« きづきベル | トップページ | 小論文は評価不能 »

2012年10月16日 (火)

人の流れ

池袋駅の南地下通路を歩く人の流れはとても不思議。壁の配置と床のタイルの方向がずれているためか、人々はタイルの方向に流れる。でも壁に対してどんどん狭くなるから行き詰まる。
バイクに乗ると、見た方に行っちゃうから、外は見るな!って教わるけど、周りを見ずに下を向いて歩くとタイルに沿って歩く。
狭くなって人が寄って来ても、周りを見てないからぶつかるよね。

一体誰が何処を基準にタイルの角度を決めたのだろうか?
使い方をデザインで指示するようなものをaffordanceと言うらしいけど、地下通路のタイルにも歩き方をaffordするようなデザインを採用するなら、人々がぶつからずに歩けるようになるのではないだろうか?

|

« きづきベル | トップページ | 小論文は評価不能 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の流れ:

« きづきベル | トップページ | 小論文は評価不能 »