« 一体誰が、笹井さんを死なせたのだろうか? | トップページ | 思い込み »

2014年8月21日 (木)

記憶の消失

この話は、半分冗談ですから、話半分以下でお願いします。

短期記憶の消失

ふと思いついて話を始めたのに、話の途中で別なことを思いつくと、最初に何の話をしていたのか解らなくなる時があるのは経験済みだろうか?
特に説明が難しい話をしているときに起こり易いだろうと思うけど、説明のための話を組み上げて行く中で本題が解らなくなる、もしくは、まるで違う話になってしまう、そんな事が起こる。
もう一つ、何かを言おうとして話を始めたけれども、別なことを思いついてその話を始めてしまう。
これって、ある意味、高次の構語障害じゃないかと思う。
普通、話をするときにはマルチプロセッサが並列処理するように頭は回転していると思うけど、タスクマネージャがエラーを起こして、メインで使っているプロセッサのメモリに廃棄命令を出してしまうようなものだろうか。
プロセッサやキャッシュ、メインメモリに相当するような神経細胞の死滅が原因なんだろうか?

長期記憶の消失

名前が思い出せない、言葉が思い出せない、理論の途中が思い出せない、そういうことをみんな経験しているよね?
"ここに書いた記憶があるけど、引き出しが開かない"、そんな感覚になる。場合によっては、引き出し自体もイメージできているけど、開かない。
それらは、芋づる式に呼び出させるけど、途中の神経細胞が死滅して抜け落ちた為にリンクが辿れないから出てこない。複数のリンクの何処で切れているかに拠って、思い出せない度が高くなるのだろうね。でも違うリンクを辿ると出てきたりする。
だから、記憶を再生するなら新たにリンクを張りなおさないといけない。
引き出しが開かない場合は、すぐに外部記憶を辿って、リンクを張りなおせばよい。そのままにしてしまうと、引き出しは永遠に失われる。
ハードデイスクやシリコンデイスクのファイルアロケーションテーブルと言った外部記憶領域に相当するような神経細胞の死滅が原因だろうか?
もう一つ、引き出し自体が開いても中身が出てこないのは、ハードデイスクやシリコンデイスク自体の読み出しエラーであり、それを相当するような神経細胞の死滅が原因だろう?

脳の90%は使われていない

脳はプロセッサとプロセッサキャッシュ、メインメモリ、不揮発メモリを兼ね備えている。
通常、プロセッサとプロセッサキャッシュは常に動いているが、メインメモリや不揮発メモリは殆ど休んでいる。
プロセッサとて、フルパワーで回ることもそうそう無い。
だから、脳は10%くらいしか機能していないのは当たり前だろうな?と思う。
問題は、何処が使えなくなるかだよね。

脳とて一つの臓器

以前にも書いた気がするけど、胃の調子が悪いと胃が痛いように、痛覚の無い脳の調子が悪い時は、頭が回らなかったり、ぼーっとしたり、鬱になったり、統合失調症になったりするのだろう?
実際には、胃の病気が複雑なように、脳の病気も複雑なんですけどね。

|

« 一体誰が、笹井さんを死なせたのだろうか? | トップページ | 思い込み »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記憶の消失:

« 一体誰が、笹井さんを死なせたのだろうか? | トップページ | 思い込み »