« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月28日 (金)

今時の若者は、どんな人生設計を描いているだろうか?

一流大学を卒業して、一流企業に勤めて、35年ローンでマイホームを得て、年金暮らしをしながら趣味の山登りでもして老後を満喫する、とかでしょうか?
それって動機として、十分でしょうか?

欧米の企業のトップの途方もない報酬は、成功努力への大きな動機になるでしょうが、一方で世界中で広がっている反ウォール街デモを起こすような格差社会の温床になります。
そういう意味で、富の分配の成功と動機の低さ、格差の大きさと動機の高さは、諸刃のように思います。

最初に書いた如何にも日本的な人生設計は、一見成功した人生のようではありますが、あまり成功とは言えないような三流大学を卒業して、三流会社に勤めて、35年ローンでマイホームを得て、年金暮らしをしながら、趣味の蕎麦打ちでもしながら老後を楽しむ、とかと、それぞれグレードの差はあっても、あんまり大差無い人生ですよね?

成功したからと言って大豪邸に住んで、一生掛かっても自分だけでは使い切れないくらいの資産を持つような事にはならない。まあ、そんな世の中の仕組みだから、若者は成功してもあまり高いところに行けないし、逆に失敗しても住むところがあって生活が成り立つくらいのお金は回ってくる。

政治家が街頭演説で「豊かな老後を、若者にはやりがいのある仕事を得られる社会を作ります!」とか言ってるのを聞きますが、”それってどうやって?具体的なアイデアは?キャッチコピーだけで良いなら僕だって言えるぜ!”って思います。具体的なアイデアを出さなくて良いなら、何でも言えちゃう。

人間の生み出すニーズに対して、対価として支払われる金額は、どうも人口当たりで総量が決まっていて、これまで先進国の少ない人口が甘い汁を吸っていたけれども、世界中で生活レベルが飽和する頃には、一人当たりの得られる対価は相当低いところで一定になってしまうのではないかと想像されます。

富を上手く分配しようとすれば、人間一人当たりの所得は低いところに落ち着き、まあ大体みんながそれなりに暮らしていける。一方、動機付けのために大きな報酬を与えれば格差社会になり、生きていけない人たちが生まれる。

グローバル化に伴って、国家間の富の分配が平均化されてきて、これまで甘い汁を吸っていた先進国にも格差によって生活の成り立たない人たちを沢山作るほど富の全量を低下させてきた、ってところなんでしょう?

言い換えれば、これまで発展途上国といわれるような国に流れて、先進国への流れは減ってきている。先進国がこれまでと同じような格差を維持するとベースラインだけ下がって生活できないような低所得者が生まれる。

日本は未だに富の分配が社会主義国家並だけど、”欧米か?”の先にあるのは、生活できない若者の増加になるだろうか?

もう日本だけが豊かになることはない時代になってきた訳だけれども、この先どんな社会を若者達は望むだろうか?

ちょっとだけ見えてきた格差は、バブル後の成果主義の成れの果てなんだろうけど、これを続けて欧米のような社会にしてゆくんだろうか?

暮らしぶりが悪くなければ、贅沢できなくても良し、格差が無ければ治安も良くなるだろうし、総じて周りみんなが幸福感を味わえるんじゃなかろうか?なんて、40年前に言ったら”赤の手先か?”なんて言われてしまうような事を考えたりもするのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

こんなことをして良いの?

国家公務員法を見ると
******************************************************************************************
(人事院)
第3条 内閣の所轄の下に人事院を置く。人事院は、この法律に定める基準に従つて、内閣に報告しなければならない。
2 人事院は、法律の定めるところに従い、給与その他の勤務条件の改善及び人事行政の改善に関する勧告、採用試験及び任免(標準職務遂行能力及び採用昇任等基本方針に関する事項を除く。)、給与、研修、分限、懲戒、苦情の処理、職務に係る倫理の保持その他職員に関する人事行政の公正の確保及び職員の利益の保護等に関する事務をつかさどる。
******************************************************************************************

公務員のスト権が認められないのは、給与、就業問題に関するものは”人事院勧告に従う”と言う約束事に基づくものでしょう?
人事院勧告を無視する⇒スト権を認める、って事にならない?
政府がこんな勝手なことをするのであれば、ギリシャのような物とはちょっと違うけど、公務員もストしちゃえば?

*************************************************************************************************
人事院勧告の実施見送り、政府が確認
給与特例法案の成立めざす
2011/10/25 10:02
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E7E2E2E78DE0E7E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2
 政府は25日午前、給与関係閣僚会議を開き、国家公務員の給与を平均0.23%下げるよう求めた人事院勧告(人勧)の実施を見送る方針を確認した。すでに国会に提出した公務員給与を平均で約7.8%引き下げる特例法案の成立を目指す。週内にも正式決定する。

 会議では給与特例法案が人勧の内容を含むとの認識から、人勧に基づく給与法改正案の国会提出を見送る方針を確認した。政府は週内にも同会議を再び開き、人勧実施見送りを閣議決定する。

 6月に国会提出した給与特例法案が成立すれば年間2900億円を捻出し、東日本大震災の復興財源に充てることができる。政府は例年尊重してきた人勧の実施を見送っても、国民の理解が得られると判断した。

 同日の会議には藤村修官房長官、川端達夫総務相らが出席した。

**************************************************************************************************

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

また1人有望なライダーが亡くなってしまった。

M.シモンセリ、アクシデントにより死去
http://www.motogp.com/ja/news/2011/malaysia+sepang+motogp+simoncelli+succumbs+to+injuries

転倒後の後続との接触と言うより激突だったそうだけど、どうしても何かにぶつかると死亡事故になってしまう。
ちょっと荒いけど速い、ワークスマシンを貰って今年は気合が入っていたんだよね?
ストーナーも、ペドロサも、ロレンソも、速くなるステップを登るライダーは、みんな転びまくって怪我しまくってましたよね。
幸運にも生き残った人だけワールドチャンピョンになれる、

自分の皮つなぎもそうなんだけど、スライデイングしてゆくには十分体を守ってはくれるけど、ぶつかると役に立たない。
あれだけマシンにお金をかけているのだから、ぶつかってもライダーの体を守るようなチタンの外装とクラッシュパッドの内装、強力に首を守るようなスーツを作れないですかね?

これ以上、ライダーを死なせないようにしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

おばあちゃんの姿が見えない

自宅から駅までの駅よりの300mは、路上喫煙禁止と市条例で決まっている。路面にもデカデカとペイントされているのだけれども、相変わらずの路上喫煙。しかもポイ捨て。

この道を通勤で使うようになってから、この道を押し車を押しながらおばあちゃんが散歩をしていた。雨でも降らなければ、ほぼ毎日。

この腰の曲がったおばあちゃんは、歩きながら火鉢用の鋏で吸殻を拾いながら歩く。だから、あれほどポイ捨てを目撃しているのに、何時も吸殻は数えるくらいしか無かった。

でも、夏前辺りからだろうか?おばあちゃんを見かけなくなった。

予想通り、道は吸殻だらけ。道に累々と落ちている吸殻は、ポイ捨て犯を勇気付けるだろうか?

そんなことより、おばあちゃんはどうしてるだろうか?

そっちの方が余程心配。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

motoGPに日本人が居なくなってしまう

motoGP.comを開いたら、青山のシーズン終了後に離脱の記事が載ってました。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニ、青山博一の離脱を発表
http://www.motogp.com/ja/news/2011/aoyama+leaves+gresini+team

ペドロサの代わりにワークスモデルを乗った時に結果が出ていれば、多分来年も乗っていただろうか?岡田が、”ワークスマシンに乗ってもタイムが上がらないのは、レベルを超えられていないから駄目だよね”的な発言をしていて、もう来年は無いかもな?と思っていたけど、岡田も随分厳しいことを言うよね?

タイヤの使い方の上手さで3年落ちのマシンで250ccのチャンプになった訳だけど、motoGPのワンメイクタイヤがもっと1レースギリギリ持つか持たないか位のタイヤだったら、青山もチャンスがあったろうか?

motoGPは、ワークスとサテライトの差が大きくなりすぎてしまっていて、見ていて詰まらないよね。多分レギュレーションを変えるタイミングなんだろうか?

moto2やmoto3のレースの方が余程見ていて面白いので、TVもmoto2やmoto3のレースをもっと放送したほうが良いと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

日本製品を買おう!

ナショナリズムとか、そういう話でも、溢れる中国製品を排除しようとか、そんな話でもなく、減価償却から見た価値判断をしませんか?と言う話です。(時節柄、日本の景気対策に貢献しませんか?なんてのもあるのですが・・・)

一例を挙げます。
7年前から9年前に掛けて自宅用にPCモニターを3台買いました。
1台は、サムソンダイレクトから、当時出たばかりの17インチSXGA液晶モニターで約80,000円、
1台は、三菱電機のDiamondcrystaの15インチXGAで約40,000万円、
1台は、EIZOの18インチUXGAで約120,000円でした。
サムソンのモニターのスペックは素晴らしく輝度、コントラストとも同じレベルの製品群の中でずば抜けていました。でも、2年半で電源が入らなくなりました。この時は、無償修理になり電源が交換されていました。その後5年を前にして、もう一度電源が壊れました。この時は、修理可能期間内だったのに、もう電源部品が無いので修理不能と言われてしまいました。

対して、三菱電機のモニターのスペックは、全然大した事はありませんが、値段は安い方だと思います。その後21インチワイド、24インチワイドも買いましたが、一度も故障はありませんし、ドット抜けも出ていません。先日、スケールを表示して輝度計で測定して見ましたが、輝度も調整範囲(まだ余裕があります。)コントラストも大きくは変化していませんでした。

EIZOのモニターは、スペックは素晴らしいけど値段が高い。仕事で使う画像処理を行うために仕方なく買いましたが、EIZOのモニターを一度使ってしまうと、他のモニターにはどうしても不満が出るくらい鮮明な表示が得られます。輝度を上げて行っても滲んだりもしません。要するに使用満足度が高い製品でした。値段は、ほんと高いですけど・・・

別に韓国製品が悪いと言っている訳ではなく、日本製品の故障率が低いと言う事を言っているだけです。それに僕の買った製品が偶々かも知れません。サンプル数が少なすぎるので評価を下しては拙いのですが、僕はこれ一回で懲りましたし、この件以来、外国製のモニターを買っていないので正直解りません。リースで大量に導入、故障はすぐ交換、と言った契約で導入するなら問題ないのかも知れません。

特に一度買うと大体壊れるまで買い換えないような、自宅使用の耐久消費財に限るかと思いますが、一見高そうな日本製製品も対価/使用時間を考えると、実は相当安い結果が出ます。シャープのアクオスを家で買った時には10年使用を謳ってました。当時160,000円のアクオスですが、4時間/日×365日×6年で計算すると、現状で1時間当たり18円の使用料です。本当に10年故障しないで使用できれば、11円です。

PCモニタは付けっぱなし度は高いですが、テレビと同じように1日4時間の使用と考えて計算すると、先ほどのサムソンは、修理に出していた2ヶ月は使えませんでしたが、それは無視して5年で1時間当たり11円ですが、EIZOでは、7年使用で11.7円です。このまま後3年持てば8.3円まで下がります。三菱電機の21インチワイドは40.000円を切っていましたが、4年使用で既に7円足らずです。コントラストスケールも3ヶ月目でちょっと下がりましたが、調整してその後は安定しています。まだまだ調整範囲には余裕があります。

こういう風にちょっと計算してみると、使用時間の多い耐久消費財は、実はちょっと高くても壊れなくて、使用満足度が高い製品を買うのが一番お得に思えます。そして日本製製品が壊れないのは、世界中の共通認識だと思います。

米欧で中国製品排除の声が上がり始め、30年前位でしょうか?貿易摩擦が取りざたされていたときの日本を見ているようですが、円高による日本企業の国内脱出で日本に工場が無くなる懸念が高いときですので、日本製製品を買って、内需拡大を図り、将来の産業空洞化に歯止めを掛けませんかね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

マナーは何処へ行った?

電車の入り口の両サイドに陣取って、動かない避けない、場合によっては入り口に荷物を置いて乗り降りのタイミングになっても降りなければ避けもしない。

”入り口を広く開けてお待ちください”とか”入り口付近に立ち止まらず、車内中ほどまでお進み下さい”なんてアナウンスが空しい。

降りる人にど突かれたら気分悪くないのかな?そうれとも想定内で気にしない?

今は20分くらいだから平気だけど、1時間半の満員電車に耐えられるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

この二つのデモは、飛び火しそうだよね?

特にアメリカでは、投資銀行の破綻⇒公的資金注入があったにも係わらず役員の給料が数億円なんて記事を読むと、”破綻するまで数億円以上の給料を貰っていたやつなんか首にしちゃえよ!”、”ある意味そいつらが破綻させたのだから、背任で訴えろよ!”と思う。公的資金のお陰で破綻を免れたのに、役員の給料が数億円じゃ、安月給で税金払っている人が報われない。これは、アメリカだけでなく日本もヨーロッパでも同じことが言える。
起業を促すためや、業績向上のために、成功報酬は大事な要素であったが、度を過ぎてしまった、と言うところなんだろうか?

もともとお金は低いところから高いところに流れるものではあるけれども、あまりに急流になりすぎて、低いところが常に乾燥状態では低所得者層は生きて行けない。昔なら差し詰め、生かさず殺さず、見たいな手心が加えられていたのだろう?と思うけれども、現在のそれは高度情報化故に低所得者層に見えてしまう。
富の分配をめぐる争いは、常に世界中を巡る。かつて日本が”世界一富の分配が上手く行っている国”とされていたが、同じ構造を維持しようとしたために構造障害を生じ、小泉さんの変な構造破壊のためにアメリカチックになってしまった。そのアメリカがデモです。

富裕層と年寄りが富の殆どを持つ日本では、実際にお金が必要な世代が貧乏です。それでも教育水準が高く保たれているうちは、左程心配要らないのかも知れないけど、貧困層(貧困が世代をまたいでしまう状況)が発生してしまったら、もう手遅れです。

打ち出の小槌のような抜本的な改革は不可能だろうが、子供の教育を親任せにしない、特に問題のある親に子供の親権を制限するなど、子供に十分な教育を行う必要はあるでしょう?将来的には高校以上も奨学金制度の拡充で半義務化のようなところが望ましいが、せめて高校までは義務化が必要と思われます。この際、義務教育費は間違っても親には渡してはいけません。子供手当てのような金額も、給食費や教材費に当てるべきで、直接行政から学校に振り込まれるべきです。

話が完全に脱線しましたが、親が当てにならない場合、社会が子供を育てる施策が必要ですよね。

******************************************************************************
ウォール街デモが全米に拡大 フェイスブックで連携 2011/10/3 10:17 (2011/10/3 12:25更新)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE2E1E2E2838DE2E1E3E2E0E2E3E39790E0E2E2E2
 【ニューヨーク=共同】世界経済の中心地、米ニューヨークのウォール街周辺で始まった経済格差の是正などを訴える抗議デモは2日も続き、ロサンゼルスやボストン、シカゴなど全米各地に拡大した。低迷する経済や高い失業率への若者の不満に火が付いた形。参加者らはネットの交流サイト「フェイスブック」などを使って連携、関連サイトは全米100以上の都市で抗議グループがつくられたと表明しており、さらに抗議活動が広がる可能性もある。

 抗議グループは巨大企業や富裕層への憤りをあらわにしており、オバマ政権は富裕層への増税政策などを進める必要に迫られそうだ。
 ニューヨークでは、参加者700人以上が逮捕される騒ぎとなってから一夜明けた2日も、千人以上の参加者が集まった。学生や失業者、労組関係者が参加者の多くを占めている。

 同市のズコッティ公園は「大企業の強欲を止めろ」などのスローガンを掲げたり、逆さまにした星条旗を振る人、ギターを弾きながら歌う人などでいっぱいになった。

 ロサンゼルスでは2日、中心部の市庁舎付近で数百人が抗議行動に参加。政府の経済政策の恩恵を受けているのは人口のわずか1%だとして「われわれが99%だ」などと書かれた大きなポスターを手に大通りを練り歩いた。市庁舎前の広場ではテントを張り、泊まり込む人たちも見られた。

 米メディアによると、ボストンやシカゴのほか、サンフランシスコ、シアトルやデンバーなどでも金融機関などに対する抗議行動が続いた。

NYで格差是正求めデモ、参加者700人逮捕2011/10/2 15:37
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C81818A9993E2E2E4E58DE2E0E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381959FE2E1E2E2838DE2E1E3E2E0E2E3E39790E0E2E2E2
 【ニューヨーク=共同】米ニューヨーク市警は1日、世界金融の中心地ウォール街周辺で同日行われた格差是正などを求める抗議デモの参加者700人以上を、近くにあるブルックリン橋の車道に許可なく侵入したとして逮捕した。逮捕された大半は治安を乱した容疑などで裁判所への召喚状は出ているが、釈放された。AP通信などが報じた。

 抗議デモは「ウォール街の占拠を」がスローガンで、約2週間前から続いていた。格差是正や貧困撲滅、地球温暖化の防止などを訴える若者らがウォール街付近などで座り込んだり、デモ行進したりして、警官隊との小競り合いも起きている。

 1日の参加者の中には「歩道を進むように」との市警の警告に従った人もいた。

 報道によると、同じような抗議デモは、ボストンやシカゴ、サンフランシスコなどにも広がっているという。

*****************************************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

これって東電の保障の範囲に入らないの?

nikkei.netに「埼玉の狭山茶老舗が破産申請 原発事故で販売減」
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E2E1E2E1938DE2E1E3E2E0E2E3E39191E3E2E2E2
2011/10/3 19:14
 埼玉県の狭山茶販売の老舗、橋本園(埼玉県入間市)がさいたま地裁川越支部に自己破産を申請したことが3日、分かった。負債額は約5億円。申請は9月30日付。福島の原発事故で狭山茶から国の規制値を上回る放射性物質が検出されたことが影響。販売が激減し、資金繰りが悪化した。橋本園の狭山茶の取扱量は同業者の中でトップクラスだったという。

と言う記事が載っていました。

老舗=長くやってきた⇒それなりに企業としての収益性が保たれてきた、ような老舗が原発事故で倒産です。別に橋本園に知り合いが居るわけではありませんが、あまりお茶を飲まない僕ですら知っているところです。実際にお茶を買ったこともあります。近年のお茶ブーム故に通常なら増収していても不思議は無いだろうな?と思います。

今回の原発事故は、東電と政府が起こしたような事故であると言って良いかと思いますが、東電の役員は安泰で一般社員はリストラ、政府関係者はお咎め無しで、東電は必ず政府が保証金を立替するでしょう?でも、こう言った事故が原因で倒産する企業は山のようにあるのに保障は無し。

僕の感覚だと、これはあまりに不公平だと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »