« 自分を自分として認識するためのアイテム | トップページ | 人が湧いてくる »

2014年10月19日 (日)

AntiF

もう25年くらい前だろうか?僕はFが大嫌いだった。何だか偉そうに作ったものを押し付けてきて、”ユーザは文句を言わずに俺たちの作ったものを使えばいいんだ”的な態度が”ふざけんなよ!そう言うことはもっとましなものをものを作ってから言えよ!”と思っていた。他のメーカでもそう言う所があったが、Fは大した売り物も無いくせにユーザの要望に答える気が無いようだった。

現在のFは当時の反省を生かして、ユーザの声を開発に生かすようになった。でも、そい言ったポリシーは社員全員に徹底されている訳ではない。最近親会社が本業以外で利益を出しつつあり、大手だということも手伝って先祖返りしつつある。以前の酷い時期を知らない若いLeaderクラスに鼻持ちならない奴が増えてきた。

ある意味仕方なく付き合い始めてもう20年くらい経つが、本来僕はこの会社が嫌いだ。別にそこに働く社員が嫌いなわけでは無く、もう随分と長い間仲良くしてきた連中も沢山居る。彼らの事は全く嫌いじゃない。たぶん、僕はこの会社の文化が嫌いなのだ。そして、仲良くしている人達はこの文化に染まっていない人達なのだろう。

この文化というのは、俗に言う大企業病と言う奴なんだろうな?と思う。一流会社と呼ばれるような会社に勤めてLeaderクラスになるのはそれなりに優秀だとは思うが、だからと言ってエリート意識を持つほどではないだろう。世の中には勝手に偉くなってしまう人間が沢山いるが、大企業病と言うのは自分勝手なエリート意識が会社の文化になってしまった時に起こるのではないだろうか?

最近、僕は先祖返りして、AntiFになりそうだ。

|

« 自分を自分として認識するためのアイテム | トップページ | 人が湧いてくる »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AntiF:

« 自分を自分として認識するためのアイテム | トップページ | 人が湧いてくる »