« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

こう言う記事を見ると日本人もまだまだ捨てたもんじゃないと思う

国によっては、道路に車を駐車しておくと、”それはそこに落ちているのだから、拾った人のものだ。だから、持ち去っても罪にならない、いや、むしろ持ち去るのは当然の権利だ。”なんて言う国民が沢山居るらしく、聞いていて呆れるばかりだ。その国では、自動車の盗難は日常茶飯事だそうだ。そういう国では、落し物は拾った人のものだから届ける必要は無い、そう思うんだろうか?そこの国に荷物を置いて、遠めに見ていると5分と経たずに持ち去られるらしい・・・

かたや日本では、現金の落し物28億の内、20億が持ち主に戻ったと言うのだから、ある意味驚きと供に日本人の国民性を素晴らしいな、と思う。

まあ、この数字が実際の落し物の何割に当たるのか、当然の如く解らないんですけどね^^

このブログでは、、”偉そうにお前はどうなんだよ!?”と言う罵声が聞こえてきそうな中、公徳心の欠如を嘆くような記事を沢山書いてきていますが、多くの日本人の中では、まだまだ公徳心は無事なようだ。ある意味、少数の人間が不道徳な事をやるから目立つ程度の実情なのかも知れないなと思います。

下記の記事は、NIKKEI.NETから一部転載しています。全文はリンクを参照してください。

---------------------------------------------------------------------
落とし物届け出過去最多 11年、現金は計28億円
警視庁遺失物センター
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E5E2E6938DE0EAE2E3E0E2E3E09191E3E2E2E2
2012/1/28 23:01
 警視庁遺失物センターによると、現金は計約28億円で、うち約20億円が落とし主に返還された。落とし主が現れずに拾得者に引き渡されたのは約5億円。約3億円は都の歳入となった。
---------------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

朝まで生テレビを見て

何年かぶりに「朝まで生テレビ」を見ました。
橋下さんが出ていたから?
いいえ、違います。たまたまです。でも、橋下さんが出てなかったら、見続けなかったでしょうね。

対論を出すため?に出てきている人達は、みんなそれぞれ橋下批判を本に出しているような人ばかりだったようですが、本屋に置かれるような本を書いている人達の対論がこの程度の調査範囲、視点、理論で本を出してこのテレビに出てきてしまうの?とびっくりしました。
視点が狭すぎるとか、極論だったり、単に言葉の端だけ摘んでいるとか、そんなんで本なんか出しちゃうの?
それって、橋下批判を題名にぶち上げないと売り物にならないと言う出版社の意図に押し切られているだけ?本当はそんな積りの本じゃなかった?
それとも、題名だけで売らないと売れないような中身の無い内容だった?
あるいは、自分の意見を伝えるためには、売れなくちゃ読んでも貰えない、だからその為の題名?
本当は、唯のお金儲け?
それともそういう人を選んで来たテレビ局の意図?
田原総一郎さんもテレビ局側の人だよね。

見た感想は、対論ではなく、批判だけ、じゃあ何をすればいいの?と言う意見を持つ人が居ない。
まあ、日本の政治は国政も地方行政もずっとそうだったので、”具体案を出してきちっと決めて行こう”、と言う橋下さん的政治手法に期待する人が多いために、大阪で支持を集め、日本中が注目している、だから大阪市長と言う一市長がテレビに出てくるのだろう。まあ、橋下さんは弁護士でテレビタレントのような事をしていて、テレビに出しやすいなんてのもあるのだろうけどね?
だから、番組として成り立つと目算され、テレビの引っ張りだこになる。
橋下さんは、それも織り込み済みで出てきているだろう?

少数意見を無視するとか、少数を切り捨てるのかとか、民主主義は日本人が決めたルールではなく進駐軍に押し付けられた政治形態だとか、議論を尽くしていないとか、まあ、色々な意見があるのだろう?と思いますが、民主主義は現在の日本の政治形態であり、多数意見で意思を決定する政治形態であることは異論がきっと無いだろうな?と思います。
言い方を変えると、多数意見を優先する政治形態ですよね?

多数意見の決定は、選挙であり、選挙で選ばれた議員達が議会で民衆の意見を代弁して議論し、最終的に多数意見で決める。
そう認識しています。
でも、現状を見ていると、選挙率は半数にも届かない状態で議員を選んでいる、議員はマニュフェストを守らない=民衆の意見を議会で代弁しない、議会が結論を出せない。

ここ数十年の日本の多数意見と呼ばれるようなものは、テレビが視聴率を上げられそうなネタに対しての一部のキャスタやコメンテータの意見ですよね?街頭アンケートなんてどんな風にバイアスを掛けて放送しても、視聴者にばれるような事もない。

最後の時に”個人的な思想を提示してくださいよ!”と言っている出演者が居たけど、あんたは民間自由人だから何でも口に出せるだろうけど、市長は公人だから市長の看板を背負っていてる時に何でも言うわけには行かない、それって聞く方がどうかしている。市長が市の事を決めるための思想を述べることを出来ても、国政を決めるための思想を市長が言うことは出来ない。

その問いに答えなかったところを見て、手札を全部晒してしまうようなこともせず、ちゃんと判って受け答えをしている、そう思った。「政治は答えの出ない事柄に答えを出していくことが仕事」と言う僕なりの見解に近そうに思える。地方行政から変えて行こうとする人=足元から地道に変えていこうとする人が、市と違い大きな国政に関わるような私見をぶち上げても紛糾するだけ。

聞きたい人は、将来は国政を期待しているのだろうけど、先走りすぎだろう?市町村レベルから変えなきゃ駄目だから大阪市長なんだろう?国まで辿り着くには何年かかるやら?法律も変えなきゃなんだぜ、何年掛かるか解ったもんじゃない。

橋下さん自体、何処まで出来るか、正直自信が無いだろうし、任期切れになった時にまた自分が選ばれる確証もない、性急過ぎるという向きもあるが4年しかないと考えれば、牛歩のようなことをしていては4年じゃ何も実行できない。市政以外にもやりたいことは他にも沢山ある。そう考えているだろうか?

大きすぎるから決まらない、だから小さいところから決められる組織作りをしよう、堅実的じゃないか?話題をとるなら大きいところでぶち上げたほうが良い、その方が有名になれるし、稼げる。でも、それじゃ何も実行されない。無責任極まりない。

今の日本を一言で語るなら、それは多分、「無責任の蔓延」だと思うので、僕は橋下さんに期待している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

スライダーは安全か?

自分のバイクには、モリワキ製のスライダーが付いています。

080210_022300012

これです。

ちょっとwebを漂流していたら、”スライダーは安全か?”と言うネタで議論されていた。
相手が責任割合が大きい事故で、転倒して滑っていった時に、スピードの割りに滑った距離が長いことを警察に問い詰められたようで(こう言うときの警察官って、相手が100%責任でもライダーに対して、犯人扱いで、お前、馬鹿野郎、なんて当たり前、まるでスピードが出ていたと自白でもさせたいような勢いですよね。昔、埼玉県の武南署でやられました。入院するような怪我だったのに警察署に呼ばれて、仕方ないから病院からタクシーで行ったくらいで、僕の警察官不信はここから始まりましたね。)、その時スライダーのためだろうと言ったら、”公道で滑っていったら、他の人を巻き込む恐れがあるから、危険だ!”と一方的に警察官に言われたらしい。
そうだねえ・・・確かにサーキット用に開発されたものだから、公道で安全かと言われると、目的が違うとしか言いようが無いかな?

1.滑ることでバイクが路面に引っかかって跳ね上がるのを防ぐ
2.ライダーより、バイクを先行させることで、ライダーがバイクに巻き込まれるのを防ぐ
3.転倒によるバイクのダメージを減らす
なんて目的で作られていると思うけど、
1.は中速域(80~140km/hくらい?)で役に立つものだろう?高速域ではこれが付いていてもあんまり役には立ちそうに思えません。
2.と3.は、低速域(公道は基本低速域ですよね?)でも、役に立つだろうと思います。

暫く前に、峠道でライン採りのばかり考えていて、外側の砂利に気が付かずに低速域でフロントから転倒してしまったことがあります。でも、このスライダーが付いていたお陰で、バイクは僕の前を滑っていって路側帯で止まり、外装だけで大きなダメージを負わずに済みました。体は、滑っていって縁石に背中をぶつけたために、肋骨をちょっと痛めましたが、皮つなぎとブーツとヘルメットに傷が付いたくらいで済みました。

峠だからって言って、好き勝手に走り回っている訳では、ありませんよ。僕が左コーナーを頑張らない理由は、転んだ時に対向車線に滑り出して対向車に迷惑を掛けないためです。当然自分が滑って行って車とぶつかるのも車にとっては迷惑ですよね?これは僕のタイヤの左右を見比べてもらえば証拠として残ってしまっています。

特に1人で街中を走る時は、下手をすると車よりゆっくりですね、狭いところは特に。僕は、仕事柄、事故の悲惨さや面倒さを散々見ています。バイクは、飛び出されても避けるスペースが車より圧倒的に沢山ありますが、タイミングがぴったり合ってしまったら避けられません。車に乗って、人が居る狭いところを走るときは、パトカーよりも注意深いと思いますよ。(笑)

今時の警察官は、スライダーの公道使用を道交法で禁止してから、問題点について語るべきでしょうね。個人の勝手な判断で、事故時のスピードを決めてしまうような重大な事をすべきではないし、事故当事者にテレビの尋問紛いの言い方をするのは良くない。

ただ、当の警察官の話は別としても、事故後のコントロールを失った車やバイクは、凶器になりますので安全運転しましょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

電車の入り口に立つのって邪魔じゃない?

最近、電車通勤をしているのだけれども、電車の乗車口の両サイドに必ず人が立っています。

乗車口の横幅は、同時に2名が乗り降りできるように出来ていますが、彼、彼女達が邪魔で1名ずつしか乗り降りできません。

もともとあのスペースは、大きな荷物を置く場所として出来た、と鉄道関係者に聞いたことがありますが、世知辛い昨今、あそこに荷物を置いて椅子に座るような人も居ないだろう?
無闇にスペースがあるから、人が立つ。

昔は、乗り降りの邪魔にならないように開くドア側の人は、先に降りて、降りる人を待ってまた乗る、そんな心遣いがあったけれども、最近誰も避けないどころか、携帯を弄ってる。
降りる人同士がぶつかってよろけてぶつかろうものなら、目くじら立てて怒っている。

先日、ちょっと気の弱そうなおじさんが降りようとした時に左側から若い男性が、押しのけるようにおじさんにぶつかって、よろけたおじさんが右側に立ってスマホを弄ってたお姉ちゃんにぶつかったら、”ちょっと何すんのよ!”とか怒ってる。おじさんは、”あ、ゴメンなさい・・・”とか謝ってるし。悪いのは、押しのけるようにぶつかった若い男性と、入り口に立ってるお姉ちゃんだろ?おじさんはちっとも悪くない。

実は、これ、僕もやられたことがある。普通、押されても余程のタイミングで押されないとバランスを崩したりしないけど、その時は、ちょっとバランスを崩した。お姉ちゃんは、”痛い!”って騒いでいたけど、それは無視、お兄ちゃんに”おい!”って言ったら、ちょっと振り向いてそのまま行ってしまった。
まあ、駅のホームは危険な場所なので、揉め事は良くないからそれ以上何もしないけど、さてこの問題、誰が悪いでしょうかね?

電車の作りが悪い、と言う事にしておこうか?

鉄道会社は、もうあのスペースは要らないでしょ?
さっさと削って、座るところを1席増やせば?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

議員定数削減なんか本気でやるの?茶番じゃないの?

Nikkei.comに「衆議院小選挙区の「1票の格差」是正のための「0増5減」案と、衆院比例定数80削減の方針を巡って協議した。」と載っていました。

1票の格差問題も含めて、小選挙区なんて止めてしまえば良いだろう?なんて過激な考えも浮かびます。小選挙区なんか止めてしまえば、そもそも格差なんて出来きません。

小選挙区選出の議員が言い出すような事は、そもそも地方行政と地方議会がすべき事なんだし、国会で時間を割いて議論するような事でもないでしょう。

国会議員は比例だけにして、国会は国政だけを議論すればいい。
首相は、国会議員で決めずに公選制にすれば、最低でも一期4年くらいはやるだろうから、毎年首相が変わるなんて馬鹿な事も無くなるだろう?

民主党の公約通りに国会議員定数削減も果たせる。
地方に任せるところは地方に任せてしまえば、中央官庁の公務員削減もついでに可能だろう?(これは注意してやらないと危ない気はするけれども・・・)

仮にそういう事を政権公約に言う政党が出てきて選挙で票を集めても、実際には全然動かない。公約違反なんてへっちゃらな政党しか居ない。国会中継を見ていても、およそ水面下で話は済んでいて、国会の答弁は政局優先で用意された事を質問して、用意された回答を言うだけなのであれば、唯の茶番だよね?

そんなことばかりしていたら、誰も選挙に行かなくなるよねえ・・・

そう言えば、昔、自民党のお偉方が、”投票率は低ければ低いほどいい。そうすれば組織票だけで議席が決まるから、変な風が吹いたりもしない。好都合だ。”なんて言ってたなあ。

***********************************************************
「0増5減」など巡り自公協議
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E3EAE2E2E58DE3EAE2E3E0E2E3E09790E3E2E2E2
2012/1/18 11:21
 自民、公明両党は18日午前の幹事長・国会対策委員長会談で、民主党政治改革推進本部が決めた衆院小選挙区の「1票の格

差」是正のための「0増5減」案と、衆院比例定数80削減の方針を巡って協議した。公明党は選挙制度の抜本改革ではなく現行の小

選挙区比例代表並立制を前提とした同案に反対。自民党は石原伸晃幹事長が比例80削減について「少数政党の議席をいっぺんに

減らす制度変更には反対」と語った。ただ「0増5減」は同党の主張だけに、ひとまず民主党内の状況を見極めることにした。

Nikkei.comの上記アドレスから転載。
**********************************************************

ちょっと内容的に過激すぎるかしら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »