« AntiF | トップページ | 捕鯨船でも出せばいいのに »

2014年10月22日 (水)

人が湧いてくる

池袋駅の駅構内の通路を通勤ラッシュの時に歩いていると正にそんな感じに見える。

人の後ろ、柱の陰から、次から次から人が飛び出してくる。
何で、人の後ろでスピードを合わせようとしないんだろう?
ちょっとスピードが合わないと直ぐに脇に出る。

まあ、自分勝手なルートで歩き、スピードもまちまち、人の前に割り込んではスマホを弄りながらもたもた歩く、割り込むスペースが無いのに強引に割り込んできてぶつかる、通りの真ん中で立ち止まってスマホを弄っている、同じく通りの真ん中でグループで占拠している、その中を急ぐ人が猛スピードで歩く。ぶつからない方が不思議だ。

池袋駅は埼玉県のアクティビティの高い人が集まるところだから、歩き方もガツガツしているから凄いんだと言う人もいる。
でもどうだろうか?

大手町などの狭いところで、歩く方向が定まっているところでは、比較的整然と歩いている印象がある。
池袋駅は、中央通路にJR、東急、西武、丸の内、南通路にJR、東急、西武、有楽町の改札が入交り、東西に南北に抜けるルートがあり、それぞれの通路はみんな広い。特徴は、広くて方向が定まっていない、改札口や山のようにある、そんなところだろうか?
色々な乗り換えに最短距離を選ぶ猶予があると同時に、行き先に決められたルートが無い。だから、みんな思い思いの方向に歩く。急いでいる人も、

疲れている人もいるだろう。毎日同じ時間に同じ方向に走っている人もいる。彼を見る度に、”He is always running."と思う。何故毎日走らないといけない通勤ルートを選ぶのか解らないけど、何か理由があるのだろう?

特に東の南北ルートと中央通路が交差するところ、中央通路のJRの改札が南北にあるところの通行者の入り乱れ方は半端ない。
正に次から次から人が湧いてくる。

|

« AntiF | トップページ | 捕鯨船でも出せばいいのに »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人が湧いてくる:

« AntiF | トップページ | 捕鯨船でも出せばいいのに »