« 何もしない罪 | トップページ | 戦争とテロの使い分けは書く人の勝手な歴史認識? »

2014年1月30日 (木)

労使抗争のようなものだったようだね

冷凍食品の農薬混入事件は50年前位の高度経済成長期の始めの頃、まだ日本が貧しかった頃の労使抗争を想起させる。

利益追求の為の賃金カットに怒った労働者が、搾取を図る企業に対して抗議活動をした、って所だろうか?唯抗議活動に取られた方法は、無関係な人達に対する犯罪行為だけどね。

何かアイデアがあると、それを実現しようとして様々な方法を取るわけだが、その方法を見ると動機や性格が透けて見える事が多い。
お題目は”誰々の為に!”なんて唱えても、その方法は”ちっとも誰々の為になって無いよね。”って事はザラにある。
方法を選ぶ時に目的よりも動機が優先されてしまうからそんな馬鹿な方法を考える訳だが、そもそもの動機が自分の為だから、バレないと思ってるのは本人達だけの見え透いた方法を考える。単に馬鹿なだけと片付けても良いけど、ある意味社会的迷惑行為だから、放って置くわけにもいかない。

今回の農薬混入の舞台となった会社でも、自給を上げて手当てをカットする、正社員は下げずに立場の弱い契約社員だけの給料を下げるような一見目に付きにくいような賃金カットが原因と思われる。外面は賃金アップに見えるけど、内面は賃金カット、見え透いた手だよね。結果として農薬混入が起こり社会に迷惑を掛けた。社長とこの拙いアイデアを出した管理職の辞任は当然だろう?

食品の安全に関する議論は、結局のところ製造原価と販売価格の差が問題であって、この差が小さい=利益が小さい事が材料偽装や労働争議による異物混入などに繋がる。
こんな事が色んな所で起こるのは、物と対価のバランスが悪いのだ。社会が変革期にある時には必ずバランスが崩れるものだが、今起こっているアンバランスが一時のものでないとすると、社会は間違った方向に進んでいる可能性がある。

一時の安さと将来の健康を計りに掛けるなら、まあお金に余裕があるなら、高いけど間違いのない食品を選ぶのだろう。
間違いがあるのに高く売ろうとする輩を排除する方法は必要だけど…

|

« 何もしない罪 | トップページ | 戦争とテロの使い分けは書く人の勝手な歴史認識? »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労使抗争のようなものだったようだね:

« 何もしない罪 | トップページ | 戦争とテロの使い分けは書く人の勝手な歴史認識? »