« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

塩山はやぶさ温泉

平日の奥多摩はガラガラですね^^

Ca3c1211vga

去年の11月半ば以来なので、奥多摩周遊道にも行って見ました。

Ca3c1210vga

奥多摩絶景ポイントの月見野駐車場から見た大河内ダムです。確かに絶景です。ここに来るとこんなに登ってきてたんだ?と思います。

Ca3c1212vga

柳沢峠です。富士山は頂上が雲の中にあるために肉眼では見えるんですけど、僕の携帯のカメラではラチチュードが広すぎて通常の画像処理ではコントラストが潰れてしまいます。ヒストグラムを見て、色数が少なくて済む所のコントラスト圧縮をしないと無理ですね^^

何処の温泉に行こうか散々迷った上げくに一度も行ったことの無い「はやぶさ温泉」に行きました。

Ca3c1213vga

高アルカリの透明な硫黄泉で、2時間500円です。源泉42.9℃の掛け流しで、カランやシャワーまで源泉のままで、そのまま飲めます。
内湯は高めの湯温、露天風呂が低めの湯温で長く漬かるの良いらしい、大月短期大学の教授の解説が載ってましたね。

ここ、旅館の筈ですが、日帰り温泉状態になっていて、地元の人たちの憩いの場になっているようですね。田舎の日帰り温泉のように広間にカラオケなんかもあります。

Ca3c1215vga

もり蕎麦定食は、天ぷら、筍の煮付け、かぶの漬物、ご飯がついて1,000円でした。一つずつが全部美味しくて、泉質と言い、湯量と言い、ロケーションと言い、風呂の造りと言い、一気に僕の温泉ランキングの塩山Topになりましたね。

いや~良い温泉だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

Clearly Pronounce

中学生の時英語の発音記号を強く発音すると習っただろうか?
僕はそう習った。
でも、実際のNative Speakerの発音を聞くと、違うよね?
彼らは、”強く”ではなく、”はっきり”と発音しているだけだ。

単語にも文章にもRhythmがあるし、Rhythmがずれると聞きづらい。
日本に方言があるように、ちょっとしたRhythmの違いは、”訛り”として聞こえる。

聞きなれたIntonationでないと意味も解りづらい。
微妙にIntonationが異なれば、違った意味に取る。
それは、橋と端と箸のようなものだ。

日本人は高校を卒業するまでに最低でも6年間も英語の勉強をするのに一行に喋れるようにならないのは、耳が聞こえないからだ。
単語は、日本語の特徴ゆえに皆大量の英単語を知っている。聞き取れないのとIdiomを知らないのが問題だろうか?

ネット新聞によると外国人の英語教師を大量に雇うらしい。
もう何十年も英語教育をしてきて、やっと事の本質に辿り着いた?
まあ、この措置すら授業を真面目に受けない生徒には無意味ではあるけれど、ちょっとは前進したかな?と思う。

ああ、本題を忘れるところだった。
Accentは、”強く発音する”と教わった筈だが、これは間違いだ。
”Storngly Pronounce” ではなくて、”Clearly Pronounce”と教えるべきだ。

それ以外のところはあまりはっきり発音しない。
話し言葉も、同様に相手に言いたい言葉をはっきり発音する。
全く日本語と変わらない。
まあ、考えてみれば言葉なんだから、相手があって話をし、言いたいことをはっきり言うのは言語が変わっても同じ事なのだ。

しかし・・・”今頃、何言ってんだか?”って我ながら思う。

蛇足で、
can と can't
これって殆ど聞き取れないけど、その後に続く動詞が強く発音されるなら肯定文、逆なら否定文。
Thirty と Thirteen
語尾が上がったら13だし、語尾が下がったら30。
割と役に立ちますよ♪

本当に英語ができるようになるための秘訣とは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »