものなのか?校舎が無くなったら全然母校と言う気もしなくなった。思い出の詰まっていた筈の高校も、”どんな高校だった?”と聞かれて、”唯の馬鹿養成所!”とか答えている。

映画の中で描かれているであろう高校生達の学生運動のお陰で私服通学だった我々は、”熱意の足りない自由人”的な言われ方をしていたけれども、宮崎監督が描くような不器用さも直向さも、まるで足りないながらも、少しは持っていた。だから、拡大解釈してちょっとだけ共感できる。

と言うことにしておこうか?

この映画、CMで散々流れていても見に行く気にならなかったけれども、見に行ってみようかな♪

|

« 戦友の死 | トップページ | 工場が海外に出てゆく話ばかり載ってる »

独り言」カテゴリの記事

コメント

美術部と図書室に入り浸る少年がバイクに乗るくだりは映画になりそう。
思い出は場所とセットですよぉ。私の実家は私が25の時に新築移転したので、実家じゃなくて「親が住んでる建物」でしかないです。てことは、隣に義兄が住むこの家を手放したら息子たちが寂しい思いをするんですね。やだわ。

投稿: 如月 | 2011年7月31日 (日) 05時18分

如月さんへ

映画になるかどうかは解りませんけど、図書館で調べ物をする自分と絵を書く自分、クラッシックギターを弾く自分とバイクに乗る自分、他にもありますけど、同一の肉体にあって違うモードに切り替わっているようなのです。自分でもまだ評価出来てないんですよね。^^

実家を離れてからの実家の転居は、もう既に実家じゃないですよね?そこには自分の思い出は全然無いんですものね?

実家は、僕が中学生のときに新築したので、古い家との両方の思いでがありますが、暫く残っていた古い家が取り壊された跡地を見た時には、なんか”空っぽになった”気分がしました。

如月さんにとって嫌な思い出が詰まった家も子供達の大事な思い出が詰まった家なんでしょうね。困りましたね♪

そう言うのって、自分の所有で残っていればOKなんですよ。仮に住んでいなくてもね。

投稿: フロの飼い主 | 2011年7月31日 (日) 12時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 港の見える丘を読んで:

« 戦友の死 | トップページ | 工場が海外に出てゆく話ばかり載ってる »