« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月24日 (火)

皆考えることは一緒

今日の日経ネットの池上彰さんの「3.11という日本の第2の敗戦  現代日本の足跡に学ぶ(1) 東工大講義録から」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGH18009_Y3A910C1000000/
の記事を読んでびっくりしました。
それは、以前このブログで僕自身が書いたこととほぼ同じ事を言ってるからでした。
別に僕は凄いだろう?と言っている訳ではなく、概ね人は同じような事を考える、そして池上さんはもう一段進んで、解説員として世の中に貢献している、さらに深く考えた上で工学馬鹿ではない幅広い教養を持った工学系研究者を育てるべく東工大の教壇に立っていると言う事を知ったからです。

技術は人を助けますが、それは知見をどう役立てるかに拠ります。そしてそれは幅広い知識が無いと使い方が解らない、もしくは、使い方を間違えることに繋がると思います。
池上さんは「ハイゼンベルクの不確定性原理」の誤りをみつけて「小澤の不等式」を論じた名古屋大学教授の小澤正直氏を例に挙げて、彼の哲学の教養が量子力学の難問を解いたと考えているとの事です。また、日本の地震予知の失敗、原子力発電の安全神話を例に挙げて、教養が無いと研究や技術は正しい方向には行かないと考えているのではないか?と思います。

世の中の人は概ね文系で、工学系の難しい話を聞くと逆に不安になるのは、僕も経験済みです。僕が聞いて不安になったという経験ではなく、僕が話をして不安にさせてしまった、と言う経験です。相手に解る言葉で説明するのは、物凄く難しい。世の中の実権を握っているのは主権者である国民ですが、その国民が解らない言葉で話をしては工学は世の中の役には立てない事になるかと思います。ちょっと言い過ぎですが、国政を定めるような重要な方針を決めるのに工学系の人間がきちっと説明できずに工学系の知見を活用できないのであれば、工学系の研究は世の中の役に立たないし、役に立たないのなら研究費を貰って研究をすること自体が凡そ背任行為のようなものです。そう言った意味でも池上さんがやっていることは二重に素晴らしいと思います。

普段研究者の人たちに接していて、一部の人達の言い草に驚くことがあります。お金のことを考えていたら研究は出来ないとか、技術の使い方はそういう事をやる奴らが考えればいい事だとか、そんなほぼ無責任とも思えるような発言をする研究者が少なからず居ます。研究第一に考えるのであれば、そんなことも言えるのかも知れません。しかし、僕の恩師は、「研究課題は、普遍的価値を持つこと」と教えていました。付け加えるなら「世の中の役に立たない研究は、社会からお金を貰って研究している以上、研究課題とすべきではない」と解釈しています。先の一部の研究者達の言い草を無責任と言い切る理由は、研究成果は他の人が考えることで自分達は知りたい課題について研究すれば成果を証明する必要がないと逃げているからです。要するに「成果が上がろうが上がるまいが知ったこっちゃ無い」と言う意味です。まあ、偶にはそういう中から物凄い知見が得られたりもするのですが、万が一と言う言葉通りに、9,999は外れになります。それも見越した上でそんな発言をする一部の研究者を無責任と見ている、そんなところです。

さて、国立大の教員に年俸制を導入するなど、万が一の成果に胡坐をかいていた一部の研究者のためにか、世の中の風当たりが強くなってきたように思いますが、池上さんの話を聞いた学生達が世の中の解決しづらい問題を解決していけるような素晴らしい人材になってくれることを祈ります。

まあ、凄く真面目に素晴らしい研究をされている研究者は沢山居て、一部の目立つ人達が森全体の色を落としてしまっているのは、この件の話だけではないのですけどねえ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

韓国には表現の自由が存在しないのかも知れないね?

先の戦争を生き残ったお年寄りを中年の男性が殴り殺したなんて物騒な事件に韓国世論が同情的だなんて記事が載っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000002-jct-soci&1379066869

事は日本統治下の韓国に肯定的な見方をしたお年寄りを38歳の男性が、老人から奪った杖で殴り殺したと言う。
また、その犯罪者を擁護する意見がネットを占めているらしい、とも書いてある。

反日とかそんなんじゃなくて、異なる意見に対する暴力に私刑を認めるような世論が問題だと思う。

戦前の日本の世論は狂っていたと思われるが、今の韓国世論にも同じものを感じる。
暴力に手を染めているイスラム圏の人達や言論を弾圧する中国の一部の人達、北朝鮮にも同じような事が言えそうだが、個人の権利より宗教や国家が優先されるのは、現代にそぐわないように思う。

それよりも、酔って老人を殴り殺すような狂人を擁護するのは、そこにどんな思想があったとしても許されるものではない。傷害致死で5年の懲役刑とか書いてある。酔って人を殴り殺しても5年の懲役ってのもおかしくないか?日本だったら終身刑は免れないと思う。

韓国は法治国家で言論の自由は保障されているんじゃなかったっけ?
この記事を読む限り、どうも僕の勘違いだったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

At Seventeen

最近CMでJanis IanのAt Seventeenが流れている。

RadioでAir checkしたTapeがどこかに残っているかも知れないが、何処にあるのかもさっぱり解らないほど忘れていたのに、CMで流れる彼女の声を聴いて、すぐにJanisのAt Seventeenだと思いだした。

暗い歌で、当時「アメリカ人の高校生もこんな風に思うんだ?」と思ったのを思い出す。

高校生の時の楽しい思い出と沢山の反省は、未だに心に棘でも刺さったままのようになっているけれども、懐かしく思えるのはそれがもうとうに過ぎてしまった事だからなんだよね。

Janis Ian ジャニスイアン / Between The Lines 輸入盤 【CD】

価格:1,108円
(2016/4/1 00:43時点)
感想(0件)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

みんな英語を勉強しよう

2020年東京オリンピックの開催が決定しました。関係した諸氏のご努力お疲れ様でした。

おめでとう御座います。

さて、クリステルさんが言っていた”おもてなし”ですが、言葉が大事ですよね?
気持ちは、言葉以外でも表現ですますが、やはり言葉は大事です。
多分、各国から来るお客さんに足して、案内のボランテイアが募られるだろうな?と思います。
この時代なので、英語を話せる、英語を勉強している人は沢山居ると思います。
当然英語だけでは無いのですが、来る人たちにその国の言葉で説明を行い、日本文化、教育水準の高さや礼儀正しさを見せることで、日本に対する妙な不信も取り除かれるかも知れません。
ちょっと脱線しています。

特に語学の勉強をしている人にとって、案内のボランテイアは勉強の成果を実地する大きなチャンスです。
皆さん、英語の勉強をして、案内のボランテイアに参加しましょう♪

因みに、僕は東京都の回し者ではありません。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »