« パンドラの箱を開けるのか? | トップページ | 戦争反対 »

2014年2月26日 (水)

防犯カメラを設置しまくろう

男性が路上で切られる、大阪・箕面 若い男逃走
2014/2/26 1:47ニュースソース日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2501M_V20C14A2AC8000/

こう言う事件のニュースを見ると、イギリスのように街中防犯カメラは必要な世の中になったんだなと痛感します。防犯カメラが設置されて、こう言う犯人が直ぐに捕まるようになれば、それが抑止力になるでしょう。

こう言うネタには、必ずプライバシーの保護を訴える人が出てきますが、”どちらを優先すべきか?”を考えれば、当然防犯だろう?と思います。正し、どこに何時誰が居たかを誰にでも知られて良い訳ではありませんので、防犯カメラの映像の処理にはプライバシー保護法のような縛りが必要でしょう。でも、一般人にはあまり必要ないですよね?誰かに隠れて悪さをしたい人は反対するでしょうけど・・・(笑)
通常、公安や警察関係者であっても捜査上の必要性が無いと閲覧は出来ないくらいも配慮は必要だろうなと思います。(肖像権とか言う奴居るかな?)

出来るだけ”不幸な人間を作らない”社会インフラは、絶対必要です。
普通、幸福な人は事件を起こしませんから、正のスパイラルを形成できればニュースのような犯罪は減ると思います。

街中のちょっと高いところを見渡しながら歩くと、驚くほどの防犯カメラを目にするようになりましたが、それでも死角は山のようにあります。
”総監視社会”とか揶揄されそうですが、”高度犯罪抑止社会”と言い換えるとかして、是非防犯カメラの設置を増やしてほしいものだなと思います。

|

« パンドラの箱を開けるのか? | トップページ | 戦争反対 »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防犯カメラを設置しまくろう:

« パンドラの箱を開けるのか? | トップページ | 戦争反対 »