« 医療に対する勘違い | トップページ | 自民党の意地かな? »

2012年8月 5日 (日)

自らを奮い立たせる

そう言うの面倒くさいよね、実際そう思っていた。

大抵の人は、自信過剰じゃない。それどころか、逆に自信は無いよね。偶に”その根拠が解らない自信は何?”って思う奴が居るけど、そう言う奴に限って口先だけの場合が多い。深く知らない故に世の中を舐めて掛かって居るようにも見えるけど、本人に自覚は無さそうに見える。

今オリンピックが行われていて、国の代表になった人達は、例え個人種目であってもそれに関わった多くの人達の期待を背負わされる。
国の代表になったからと言って、絶対的な自信があるわけじゃなかろう?特に勝つのが代表に選ばれた者の義務のような個人種目なら、そのプレッシャーは如何ばかりか?しかも、オリンピックは一発勝負だ。

企業の長でも所属の長でも、トップになってしまったら、もう逃げられない。面倒くさいとか、判断間違いが怖いとか、そんな事を言ってる場合じゃない。自分が失敗したら、自分だけが被害を被るだけじゃ済まない。みんなの期待を背負ってもいるし、責任もある。そもそもそう言う事のための長なのだ。責任を全う出来なければ、その職に留まれない。
自分も含めて、スタッフを路頭に迷うような事にする訳には行かない。

きっと、責任を全うしたい、と言う気持ちが引っ込み気味の気持ちを奮い立たせるのだろう?その舞台に立ってしまったら最後、何処にも逃げ出すところは無いし、止~めた!って棄権すら出来ない。

そこに立ったら、やるしかないんだ。

|

« 医療に対する勘違い | トップページ | 自民党の意地かな? »

独り言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自らを奮い立たせる:

« 医療に対する勘違い | トップページ | 自民党の意地かな? »