« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月15日 (火)

僕の子供たちは、男の子が二人なので、当然僕の実の娘ではありません。

彼女は、男ばかりのセクションに配属された初めて女性職員でした。
当時物凄く忙しかったこともあり、最初は特に気にかけては居ませんでした。それでも、まだ一度も給料を貰ってなくて、食費にも苦労してそうだった彼女に夕飯を一度奢ったくらいだったろうか?

彼女は、おっさんか?と思えるようながに股の歩き方や座り方、態度、女にしとくのは勿体ないような豪快な声でセクションの男共にすぐに男として受け入れられた。
遠目に見ていた僕には、実は顔もスタイルも整っていて、それではちょっと女として勿体ない、と思っていた。
でも、程なくして起こったセクハラ事件の後、当時のボスに彼女のケアを任された僕は、彼女をケアする目的で始終気に掛けなくてはならない羽目になった。

職場には沢山のセクションがあり、仕事自体が他のセクションとの協働作業であるため、他のセクションの飲み会など当時から僕自身が出入りしていたセクションには全てと言っていいくらい連れまわして、紹介して回った。彼女はそのキャラクタ故に、他のセクションの男にも女にも気に入られ、あっという間に職場の有名人になった。彼女にはそれが嬉しかったらしい。

高校生の頃から精神分析に嵌っていた僕には、彼女の女性らしくないキャラクタが一体何処から来たのだろう?と思っていたが、どうやらそれは彼女の父親譲りであるとの話を聞いて、長女は概ね父親を見て育つので、そんな事もあるのかと漠然と考えていた。彼女の父親は高田純次を2倍程度いい加減にした、笑いを取るためなら何でもするような父親だったらしい。

でも連れまわしている内に、モードが切り替わったようなまるで異なるキャラクタの彼女や、彼女の些細な表情の変化で、彼女の態度や話し方は、彼女のサービス精神が作り出したキャラクタなのだと思うようになった。

こいつ、結構無理してるだ、そう思った。

それからだろうか?彼女は少しは女性らしく自分自身ために時間を使った方が良いだろう、そうでもしないと何処にも嫁の貰い手が居ないぞ、などと勝手なことを考え始め、映画のじゃじゃ馬馴らしの如く、彼女を女性らしく作り上げる積りで色々と注文を付け始めた。
仕事自体や仕事の進め方は上司として当然としても、話し方から、表情の作り方、姿勢、歩き方、ボディメイキングまで、ちょっと間違うとセクハラだろ?と思えるようなところにまで口を出して、一々直していった。まあ、彼女のサービス精神だけは直せなかったけど、これは直す必要も無いなと思っていたけど。

彼女自身も元々お洒落は好きだったようで、しゃべらなければ美人、と言われるようになり、客から花束なんぞ貰えるようになっていた。
僕は、そんな彼女を何時しか自分の娘のような感覚で見ていた。

そんな娘が日曜日に嫁に行った。
娘の居ない僕に、少しだけ娘を嫁に出す父親の気持ちを味あわせてくれた。
ありがとう。
楽しい家庭を作りなさい。

割と最近知ったのだけど、彼女の家は結構貧乏だったらしい。彼女のサービス精神満点のキャラクタは、帰りの遅い両親に代わって3人の弟や妹に食事の世話をして、寂しい思いをさせないために、長女だった彼女が結構無理をして作り上げたキャラクタだったんじゃないだろうか?
でも、そのサービス精神は、沢山の友人を作り、彼女を親身に心配する女友達を沢山作ったようで、美しい花嫁に仕立てようと数日前から彼女を磨き上げた女友人や、事前に申し合せて30人以上でダンスの練習をして彼女のお面をかぶってダンスをして披露宴を盛り上げるような友達が男女を問わず沢山いる素晴らしい女性にしたようだ。
プロの司会が殆ど出る幕が無い、素晴らしい結婚式だった。

| | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

スマホゲームは、そろそろ規制対象とした方が良いのでは?

Nikkei.netのソーシャル新人類の不夜城の連載の

スマホゲームのアリ地獄 競争心あおって課金する
スマホゲームにどっぷり ID乗っ取りアイテム横取り
「顔出しミニスカ」も当たり前 暴走する承認欲求
繰り返す「炎上」のなぜ 事件気づかぬ子どもたち
「親友」はネットの中に 危うい10代の信頼感
小学生も「中毒」に スマホ禁止で泣き叫ぶ
寝落ちするまでLINE漬け 友達はネットの中に
出会いたい心につけこむ大人 危険知らぬ子どもたち
人事は見ている 「つぶやき」次第で不採用も
わずか3時間半で個人特定 「匿名性」の落とし穴

と言った記事群を読んでいると、子供にスマホを持たせるべきなのか?とか、大人のスマホにもある種の規制が必要なのではないか?とか言う議論に参加したくなります。

古くは8bitのPCの時代から、TVゲーム時代を経て、スマホゲームの現在に至るまで、ゲームを有害な時間つぶしだと思っている僕には、スマホゲームなどには全く興味が無かったので、ここまで酷い現状は知りませんでした。

パズドラをやりたいからスマホを買う人間が居ると聞いて、”馬鹿じゃね~の!?”と思うくらい、スマホゲームで世の中を変えるとか言っていた奴をある種の狂人だと思っていたくらいで、何時の時代でもいる一部の困った連中くらいの感覚で事の成り行きを見ていました。

スマホゲームは以前からどうやって課金するかが課題になっていましたが、レアアイテムとかで課金するんですよね?
SNSならCM料でビジネスモデルを構築できるかも知れないけど、ゲームでは難しい。オンライン化して通信料で稼ぐビジネスモデルもキャリアとの問題もあってあまり上手く行かない。それでレアアイテム。
スマホゲームは基本的に作りが単純だったから、普通のゲームの縮小版のようなアイデアでは、アイテムに魅力を感じないのだろう?
だからゲームの作り自体を競争心を煽るような、例えば友達との連携スタイルにして、アイテムが無いとゲームが楽しくないような作りに見直したんだろう?
みんなゲーム会社の金儲けの餌にされているだけだ。
それでも、楽しけりゃ何でも良いのかな?

中毒性が高い麻薬やドラッグを欲しさに犯罪に走る子供が大量に居るアメリカでは、麻薬やドラッグ故に規制もしやすいし、リハビリプログラムも充実しているらしい。でも、この中毒性の高いスマホゲームはどうだろうか?
既に犯罪に走る子供が出てきている。健康被害が出ている子供が居る。犯罪に巻き込まれる子供が居る。しかし、スマホゲームは現在のところ違法ではない。ゲーム中毒のリハビリプログラムのようなものも無い。

もう既に社会問題化しているのだから、規制は当然だろう?
好き勝手に発売させるのではなく、発売後、基準に照らし合わせて中毒性が高いと確認されたものは、通産省や厚労省、文科省が発売禁止措置と罰金を言い渡せるような法律を作った方が良い。罰金は、数万円とかじゃなくて数億円から数十億円規模でね。社会的損失を考えたら、それでも安いくらいだ。

誰か気の利いた政治家が起案しても、業界に支援を受けた無責任な政治家に潰されそうだが、電車の中の光景を見ているともうちょっと手を付けないと手遅れになりそうなんだがなあ・・・

ゲーム中毒の子供たちが大事なことを学んでいるとは到底思えないし、彼らが大人になった時にどんな仕事が出来ると言うのだ?ゲームには本来何の生産性も無いんだぜ。

最近の日本は、20年後、30年後の貧しい国への転落にまっしぐらのように見えるんだけどね。

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »