« カラー | トップページ | 退き際の美学 »

2014年1月15日 (水)

教育方針なんだろうが…

そこで育った卒業生を集団として見ると、根拠の無い自信を持っていてプライドは高いが力は無い。世話を焼かれ過ぎてる事を、抑圧されて自由が無いと勘違いしている。当然言われてからやるのに慣れてしまっていて、反発心が強く自己主張が高い割には自主的には動けない。
学園長は生徒に夢を語るから、夢は見てるが自主的に努力しない。

中学生や高校生の分別で学園長の話を聞くと素晴らしいと思うらしいが、大人の分別で聞くと経営判断を優先した無責任な発言に思える。
学園としては、一年に一人位面白い学生が育てば良いのだし、進学成績は特別進学クラスの連中が稼いでくれる。他の生徒は授業料を納めてくれさえすれば良いのだ。夢さえ見させ世話を焼けば、学校任せで録に子供を見ない親には面倒見が良いと思われる。

一方、学校は全然生徒の世話は焼かないから、生徒は何でも自主的にやる。大学受験の世話も焼かないから、三年生で自主的に目覚めて勉強し始めた生徒以外は浪人する。卒業生には四年制高校とか言われている。でもここの高校卒の連中は、社会に出てから必要な仕事は言われなくても自分で始める。

僕には、後者の方が正しいと思える。

|

« カラー | トップページ | 退き際の美学 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育方針なんだろうが…:

« カラー | トップページ | 退き際の美学 »