« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月24日 (日)

ポリシーとして安全は無いと決めた方が良い

読売オンラインに原発事故以前における経産省の考え方を端的に示すような事が書いてありました。

「原発重大事故はない」と経産省、拠点対策せず
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20130323-OYT1T00584.htm?from=blist

何かを正当化しようとする時にベースに嘘があれば、先々に嘘を塗り固める必要があるだろう。

原子力発電所なら誘致する時に多分”絶対安全だ”と言って誘致する。
40年前に作られた嘘は、その後も”嘘だった”と言うことは出来ない。

かつて原発誘致にお金がばら撒かれ、未だに補助金無しでは立ち行かない自治体が殆どである。
それは、そう言う所を狙って誘致されるから、もしくは、その時の自治体の首長が何かを望んで補助金と引き換えに誘致したからだが、そもそも絶対安全なら誘致に補助金は必要ないだろう?

40年前の安全性など今時全く当てにならない訳だが、その後、実は安全ではない事実が発覚しても、隠密裏に対策が取られることがあっても、安全性を否定するようなことをオフィシャルに言うことは出来ないだろう。
オフィシャルには絶対安全、でも本当は安全性を保証できないから保証金のような補助金を宛がう。

首都圏の消費者は、お金で危険を地方に押し付け、地方はお金で危険を買う。危険を買った張本人も売った張本人も現在はその職に無いが、その時つかれた嘘は「行政のやることに間違いがあってはならない」から上塗りされる。誰もがダブルスタンダードと思っても、止めることも出来ない。そんな構図が見て取れる。

この記事のように、外部から指摘されたとして、それにに沿って対策を取ったら”絶対安全”の嘘を認めることになってしまう。
「大規模事故は起きない」事が前提にされているなら、大規模事故が起きた時に必要な対策にお金を出す訳には行かない。それは議会が認めないだろう?無責任な野党は、足を引っ張るだけの目的で、こう言った事に積極的に突っ込む。当然、安全でないことなど解っていて、二重三重の安全対策に対して前提条件を盾に騒ぐ。

別に原子力行政だけではないだろう?
全ての行政に関する全ての施策に同じような事が言えると思える。「行政のやることに間違いがあってはならない。」
この前提が良くない。近年の権利者意識の高揚は、間違いは即保障に繋がるから、尚更だとも言える。

権利と義務、権限と責任は常に対極にある。

電力会社の役員、国会議員、それを選んだ国民、地方の首長、それを選んだ住民、首都圏の消費者、それら全てが無責任な行動を取ったと言える。今回の事故にに対するこれらの人々の義務は、「今後絶対安全は無いから、新たに解った事実に対しては速やかな行動を取る事を容認するポリシーを守る。」そういう事だろう。
首長や国会議員の間違いは、そのらを選んだ国民にある訳だし、その首長や国会議員が間違いを犯さないように監視する義務もある。それぞれがポリシーに沿って責任を果たせば、こう言った馬鹿な構図は生まれない。

無責任の蔓延がこの国の一番の病魔なんだろうと思う。

追記:この厄介な正義感は普段の生活でも、自己欺瞞を厳しく問い詰めるから、自分の生活に安らぎが足りなくなるわけだけれども、どうだかなあ・・・それでも温いところは温くて、”まあ、仕方ないよね”と言って無闇に他人に対して突っ込まない。当然それによって自分も正義感を全う出来ない。だから、解っている範囲で人に危害が及ばないなら、”まあ、人がやることだからしょうがないね。”って思って諦める。自分ひとりで社会を変えられる訳でも無いし、自分の望む社会が人々の望む社会であるとは限らないのだから、自分の意見も単なる個人の意見だ。社会の構造は多くの意見の中で受動的に形態をなすのだから、誰かがこうあるべきだと言って能動的に決められる訳ではない。社会は勝手に変容してゆくものなんだろう?だから、僕が"こうあるべきだ!”なんて言っても、そんなの唯の独りよがりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

風邪引いた

Ca3c1195vga

連日良い天気なので、村山貯水池に行きました。多摩湖自転車周遊道を全力で1週だけ走り、堤防傍の原っぱで草の上に寝転ぶと何だかとっても気持ちいい。

今日は風が強いですね。枝が風を切る音で目が覚めました^^

寝てしまっていたようで、しっかり風邪を引きました。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

アーロン・スワーツ氏の訃報

朝、PCを立ち上げたら、こんなニュースが飛び込んで来ました。

「ネットの天才」の死が問いかけたもの 情報独占との闘争
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO52716520S3A310C1000000/?n_cid=DSTPCS003

と言う記事を目にして悲しい気分になりました。
彼は、若者らしい正義感を持って、コンピュータアーキテクチャ、ネットを一つの文化として捕らえていただろうか?

オープンソースを語る人は、古くから沢山居る。ネットワークの黎明期にモザイクを作った研究者達の目的は「情報の共有」だった。

ネットがインフラになった現在、一括りの利用法だけが正しい訳ではないが、利用するポリシーは必要であろう?

最近、殆どの学術論文が、年会費1万円~3万円を払わないと読めなくなっているし、PubMedですら読めるのはAbstructだけで、Full PaperはPDFダウンロードで、20ドルくらい掛かる。

あまり沢山の学会に入っていない僕ですら、年間に支払われる学会費は10万円を超える。それも、研究者登録されていない僕は自腹である。

社会には、国の助成金で行われている研究が沢山有る。私企業の助成金である種の契約に基づく研究なら、その成果はその企業のものと言って良いかも知れない。でも、国の助成金の場合は、どうだろうか?

研究成果は、人類の宝で有るとも言えるし、お金を出したところの財産で有るとも言える。国がお金を出す理由は、広く公共に資する研究活動を支えるためとかの理由で税金が使われているから、主に公共とは国民を指すものであるから、その成果は国民のものであると考えられる。一方、他国の助成金での研究成果は他国のものとも言える。多国共同出資の研究(今ならCERNのヒッグス粒子の発見なんてのはそれに当たるだろうか?)は、少なくてもお金を出した国には広く伝えられるべきであろう。

OpenOffice.orgが行っているように、情報の利用法を明確に示せば良いのかも知れない。個人情報保護のように何でもかんでも保護だったり、一部のハッカー集団のように何でもオープンと言う訳にも行かないだろう?

研究成果の公開度は、何処の研究に拠るものなのか、何処のお金での研究なのか、明確にして公開度を決めれば良い。
その作業自体は、研究機関のパテントを扱う部門がきちっとやれば良いのだ。当然国の助成による研究機関なら、国民には公開しなければならないだろう?

まあ、参照者の権限の設定と言う難問は有るのだけど・・・

ロバート・スワーツ氏の訃報を見て、ネットが第5の戦場と言われるようになった現在、今後、国家権力とハッカー達の戦争は、その戦争の記録情報の信憑性すら疑って掛かる必要を感じました。何が正しい事実なのか知る手立てがなくなりつつ有るように思います。

ロバート・スワーツ氏のご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

今日は北風

昨日は南風で南西の方角が赤茶けて見えましたが、これは黄砂かも知れない。

Ca3c1191xga

でも、今日は北風。これはどう見ても川越藩の三富と呼ばれる畑から来る土埃だよね?(何だか写真にすると、大したこと無さそうに見えるな^^実際には風上に目を向けると開いていられない位の土埃なんですけどね。)

所沢に就職が決まって、初めて所沢にアパートを探しに来たのがちょうどこんな3月の風の強い日で、”とんでもないところに来ちゃったなあ・・・”と北西の赤茶けた空を見上げた覚えがあります。

今日は3月10日、東京大空襲の日です。あの女の子はどうしただろうか?

そして、明日は大震災から2年。復興どころか、復旧自体も儘ならないようだけど、僕らには出来るところから応援するしかないよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

もしかして黄砂?

何時ものように多摩湖自転車周遊道にBAAMを飲んでから出掛けました。何だかデスクワークばかりしているためか、どうも脂肪が付きやすい体になっているようなので、頑張らないと着る物が無くなる^^

Ca3c1188xga

堤防に言ってみると、西の空が赤茶色です。帰ってニュースを見ると、今日はもう関東まで来ているとの事。所沢は春先に川越藩の三富と呼ばれる畑が空を赤く染めるのですが、それは北東の空なので、やっぱり黄砂なのかも知れませんね。

Ca3c1189xga

今日は春を越えて暑かったですね。もう、桜が咲いていました。
月曜日は朝車の屋根が凍っていたくらいなのにね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

新たな脳力開拓

人間とチンパンジーの能力を比較した実験を見ると、実に興味深い能力差を目の当たりにする事がある。

何か新しい能力を得るには代わりに何かの能力を捨てる必要があるようで、人間は進化の過程で沢山の能力を捨ててきたとの説は十分な説得力を持つ。

コミュニケーション能力の獲得のために瞬間的な空間記憶力を捨てたような結果が得られているが、他にも沢山あったと考える方が合理的だろう?

サバンと呼ばれる、一般の人達よりコミュニケーション能力の劣ると目される人達の特殊な能力は、何かの拍子に過去に人間が捨ててきた能力のスイッチが入ってしまってその機能を発現させているだけかも知れない。

人間は生きて行く過程で加齢等により失った能力の代わりに何か別な能力を発現出来ないだろうか?
このブログの何処かで”人は40歳から50歳位で大人のピークを形成して両側に向かって子供化する”と書いた覚えがあるけれども、子供が新たな能力を獲得するのが得意なように歳を経るに従い失った能力と引き換えに何か別な能力を得ることが出来たのなら人生はもっと豊かになろう。

老いた脳に新たな機能発現のスイッチを入れるような薬剤を合成出来れば、残った僅かな脳細胞でも社会の役に立てる。(あんまり変な機能発現をさるても困るだろが…)

ちょっと脱線してる^^

現代は大学入試対策の学力が脳力の判定基準のような意味を持たされ、社会での実践に置いて必ず役に立つ訳ではない。
世の中を広く見回してみると、学力とは別な尺度が必要な天才が山のように居る。
適切な教育がなされ、チャンスさえ与えられれば、社会には沢山の天才が生まれよう?
職業選択の自由を奪うものではないが、自分の能力適正を調べる事が可能なら、より多くの人に労働の満足が与えられるのではないだろうか?

人類は構造としてより高い社会を手に入れ、これまで解決が困難な問題をも合理的な方法で解決出来る能力を得られるかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

今年はF1を見ないだろうな

ピレリが誰にも予測不能な製品精度がバラバラなタイヤを供給しているために、F1は何だかくじにでも当たるように優勝者が変わるような事態になっているけど、それでも見ていて楽しみを感じる要素が少なくなったなと思う。

日本チームも居ない、ドライバーも居ない、サプライヤーも居ない、感心するようなドライビングをするドライバーも居ない。

motoGPも昔より詰まらなくなってしまって、GP125が一番面白いくらいだったのに、それもGP3の250cc4st、One make engineになった。どんなレースになるのかは解らないけれども、詰まらなくなった理由は技術が高度になりすぎて、ドライバーの技量や度胸と言った共感や共鳴を受けるものがなくなったからだろうか。

もう一つ、サーキットだろうか?近年作られるサーキットはほぼ1人のデザイナーに拠るレイアウトで、洗練されてるけど面白みがない。極端に無駄ゆえにラインが多様に取れるとか、危ない作りだから度胸が試されるとか、何だかレイアウトを見ると勝負どころが1箇所か2箇所くらいが関の山、2台3台がラインを奪い合って凌ぎを削るようなことも無い。

マシンをギリギリまで使いきれるドライバーは、アロンソとハミルトンくらいだろうか?と思うけれど、その彼らですら力量を発揮できる場は僅かに思える。

来年V6ターボエンジンになって、ECUがトラクションコントロールをし、ドライバーはシュミレーションどおりに正確に運転するだけで、偶々タイヤが当たった車が勝つ。

もう15日には開幕するけど、詰まんないよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »