« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月20日 (火)

今日のTVタックルは酷かった

3時間スペシャルで生放送、金正日が死んだ報道が世界を流れ、さぞかし面白い内容になるのかと思いきや、番組タイトル張りの格闘になってしまって、議論にならない。
各党の代表として呼ばれてきた人たちなんだろうか?
責任の押し付け合い、不作為の言い訳、過去の不作為の結果なのに突っ込む、人が話しているのに平気で口を挟む、感情的に喋る、まるで子供の口喧嘩だ。
実名を出して申し訳ないけど、福島さんだっけ?社会党だか社民党だか知らないけど、あなたは本当に政治家なの?と思える。それから、みんなの党の誰か?顔は見たことあるけど、申し訳ない名前を知らない。

世界的に政治家が何も出来ない事が、このヨーロッパ発の経済不況の引き金を引いたと一般的に語られることが多いと思われるけど、日本も同じだ。この人たちに任せておいては、国が潰れそうだ、そう思えるような内容だった。

きちっと進行された中で、時間を与えてあげればもうちょっとちゃんとした事が言えるのかも知れないけれども、番組名通りの格闘の中で光る言葉を吐くのは、レギュラーだけ。

橋下さんが人気だけど、もしかしたら中央はもう完全に機能不全に陥っていて、地方から鋭い切り口でがんがん行かないと駄目なのかも知れないな?と思わせるに十分なタックルでした。
橋下さんの人気が高い理由は、みんなが”やってくれそうだ!”と思うからなんでしょうね?
まあ、少なくとも今日本で一番元気の良い政治家であることは誰でも認めるでしょう?

アメリカじゃなくて、日本だから大丈夫だと思うけど、暗殺されないでね。中央に攻め込む矢先なんてのが一番危ないタイミングのような気がするから。

普段こんな過激な内容の文章は、書いても載せないんだけど、彼らは我々が選んだ国会議員なんだ、と言う事実が一番悲しい事実だな、と思って載せてしまいました。政権党である民主党、政治空白なんて持っての外な国際情勢なんだ、もうちょっと政治公約を守って、政治を安定させてくださいな。そうすれば、あんな馬鹿な突込みを受ける必要も無いでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

もう30年も続いている

学生時代の時からの仲間の忘年会に参加するようになって、もう30年経ちます。

最近の話題は、後何年仕事できるのか、健康の事とか、何だか年寄りじみた話題が多くなり、若い頃は朝まで続いた飲み会も2次会でお開きになるようになり、何とか終電で帰ってくることが出来てしまいます。昔は、何時も朝帰りだった・・・

今回、真っ先に参加の返事を出してくるメンバーから連絡が来ません。携帯も繋がりません。”生きてるのか?”とみんなが心配する中、幹事役が職場に連絡を入れたら、生きていました^^

まあ、色々病気を抱えていて、”何時死んでも不思議がない”とみんなが思っていたのがバレバレになってしまいましたが・・・

PCが壊れて新しいのにしたらSMTPの設定が間違えていたから返信が届かなかったとか、携帯は子供に上げて、新しいのに買い足したから番号が変わってしまっていたとか、しょうもない理由で連絡が取れなかったのですが、もっと自覚を持てよな!(何の自覚だ?)

1次会は、既に“呑み”ではなくて、豊島園にある”庭の湯”に水着持参で集合です。6時過ぎてから入ると半額だそうです。受付は列が出来ていました。http://www.niwanoyu.jp/

Ca3c0925vga

ライトアップされた豊島園の入り口です。撮影した後、拡大でも出来て画像の状態を確認できる機能でもあれば、こんな手ブレ写真を載せるような事は無いんですが、色合いを確認するのがやっとなので仕方ないですかね。夜景に関しては日立のW32の方が美しい写真が撮れますね。カシオW63CAは、ほぼ駄目に等しい。(まだそんな携帯使ってのか?それに・・・使い方が悪いんじゃねえ~か?)

何かイベントがあったのか?最近の流行なのか?彼女達は職員なのか?理由は、さっぱり解らないのですが、若い女の子達がスーツケースを引きながら豊島園から出てきます。庭の湯も含めてデートスポットなのか、カップルが沢山います。そこにオジサンたちが5人集合です。3人が日程が合わなくて不参加、1人は2次会から参加、後は音信不通。一時は20名くらいでやっていた忘年会ですが、役職故に忘年会を優先することが出来ない年代になったと言うことなんでしょうね?

温泉の中で話される仕事の話は、基本全員が同じ業界ですから、当然裏事情です。他の温泉客の都合上、何処の話かは解らない様にみんな気を使いますが、内容的には相当やばいグレイゾーンの話で、一応ブラックゾーンの話じゃないから笑い話に出来ますが、ホワイトゾーンに持ち込むための対応策なんかで盛り上がります。(忘年会ネタじゃねえ~な)

Ca3c0926vga

2次会は、練馬北口の”牛若”と言うホルモン屋です。http://rp.gnavi.co.jp/1018767/

僕はホルモン通ではないので、他と比較は出来ないのですが、とにかく脂肪がのったホルモンは甘いですね。所沢なんかのホルモン屋では、こんなに甘くないんですよね。これだけは解ります。でもホルモンは焼き方次第でまるで違うようなので、どの部分はどう言う焼き方とか、ちゃんと教わってから焼いたほうが美味しく食べられます。適当に焼くと他と変わり映えがしないところを見ると、他の店でもちゃんと焼くと美味しいのかも知れません。

ここの絶品は、カレーうどんですかね?焼く肉屋でカレーうどん?

トリミングしたお肉をふんだんに使った、だし汁で割らない(多分)、普通のカレーがのったうどんです。うどんじゃなくてご飯でも美味しいだろうなと思います。

なんやかんやと今年も集まりましたが、10年後にもこうやってみんなが無事に集まれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

歳をとると涙もろくなる?

どうもここのところ10年くらい、誰かが頑張っている姿を見ると妙に泣けてくる。

ドラマの感動的なシーンなんか見ても、昔は素晴らしい演技だと思うだけだったのだけれども、それが本当にあった話じゃ無くても何だか妙に泣ける。

どうしちゃったんだろうか?

これまでのそこそこ長い人生で、出会いや別れ、それから永遠の別れ、想い、夢、努力、挫折、成功、そう言った悲喜こもごもの事を経験してきたからだろうか?在り来たりの表現だけど。

でも、きっとそれって、誰にでもするような事を僕もしていると言うことなんだろう?みんなと同じなんて、昔なら大嫌いなことだったけど、実は何も変わらない。同じように悲しみ、同じように喜ぶ。

僕は人の気持ちが解らない奴なんじゃないか?と言う疑念が常にあったけれども、僕もみんなと何も変わらない。僕が想う事はみんなも同じように想う。そんな当たり前の事が、僕にですら最近やっと解ってきたんだろうか?

だから、きっと涙もろくなった理由は、感情移入して本当に感動してるんだろう?

逆にこれまで涙が出なかった理由は、感動してなかっただけなんだ。

これって、人の気持ちが少しは解るようになったと言うことなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

この話は、議論のすり替えに注意が必要かも知れない

原発コスト、事故損害額を最低5.7兆円に 検証委

  2011/12/6 19:45
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819481E2E4E2E09B8DE2E4E3E0E0E2E3E39797E0E2E2E2;bm=96958A9C93819481E2E4E2E0878DE2E4E3E0E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

 同委員会がまとめた原案では、原子力の発電コストは1キロワット時あたり8.9円と2004年に比べ約5割高くなる。今回まとめた前提条件などをもとに詳細を詰め、13日に開く会合でコスト検証報告案を提示。年内に結論をとりまとめる。

--------------------------------------------------------

日本の電力料金は、原価計算に基づいて算出されているのですよね?(記憶が正しければ・・・)

安全神話に基づいて、建設費と維持運営費だけを原価とした計算で電力料金が算出されていたならば、維持運営費に事故損害額を盛り込んだ原価で電力料金を算出し直すと、電力料金の値上げ、と言う話になるのかと思います。

日本の電力料金は世界一高いとか言われます。(本当に世界一かどうかは確認していません。)これまでのコスト計算が正しいのであれば、事故損害額を大きく見積もれば、必ず値上げが必要でしょう?

逆に値上げが認められないまま、倒産もせずに運用できるのであれば、これまでのコスト計算に問題があり、電力会社は暴利を貪っていたと考えられます。

この新聞記事の真意は、原発のコストを正しく見積もって原発のコスト優位性を否定して、脱原発に持ってゆく。もしくは、一歩譲って、今後選ぶべきエネルギーを正しく選択するための原資とするのが目的でしょうか?

しかし、この検証報告をもっても、他のエネルギーに比べてコストが安いと結論付けられれば、電力会社にとって、原発維持、電力料金値上げの良いとこ取りになりそうです。

今後、最初の目的と異なる使われ方をしないかどうか、注意が必要なコスト検証報告案だな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

ネチラタ事件

このとんま!能無しがあ!
てめえのせいで口うるせえハイエナみていな野党や新聞屋の馬鹿共に、無知だの非常識だの、好き勝手に罵られる羽目になったじゃあねえか!?てめえ!クビぐらいじゃあ落とし前つかねえからな!

何て罵詈雑言を一川保夫防衛相は、田中聡沖縄防衛局長相手に言うだろうか?

星新一のちぐはぐな部品と言うショート集にネチラタ事件なるものがある。人畜無害なネチラタ菌がばらまかれて、人々の言葉遣いがぞんざいになると言う代物だけれども、国会の野次を聞いていると、ネチラタ菌でもばらまかれているんだろか?と心配になる。それとも国会議員になると、議員バッチにネチラタ菌の新種が付けられていて、野次を言おうとすると、言葉遣いがぞんざいになるのかしらん?
まあ、議員バッチには、急に物忘れが起こる菌や急に背筋が伸びてふんぞり返る菌とか、色々な菌が山盛りに付いていそうなんだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »