« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

防衛装備を他国からそのまま買う国は無い

日本の防衛産業であっても航空機など一部の開発にお金が掛かりすぎるために仕方なさそうなものを除いて自国で作っている。それは、自国防衛に繋がる装備にブラックボックスがあってはならないからだが、ライセンス生産も含めて無駄なお金を使っているように見えることもある。しかし、中身の解らない物を国防装備に加えたりは出来ない。

最近、同じような事が言えるのは通信機器であろうか?

現在、各国の国防は情報戦を戦っている。先進国同士で人と人が殺しあうような戦争は起こっていないけれども、情報戦争は開戦布告もないまま延々と続いている。最近話題になったスローンが起こしたBig Brothersの盗聴疑惑のお蔭で知らない人は居なくなったろうか?

聞こえてくるニュースは概ね想像の域を超えていないが、中国の知的財産盗難に関するニュースはちょっと想像を超えていた。まあ、地道に開発するより人の開発を盗むノウハウを積む方が情報戦のノウハウも含めて一挙両得だから、ニュースは概ね正しいのだろうか?

アメリカとオーストラリアでファーエイの通信機器(ソフトバンクが大量に導入した会社)の政府系設備の排除が起こっているが、これは通信設備内のブラックボックスの盗聴疑惑が起こっているかららしい。日本とイギリスは、まだ排除勧告を出していない。

通常、通信には枝が付かないように物理的には通信路に鍵を掛けるとか、論理的には暗号通信を用いるとかを行うが、そもそも通信設備内に既に枝が付いていたらセキュリテイどころの話ではない。しかも、ユーザからは見えないブラックボックスの内部で盗聴が起こっていたら、ある意味盗みたい放題だ。そんな疑惑がファーエイにはあるらしい。

じゃあ、シスコシステムズやアライドテレシスが安心かと言うとそんな事は無いのだが、少なくても会社の信頼度が異なる。シスコはアメリカの会社であるし、アライドテレシスは日本の会社で第三国に盗聴情報を売っているような素振りは報告されていない。

通信設備会社が設備内に盗聴装置を埋めるなら、白昼堂々と泥棒が出来る。社会インフラに設置されてしまったら、お金を払って自国を攻撃する爆弾を仕掛けて貰っているようなもんだろう。

ここまで情報システムの重要性が論じられているならば、情報システムの根幹を成す通信設備は日本の会社で監査が可能な工場で作ったものを採用すべきだろう。広げていうならば、情報端末でも同じことが言えるのだ。端末内部で取得した情報を暗号化して、混雑している時間帯に送ればLogもほとんどチェックされない。ここでも泥棒は簡単なのだ。さらに言うならクラウドも何を信用して、無料のサーバにデータを預けるの?

僕もEvernoteを重宝しているけど、ここには絶対重要な情報を載せない。

| | トラックバック (0)

2013年11月22日 (金)

怒っている自分を笑おう

怒っている自分に気が付いたのなら、”馬鹿じゃないの!”と笑い飛ばそう。

若いときから怒れば怒るほど気分は落ち着いて冷たくなる。相手にしてるのが馬鹿らしくなって、話すのが面倒になるからだが、そう言う時の僕は取り付く縞も無いらしい。最近立場上、無碍にそんな態度も取れないので、フラストレーションが溜まる。

自分で認識したのは高校二年生の時だけど、それは同級生に言われたからで、”そう言えば確かにな”と言った感じで認識した。
彼女は中学一年の時の同級生で、中学の入学式で入学票を取りに帰って遅刻した僕に”馬鹿みたい”と言い放った事がきっかけで、その後顔を合わす度に喧嘩になる面倒くさい奴だった。
その後、一度も同級になることは無かったが、高校一年生になってデッサンを覚えるために美術部に入って初めて美術室に行った時に、そこに彼女は居た。
”○○君、美術部に入るの?”
”何でお前がここに居る?”
”あんたこそ何でここに来たのよ!私が先に入ってるんだから、あんたが出て行きなさいよ!”
”二三日早く入ったくらいで先輩面かよ!”
ってな具合で喧嘩が始まった。
ちょっと離れたところで絵を描いていた先輩が、
”喧しいから他所でやれ!”
って言われて、
”あっ!済みません・・”
ってハモってしまった。顔を見合わせたら、急に可笑しくなって、つい笑ってしまった。
別にsympathyとかを感じた訳ではないけれども、それから彼女とはあまり喧嘩をしなくなった。
その彼女が、
”○○君が怒ってそうな時は、私でも怖くて話しかけられないわ。何か取り付く縞が無い感じなのよね。”
とか言う。
”何時も、誰にでも物怖じしないで好き勝手言いまくるお前が言うかあ?”
彼女は、高校の美人コンテストで「ジャンヌダルク賞」とかを貰ってしまう、まあまあ美人だけど気が強くて豪傑な奴だったのだ。
だから、ちょっとショックだった。
でもそれで、初めて認識した。

話は相当脱線してしまったけど、馬鹿な奴はそこいら中に幾らでも居る。そんな奴を相手にして怒っている自分に気が付いたなら、自分を笑い飛ばそう。そんな奴らは相手にする価値もない。
そう思っていれば、無闇に腹が立つ事も無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

去年より寒いかな?

Ca3c1327vga

富士山は雪をかぶって、凄く綺麗でした。

柳沢峠は、頂上付近が凍ってましたね。
水が出ているところに氷が残っていました^^;
転んでしまったんだろうな?と思えるバイクが、5台ほど・・・
怪我が無さそうで何よりですが、バイクの修理代は掛かりそうですよね。

今日は至る所混んでいて、道も温泉もどちらも混み混みでした^^
去年のちょうど同じ頃走ったように思いますが、去年も沢山転んでいたけど氷までは無かった。
まあ、どの道、塩山の温泉は今年最後ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

そんな事をやりたい医師がいるだろうか?

NKKEI.NETに「かかりつけ医、夜間・休日の電話対応は22.8% 日医総研調査」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0800T_Y3A101C1CR0000/
なんて記事が載っていて、
「患者に身近な「かかりつけ医」で、夜間・休日などの診療時間外に電話対応しているのは22.8%にとどまることが患者らへの意識調査で8日までに分かった。患者は気軽に相談したり、必要なときに専門医を紹介してもらったりすることを期待しているが、緊急時への対応は不十分な実情が示された。」
なんて事が載っています。(NIKKEI.NETの当該LINKから一部無断転載しています。LINK貼ったし、無料記事なのでご勘弁を。)
まあ、気持ちは解るけど、無責任に思える。

今も昔も開業すれば勤務医時代の数倍~10数倍の年収を得ることが出来る場合があると同時に、立ち行かなくなって首を吊る医師もいる。開業医になってしまうと先進医療から取り残されてしまいそうな状況にあって、今時の若い医師たちが新たに開業したいと思うだろうか?
失われた20年と呼ばれる時代に育った者たちは、それほど貧欲では無い。経営の事などに腐心しなくても年収1,000~3,000万円位が手に入り、休みをきちっと取れる勤務医で満足な若い医師が沢山居る。
夜間・休日に気軽に電話出来たら便利だろうけど、そう思っている人たちは、普段開業医には行かず大きな病院にいきなり行く。大きな病院は、そういった医療を取り巻く状況を鑑みて紹介状ありきにする。開業医の先生たちと合同カンファレンスなども行い、開業医の先生たちを支援すると同時に、紹介をして貰うような体制作りにも苦労している。
でも、住民が騒ぐので紹介状が無くても仕方なく受け入れる。
そうすると、開業医の先生たちが困る。
それに60歳~70歳くらいになって、夜中・休日を問わず、普段来ないから病態も良く解らないような患者からいきなり電話が掛かってくるのを気持ちよく受け入れられる寛容な人(医師じゃなくても)が居るだろうか?

どうも、こんなところでも、サービスは期待するけど、相応の対価を出し惜しむ姿が目に付く。サービスと対価は相関するのだ。こう言う事例を見る度に、国民の成熟度に関する疑念が湧いてしまうのは、多分、僕だけではないだろう?

| | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »