« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月 6日 (金)

満員電車はどれだけの活力を奪うんだろうか?

今週始めから、朝の通勤ラッシュの中、満員電車に揉まれています。
目的地の駅に着くと、どっぷり疲れて、正直仕事どころではありません。

僕が慣れていないだけかと考えて、周りの人達の様子を窺っていると、殆どの人がホームに弾き出されて、他の人との密着から解放された時に、一息大きく溜め息をつきます。
やっぱり、僕だけではなく、みんな大変な思いをしてるんだな、と思います。

日本中の大都市圏でどれほどの活力が毎朝失われているんだろうか?と思う。

日本の国力の地盤沈下のような事がよく言われるけど、毎朝無為に失われる活力を生かすだけで、国力アップなんて簡単に出来るんではないだろうか?そんな風に思う。

初日の入職式で、体育館のパイプ椅子に座らされてのオリエンテーションも結構な拷問でしたが、2日目からの情け容赦ない仕事の量も、通勤に拠るパフォーマンスダウンが無ければ、割と楽に思えたかも知れません。幸い、行った先の職場は、係長達が大変優秀で、正直課長が居なくても内部の仕事は回りそうです。右も左も解らない1,000人規模の職場で、直ぐに自分の仕事に取り掛かれたのは、内部の事は係長達に任せっきりでOKだったからです。

情報通信のお陰で、距離を気にする必要が無い職種、業種が増えてきているのですから、都心のオフィスなんて高いだけなんだから、行ける人たちからでも地方へ移れよ、なんて乱暴なことも考えます。

すし詰めが常態化している線は、複々線化しろよ!なんて事も思います。

まあ、それでも僕の辟易している西武池袋線の上りは、山手線の池袋、高田馬場、新宿、渋谷に比べれば可愛いものらしいのですが・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »