« ピロリ菌を除菌しよう | トップページ | F1 Live中継に手を出す »

2012年3月15日 (木)

ブリタニカよ、お前もか?

電子化に対抗する最後のメーカになるんじゃないだろうか?と思っていたブリタニカ百科事典が電子版に完全移行するとnikkei.netに載っていました。

Ca3c0973vga

実は家にもあります。一時期、冬に猛烈に結露する部屋に置いてあったために、ちょっとカビが入ってしまったりして、保存状態が悪いのですが、僕自身にとっては20万円以上掛かった書物で、少し宝物感があります。
実際には、調べると言うより、単なる読み物的な扱いで、暇な時に読む本でしたね。

Britanica

実際の調べ物は、その検索性の悪さゆえに当時既に付いてきていた電子版の小項目辞典をPCに入れて、辞書検索用のアプリケーションソフトウエアを使って調べています。

そうだなあ、それなりに詳しい説明があって、専門書に近い部分も多いのですが、自分の専門領域の調べ物には全く足りません。製本された時点で情報は止まっています。陳腐化しない情報を集めない限り価値はなくなります。販売後はイヤーブックで、穴を埋めようとしていましたが、紙媒体の情報は”情報の墓場感”があります。僕自身は、紙媒体の文章の方がすんなり脳に入ってきます。古いタイプの脳を持つ人間なんですかね?

幼稚園生~小学校低学年まで、少年少女百科事典を広縁で毎日読んでいるような変?な子供だった僕にとって、百科事典は古い友達の1人のような存在です。この記事を目にした時、何か寂しいな、と思いました。

------------------------------------------------
ブリタニカ百科事典、書籍版244年の歴史に幕
電子版に完全移行
2012/3/15 0:54
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE3E6E2E5E58DE3E6E2E1E0E2E3E09494E3E2E2E2

 244年の伝統を誇る英語の百科事典「エンサイクロペディア・ブリタニカ」が書籍版の歴史に幕を下ろし、インターネットを通じた電子版に

全面的に移行することになった。米シカゴにある出版社が13日に発表した。

インターネット百科事典「ウィキペディア」などの普及で、書籍版の売り上げが低迷したのが理由とされる。
 CNNテレビ(電子版)などによると、書籍版はこれまで2年ごとに発売され、全32巻の2010年版(1395ドル=約11万7千円)が最後と

なる。 米国内での販売部数は、ピークの1990年は12万部だったが、2010年版は8千部に落ち込んでいた。
------------------------------------------------
nikkei.netの上記リンクより一部転載。

|

« ピロリ菌を除菌しよう | トップページ | F1 Live中継に手を出す »

雑談」カテゴリの記事

コメント

フロの飼い主さんへ

おぉ〜凄い!!
高級な百科事典じゃあ〜りませんか!!
ご子息がよく勉強できるのは、やっぱりフロの飼い主さんの少年時代のおかげじゃないかな?

んで、みかんちゃんは今日もお外に出してもらえなかったのかな?

投稿: ニャンポコー2等兵 | 2012年3月15日 (木) 22時01分

ニャンポコさんへ

みかんは、散歩には出たけど放しては貰えなかったね。(笑)

子供達は・・・本当に僕の子供かなあ?
僕の子供なら、受験勉強には熱が入らないと思うんだがなあ・・・(笑)
僕は、興味の無いことを勉強するのが嫌いだったなあ。

以前テレビでIQサプリなんて番組があったでしょ?あそこでIQ120が天才レベルなんて言ったけど、あの番組を見るまで、天才って呼ばれるような人達は、IQ200以上あるんだろう?と思ってたんだ。自分はずっと鈍才だと思ってたよ。(笑)

投稿: フロの飼い主 | 2012年3月16日 (金) 23時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリタニカよ、お前もか?:

« ピロリ菌を除菌しよう | トップページ | F1 Live中継に手を出す »