« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

朧月

朧月

湿った空気が町を包み、月が涙ぐむ

肌に纏わり付く衣服が心を振り向かせる

街灯がぼんやりと霞んで、ミストサウナの中にでも居るようだな。

服を着たまま海に入っちゃうと、その時は気持ち良いんだけど、後はべたべたして最低。

浮かれて服のまま海に入り、服を着たままシャワーを浴びる。
服を着たまま?いいじゃん♪どうせ、そんなの既成概念だろ?

| | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

そう言えば梅雨には乗らないからなあ

Ca3c1262vga

柳沢峠の喫煙所の藤棚に花を付けているのを初めて見ました。
藤の花は紫陽花のようにこの時期に花を付けるので、雨が降る時期には乗らない僕が見ることは無かったんだろうね。

Ca3c1263vga

今日は、ちょっとだけ富士山が見えます。

この後雲峰荘の露天に入って帰ってきました。帰りの丹波側は雨で思いっきり濡れちゃった。
やっぱ、梅雨に乗るもんじゃないな・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

WindowsRTは僕には向かない

Ca3c1255vga

Microsoft Surface RTを買ってみた。
Surface Proが出て値段が下がったから買ってみたのだが、このOSが僕にはカスのようなものだった。

これじゃでかいスマホだぜ!

だから、Surface Proが出たのかも知れないけど、僕のようなTabletで使い慣れたApplication softwareを使いたい人にはSurface RTは全く向かない。何せMicrosoft Storeに載っているApplication software以外のInstallを認めていないのだから。

Touch機能のあるUltra Bookを買ったほうが良かった。

このでかいスマホ、どう使おうかな?
自分で書く時間は無いので、誰かWindowsXPエミュレータを書かないかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

シンダーコンクリートに桜島の火山灰を使わないか?

最近建物のコンクリートの厚さとか密度からX線の透過率を計算する羽目になっていて、シンダーコンクリートと言う言葉を頻繁に目にする。
軽量コンクリートの事だったよな?と高校生の時に仕入れた古い記憶から、新しい情報を調べて見た。

昔まだ日本が石炭産出国だった頃、大量の石炭の灰を出していた。
ビルを建てる時に躯体の上に配管してそれを埋める訳だが、密度の高いコンクリートで埋めてしまうと躯体に掛かる重量が途方もない。そのため軽量のコンクリートが必要だったのだけど、その時着目されたのがシンダー、つまり灰だったのだ。今風に言えばリサイクルなのだが、軽量かつ扱いやすいコンクリートだったようだ。

現在、石炭の灰を使う事は無いが、やはり軽量の混和剤を用いる。
一口にコンクリートと言っても混和剤によって機能が異なり役割も異なる。

ローマな巨大な構造物はコンクリート製だと聞く。実際に見たわけではないが、サイズと当時に得られた部材のミスマッチは、高校生の時には謎だった。
ナポリ近郊には、ヴェズーヴィオ火山がある大量の火山灰が存在する。どうもそれを混和剤に使っているらしい。火山灰は気泡だらけで軽く固い。だから混和剤に使うと硬度と重量の良いとこ取りになる。どうやって脱硫したのか不明だが鉄筋を使わなければ脱硫も必要ないのかも知れない。

桜島の火山灰は鹿児島に住む人達には迷惑極まりないだろうが、混和剤には有望な素材に思える。
誰かやらないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

電車の中のちょっとした平和

電車の中のちょっとした平和

久しぶりに電車の中で子供の鳴く声を聞いて、平和だな、と思う。
なかなか泣き止まない子供に、さっきまで口を開けて寝ていたオッサンの口が”煩せーな・・・”と動く。
これもまた平和♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »