« おばあちゃんの姿が見えない | トップページ | こんなことをして良いの? »

2011年10月23日 (日)

また1人有望なライダーが亡くなってしまった。

M.シモンセリ、アクシデントにより死去
http://www.motogp.com/ja/news/2011/malaysia+sepang+motogp+simoncelli+succumbs+to+injuries

転倒後の後続との接触と言うより激突だったそうだけど、どうしても何かにぶつかると死亡事故になってしまう。
ちょっと荒いけど速い、ワークスマシンを貰って今年は気合が入っていたんだよね?
ストーナーも、ペドロサも、ロレンソも、速くなるステップを登るライダーは、みんな転びまくって怪我しまくってましたよね。
幸運にも生き残った人だけワールドチャンピョンになれる、

自分の皮つなぎもそうなんだけど、スライデイングしてゆくには十分体を守ってはくれるけど、ぶつかると役に立たない。
あれだけマシンにお金をかけているのだから、ぶつかってもライダーの体を守るようなチタンの外装とクラッシュパッドの内装、強力に首を守るようなスーツを作れないですかね?

これ以上、ライダーを死なせないようにしてもらいたいものです。

|

« おばあちゃんの姿が見えない | トップページ | こんなことをして良いの? »

モーターバイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また1人有望なライダーが亡くなってしまった。:

« おばあちゃんの姿が見えない | トップページ | こんなことをして良いの? »