« もう目が覚めないかもな | トップページ | この人の映画論評を読んでみては如何だろうか? »

2011年9月21日 (水)

”原発特集”というボタンがトップページに残っているのは読売新聞だけになっちゃいましたね。

YOMIURI ONLINEに
「原発収束、順調さ強調…放射性物質が大幅減」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110919-OYT1T00595.htm
という記事が載っていて、「冷温停止に向かって順調である、8月上旬の原発からの放射性物質の放出量は、3月の事故直後の1000万分の1以下に減少。敷地境界の被曝(ひばく)推定量は年間0・4ミリ・シーベルトと、工程表の目標値を達成した。」との事が書かれていました。
原発の冷温停止が順調との報告があっても、まだまだ冷温停止すら出来ていないのに、廃炉に向けた作業や避難住民の帰郷に向けた除染作業なんか手付かずなのに、新聞の有名どころ4社の中で、”原発特集”が残っているのは、読売だけです。
NIKKEI.NETのアクセスランキングにも原発自体の記事が上がってこなくなって久しいですが、日本人はこんな事にも飽きっぽいのですかね?
まあ、それはともかく、敷地境界の空間線量が0・4ミリ・シーベルトまで下がった事は嬉しいニュースでした。

|

« もう目が覚めないかもな | トップページ | この人の映画論評を読んでみては如何だろうか? »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”原発特集”というボタンがトップページに残っているのは読売新聞だけになっちゃいましたね。:

« もう目が覚めないかもな | トップページ | この人の映画論評を読んでみては如何だろうか? »