« 書くこと | トップページ | ネチラタ事件 »

2011年11月30日 (水)

日銀は通貨の発行量を増やさないだろうか?

為替相場は、国の資産価値に対する通貨の発行量で決定されると言われる。現在、ドルやユーロに対して円高になっているのは、アメリカやEUの国々の資産価値に対して通貨の発行量が多いと判断されているからと考えられる。

日本は、現在デフレに苦しんでいる、と言われている。実際に売られている商品の値段は下がっているし、平均給料もベースダウンしている。年金もデフレの影響で2.5%出しすぎとか言われている。

輸出企業にとって、乗り越えられる次元ではない、と言われるような円高を是正するのなら、アメリカやEUの資産価値に対する通貨の発行量割合に見合うように、日銀が日本の資産価値に対して通貨の発行量を増やせば良いのだ。結果として、円高是正、デフレ是正が起こるのであれば、その結果に何か問題があるのだろうか?

バブルの恐怖から日銀は二の足を踏んでいるのかも知れないけれども、20兆円くらい発行して復興財源にすれば良いのだ。そうすれば景気減速を強く懸念されるような増税とか言わなくて済む。産業空洞化を助長する円高を防げる。国内にお金が出回ってデフレも回避できるかも知れない。

僕が思うに良い事だらけだと思うのだが、何か問題があるのだろうか?

一説によると、財務省が増税を正当化するために影で動いている、なんて事も言われている。事の真相は判らないけれども、震災後の財務省の行動は、そう言う憶測を呼ぶようなものですよね?

日銀は、行政から独立しているのだから、財務省なんか気にせずやれば?と思うのだけど、どうだろうか?


本題とは異なりますが・・・
日本の資産価値が上昇して円高が始まってからも日銀が通貨発行量を低く抑えて円高を誘導しているように見えた時代がありました。ちょうど日米貿易摩擦が取りざたされていた時代だと記憶しています。これはつまり、日銀主導のアメリカへの利益供与と看做すことも出来きます。実際のところどうだったのかは解らないけれども、アメリカの公文書公開期限が過ぎて公表されれば事実が公にされる日が来るかもしれませんね。仮にそう言う密約があったとして、しかもそれが現在も有効であるならば、現在の日銀の行動もそれに乗っ取った行動である、なんて憶測も可能です。
まあ、正直なところ、さっぱり解らないんですがね。(笑)

それともう一つ、最近中国に抜かれてしまったようですが、日本はアメリカの長期債を沢山持っていて、資金を引き上げる気も無いようですから、これも支援と言えます。違う見方をすれば、アメリカのアジア戦略なのか、日本の平和憲法の顔を維持したままアジア地域での軍事力を維持するためなのかは判りませんが、日本の本来必要な軍備をアメリカ軍に頼って、その分の軍事費をアメリカに出している、と言った側面もあるかもしれません。だから、まあ、簡単には行かないんでしょうね?

|

« 書くこと | トップページ | ネチラタ事件 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

フロの飼い主さんへ

紙幣の発行量を増やすのは少し乱暴な考えかもよぉ~と私は思っています。
確かに一時的にはデフレ解消になるかもしれないけど、基本的な所にメスを入れないと結局は付け焼刃になっちゃう可能性は出てきますよね
経済学部出身ではないので詳しい所はイマイチですが円高がこれだけ長期化すると日銀の介入をもっとしてもらいたいなーと思います。
でもこの円高の時にアメリカから個人輸入でニャンブサのパーツを購入しようかと企み中です(;・∀・)

投稿: ニャンポコー2等兵 | 2011年12月 2日 (金) 20時31分

ニャンポコさんへ

個人輸入は、お得だよね♪

日銀介入は既に9兆円と言われていますが、介入資金を回収しないのは、通貨の流通量を増やす事になるので、効果は同じでしょ?1000兆の国の借金も同じでしょ?

77円を割り込まない理由は、持続介入でもしてるんでしょ?もっと目立つ介入をした方が良いかな?なんて思うのさ。

投稿: フロの飼い主 | 2011年12月 2日 (金) 21時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日銀は通貨の発行量を増やさないだろうか?:

« 書くこと | トップページ | ネチラタ事件 »