« 報道は民主主義の血液 | トップページ | 生活道路は住民のもの »

2014年4月28日 (月)

船を編む

船を編む

今日「船を編む」を見た。

良い映画を見ると何時も劇場に見に行けよと思うが、そもそもこの映画を知らなかった。TVで見たのだが素晴らしかった。日本アカデミー賞に相応しい。

十数年もかけて辞書を編纂する話は、映画で描くには長すぎる。物語を全部描く必要は無いが、これらを断片的に描くのは、見る者に想像を促す。だから、如何に切り取るかが作り手のセンスなんだろう?この映画を作った人達のセンスは素晴らしい。

言葉は細菌のようなものと思える。生きるために絶えず多様に変貌し、生き残ったものが繁殖する。美しい日本語を愛する人達は多様性を否定しがちだが、今時を生きる若者達がそんなことを気にするとも思えない。言葉は勝手に進化して、新たな言葉を生み出し辞書の厚みを増やしてゆく。

Wikipediaのような電子辞書は初期の頃から比べれば随分と作り手の介入が入るようになったが、言葉と同期するように勝手に増殖する。正しくない説明が横行したから介入が入るようになった訳だが、それは美しい日本語を庇護する人達と同じようなものに思える。

今時の情報は正しいか否かを読者が判断しなくてはいけないが、概ねの人達は情報の正誤、真意を確かめもせずに鵜呑みにする。論文の正しさを検証する研究者たちとは大きな差だなと思う。

どんなものにでも行き過ぎには必ず調整が入る。だから、多様性は爆発する前に必ず調整が入る。言葉においては差し詰め飽きられて使われなくなる事がそうであろうか?でもその前にあまりに乱れると調整が入りそうでもある。今時のほぼ意味不明な言葉の反乱には何時誰が介入を入れて来るだろうか?(ちょっと脱線しすぎだ。)

映画を見ていて、一々手作業せずにデータベース化して比較はコンピュータにやらせれば?と思っていた。その方が確実で速い。でも、言葉は人が使うもの故に、人が手作業で行うから辞書に作り手の気持ちを宿すことが出来るのだろうか?

まあ、いずれにしても辞書を引かない奴には無縁な話だなと思う。きっとそういう人達にはこの映画は退屈なのかも知れない。

映画『船を編む』オリジナル・サウンドトラック[CD] / サントラ

価格:2,314円
(2016/4/1 00:41時点)
感想(0件)

|

« 報道は民主主義の血液 | トップページ | 生活道路は住民のもの »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船を編む:

« 報道は民主主義の血液 | トップページ | 生活道路は住民のもの »