« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

無断転載は原則禁止ですよ^^

当たり前の事だと思っていたので何も書いていませんでしたが、このブログに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。

まあ、無断で引用しても良いですけど、必ず引用元を明記してください。それなら無断で構いません。希望としては、ご自身の論じるところに引用として使って下さい。何の意見も無しに全文転載とかは、駄目です。

僕自身も良く新聞の記事を引用していますが、必ずリンク張ったり、参照文献を記載して、誰が書いたものかを明確にしています。

指摘されて気が付いたのですが、アメーバブログで、 「Stand Alone Complexの意味は?」、{Stand Alone Complexの再考」、「Stand Alone Complexの意味を深読みする」の記事の内容をそっくりコピーして自分が書いた記事として載せている人が居ましたが、ルール違反ですよ。

何処の誰の文章の転載なのかを明記して下さいね。

ブログなんですから、自分で書くべきだとは思います。

以上、宜しくどうぞ~♪

追記:

特許や著作権が法的に認められている=情報は資産(お金を生むもの)として社会制度化されてしまっている時点で、知的財産権を放棄しない限り個人の思想とは別にこれらは付いて回ります。制度化された社会に生きる以上、守らなければならないことは受け入れざるを得ませんよね。

僕が無断転載を禁じている理由は、”ブログなんだから自分で書けよ!”と思うからです。自分の意見と共に転載(誰の意見なのかは明示すべきです。)するならOKです。その人自身の声が聞こえない転載には、”駄目だよ”と言い続けようと思っています。

因みにOpen Source(コンピュータ関連の事だけではなく)は、情報の根源を明確にする、例えばデータを明示する(他者の追試が可能な収集方法を書くべきです。)、論文なら参照論文、引用論文を記載する、を指していますが、僕自身はこれに賛成しています。

まあ、情報が経済を回すようになってしまって、特にコンピュータアーキテクチャに関するOpen Sourceは現実的には難しいものになりつつあるのですがね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

実体経済とは無縁な格付け会社が何で政治に口を出しているの?

格付け会社の発生は、まあ確かに必要性から生じたものだったけれども、高が格付け会社の格付けに世界中が振り回されてどうするのだろうか?
アメリカの政治決着が済む前から格下げを匂わしてみたり、「財政再建の内容次第では更に格下げするぞ」と脅してみたり、日本にも「円売り介入は日本の格付けにマイナス」とコメントしたりと、君達は何時から世界政府の政治家にでもなったんだ?
最初は、格付け理由付きの格付けを静かに売る会社だった筈だけど、何時から各国政府がやることに口を挟むめるようになったんだ?

それにしても世界中で騒ぎすぎだろう?大手格付け会社3社の中の1社が格下げを匂わしただけで先週世界中の金融資産は630兆円も目減りしたのだ。昨日のニューヨークダウの600ドル以上の暴落や世界連鎖株安のような状況は、実体経済の動きとはかけ離れた動き方だよね。昨日の夜今日の昼で更に数百兆円の資産価値が目減りしただろうか?

今回、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは最上位の「Aaa」で維持、フィッチ・レーティングスも最上位の「トリプルA」に据え置きと、これまで「本当に独自判断で格付けをして来たの?」と思えるほど3社揃い踏みだった格付けが割れた事の方が僕には楽しいですね。大手が揃う事で影響力を持ってきたのなら、揃わない事で格付けは逆にその信憑性を問われることになろう?そうすれば、過大な影響力も排除されようか?
今回のS&Pは、ちょっと政治介入に踏み込みすぎて、本当に必要な危惧を正当なレベルに判断できたのであろうか?将来的な危険性はあろうが、現在その危険性はかなり低そうだな?と思える中、これだけの混乱を引き起こしたのだから、責任は大きいよね?逆に言うと高々一つの会社の格付けをここまでの混乱に仕立ててしまう金融世界に問題があるとも言えるけれども。

何れにせよ、格付けとは無縁に実体経済が復調方向にあるのであれば、一過性の大騒ぎで終わるだろう?

そう言えば、格付け会社の連中は、金融商品の購入が出来ないんだよね?もし、出来るのだったら完全な株価、為替操作で違法だからさ。


ムーディーズ「円売り介入、日本の格付けにマイナス」 2011/8/9 1:11
 米格付け会社ムーディーズは8日、日本が行った為替介入には効果がなく「信用格付けの上でもマイナス」とするコメントを公表した。「日本政府にどれほどの資金があっても、円安に持っていくには不十分」だと指摘した。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E2EAE2E1868DE2EAE2EAE0E2E3E39797E0E2E2E2

S&P幹部「米国債さらなる格下げも」 2011/8/8 9:39
 【ニューヨーク=共同】米国債の格下げに踏み切った米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は7日、米国の財政状態が一段と悪化するなどすれば、さらなる引き下げの可能性があるとの認識を示した。ロイター通信が報じた。
S&Pの幹部が米国のテレビ番組で、今後半年から2年間の間に「財政状態が悪化したり、政治の行き詰まりが固定化したりした場合、格下げの可能性は3分の1以上ある」と述べた。
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE2EAE2E2988DE2EAE2EAE0E2E3E39790E0E2E2E2;at=DGXZZO0195570008122009000000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

Yahooが5分更新の放射線情報を始めましたね

Yahooサイトの放射線情報http://radiation.yahoo.co.jp/と言うページを立ち上げましたね。素晴らしい!

慶応大学の地球環境スキャニングプロジェクトhttp://scanningtheearth.org/の情報をほぼリアルタイムで載せているようです。
このプロジェクトは、放射線量だけでなく地球環境情報を提供する方法を研究するもののようですね。
実際に高価な計測器をばら撒くように設置できるわけでもないですし、特に粒子状の放射性物質は、SPEEDIのマップを見ても解るように地形や天候に左右されます。だから、配置と補正、それからデータのネットワーク化などやることは山ほどあるのでしょうね?
この研究の普遍的価値って、相当高そうじゃないですか?だから、素晴らしい取り組みだと思います。

そう言えば、トレーサビリティの得られていない線量計で測定したデータを公表してしまって良いのか?なんて問題もあるでしょうね?だから、一つの大学レベルでは、山ほど線量計も置けない。トレーサビリティの得られている線量計って高いんですよ。(トレーサビリティって言うのは、国家標準器から計測値が正しいことをトレースできている線量計と言う意味で、表示する計測値が正しいよ、って意味です。それに毎年校正に出さなくちゃならない。校正費用は、馬鹿にならないお値段ですよ。500~1000(キロ円)レベルです。)

地球環境スキャニングプロジェクトと言うのは、SafeCastと言う団体http://safecast.org/と共同で、計測器を積んだ車で各地を走りながら空間線量率を測定した情報を各地のマップ上にプロットしてくれてますね。About usを触りしか読んでないので詳しいコメントを控えますが、これも素晴らしい取り組みだろうと思います。

本来、こう言うのって政府系の団体がやるべきような行為だと思うんだけど、政府系の連中がやるには”行為基準としての法律”が必要だし、どうしても後手に回りますよね。原子力行政を50年でしたか?こんなに長くやっているのに、事故が起こったときの法律が決まっていない、と言うことには、突っ込んでも良いかも知れません。

何処の国でも政府のやることは遅いですが、民間レベルでの行為を制限を理解したうえで公表する、そして援助する、その方が我々はスピーディに情報やサービスを受けられるのでしょうね?

まあ、なあ・・・何をやるにも一々政府責任を裁判で訴えられていたら、何をしても何処かからは訴えられる訳で、それじゃ誰も決められないよね。今の野党なんか、政府に決めろ!と言って大枠を決めると、細部が詰めてないと言う。そんなに簡単に細部が詰まるかよ!と思う。細かいところにまで問題が生じないかどうかを検討していったら、そりゃ何年も掛かるだろう?でも、それじゃ間に合わない。

行為基準となるようなポリシーだけ決めて、後は現場対応、やった事は検証されるけど、余程酷いことでなければ責任を問わない、”まあ、あの状況じゃしょうがないよね?”って言ってもらえなきゃ誰も何も出来ない。

今回のYahooの取り組みは、素晴らしいけど、”このデータを見て行動したら大丈夫じゃなかった。どう責任を取るんだ!”みたいな馬鹿なことを言う人を世論が排除しないと続かないですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

工場が海外に出てゆく話ばかり載ってる

以下のタイトルの記事は、全てNikkei.netの記事です。リンクを埋めるのはクリックしないと行き先が解り辛いので嫌いなのですが、リンクが長すぎるので・・・^^

ホンダ、ベトナムで二輪車増産 96億円で新工場
ホンダ、メキシコに新工場 「フィット」北米供給 円高に対応
パイオニア、ブラジル合弁 デジカメなど精密機器部品
フッ素樹脂、米生産増強 ダイキン、50億円投資
LED照明器具の生産能力、中国で倍増 遠藤照明
自動車部品中堅各社、中国で増産投資 取引拡大めざす

ヤマザキマザック、中国・大連に新工場 小型旋盤を生産
三井化学、ウレタン原料を韓国で増産

富士フイルムが後発薬、印2位と合弁 14年に国内投入
トヨタ、インドの生産能力31万台に倍増 300億円超投資
日産の中国合弁企業、今後5年で6100億円投資 230万台販売へ

日産、中国生産を倍増 15年末メド200万台に
東レ東燃機能膜、リチウムイオン電池部材増産 韓国で

パナソニック常務、円高「日本で生産するのは難しい」
東芝専務、急激な円高「生産改善が追いつかない」

三洋の白物家電、ハイアールへ譲渡 パナソニック発表

円高の影響で、輸出が成り立たない、逆に海外展開には円高が有利、エネルギー問題の影響で電気量コストの増大、不安定化、等など、内需が乏しくて日本では売れず、海外で売っている国際化しつつある企業が、この状況で日本に工場を持つ理由は、唯の日本企業と言うノスタルジーくらいのものですよね。
この状況が齎すものは、労働人口の減少と貧富の拡大でしょうか?更に進むと富裕層の海内脱出になるかと思います。国内の働けない人たちの福利厚生の為に高い税金を払い続ける必要を感じる高所得者層は、居ないと思いますよ。
日本の企業税率は世界トップクラスです。本社は企業税率の低いマレーシア辺りに移転、人材は広く世界から集め、企業の高所得者層は全て海外移住では、税収悪化、福利厚生費用の増大と続いて、お金のある人はみんな海外脱出、日本国内には低所得者層と働けない人達だけが住む国になるでしょうか?知的財産も企業とともに海外脱出、日本企業は潤っても、日本国は潤わない。現在、1400兆円程ある民間貯蓄も、多分みんな出て行ってしまうでしょうね?
一部の日本人は裕福なままですが、日本国は貧しい国になっていってしまうでしょうね。
さて、どうしましょうか?
”海外から企業や人を呼んでくるような政策”を唱える人が居ます。
良いアイデアですよね。1社から20%の税金ではなく、4社から5%の税金を集めれば同じですので、企業税率は下げると言うのは当然の策でしょう。
日本は結構閉鎖的と言われていますが、海外から来た人達が普通に定住できるような環境を作ってあげないと来てはくれないでしょうね。海外から来るとアパート一つ借りるのも会社が保証人にならないと借りられないとか、アパートの住人から嫌がらせを受けるとか、色々聞きます。それに、原発の汚染問題は、この問題を複雑にしてしまいましたよね。
エネルギーの安値、安定供給は企業活動には欠かせません。原発をさっさと捨てるらしい日本は、世界的な使用量増加で値上がりしている石油価格に中でどうやって実現しましょうか?これまで原発に使った税金を不安だけで回収せずに、また違うエネルギー対策に税金を使う。赤字国債なんて打ち出の小槌を出せばOKですか?それとも増税しますか?折角作った原発を安全側に振って使い続ければ、そんな無駄なことをせずに済みますよね。どうせ日本やドイツが原発を減らしても、安全に運用できるかどうかも怪しい原発が、世界中で山ほど作られます。原発技術で世界トップクラスの座を得るために使った税金もさっさと捨てて、回収可能エネルギーに振ったとして、他の国が撒き散らしてしまう核汚染物質に対してはどう対処するのでしょうか?
安全性を高め、他国の原発の安全性にも寄与させる。”日本製の原発を買えば、安く安全な原発を手に入れることが出来る”と言う認識をこれから原発を作ろうと言う国が持ってくれれば、日本の原発の安全性向上の資金を得ながら、他国の原発の安全性にも寄与できるだろう?と僕は思います。
どの道、既にある原発を廃炉にするにしても、お金(多分税金)も時間も技術も必要です。衰退してゆく産業に廃炉を任せていては、未熟な技術でずさんな作業をされそうで、僕にとってはそちらの方が余程怖い。ちょっと、話が脱線しました。
我々中年と呼ばれるような世代は、次の世代に何を残してあげられるのかを考える義務があると思います。
我々が残してあげるのは、産業の空洞化と赤字国債、廃炉を待つ原発と大量の働けない人達でしょうか?
”知識と技術を身に着けて、日本を出て行きたい”って、僕自身が思ってしまうような日本では、子供達に申し訳ないですよね。
ああ、因みに僕は電力会社の回し者ではありませんよ、税金の無駄遣いを止めて欲しいだけです♪
それに子供達には、自分の好きなように生きろ!日本に拘るな!と言っています。
僕自身が一番諦めているのかも知れません。
もっとも、僕自身は、福利厚生が当にならなくても、日本で生きてゆこうとは思ってますが・・・
どうせそんなに長く生きられないだろうし、まあ、何とか暮らしてゆけるだろう?
具体的に出来ることはあまり多くはありませんが、僕は、国を豊かにして、子供達に未来を感じさせてくれるような日本を目指す政治家に投票し続ける積りです。
少なくても、今、永田町で政争を繰り返しているような政治家達には投票しません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »