« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月22日 (土)

正しいかどうかは解らないけど・・・

何時ものように新聞ネタですが、

きょう午後解散 決断の背景に「3首相の教訓」
郵政「小泉劇場」など参考に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS20H3I_Q4A121C1PP8000/?dg=1

と言う記事の中で、昨日、安倍首相が 「私たちの進める成長戦略が間違っているのか、正しいのか。国民の皆さんの判断を仰ごうと思う。」と言っていたそうですが、間違っているのか、正しいのかなんて、そんなの解るわけないじゃん。
バブル崩壊後、もう20年も大きな政策を実現できずにズルズルとデフレスパイラルと言われるような景気後退?に苦しんで来たのだから、何かやらなきゃしょうがないだろ?と思う。
でも、成長戦略を行いたい理由については、検証が必要だろうな?とは思う。

バブルのお蔭で淘汰されずに済んでいた業種、もしくは、企業がバブル崩壊で生き残れなくなっただけなんじゃないか?
製造業の方向性が間違っていただけで、消費者に便利さを提供できなかっただけなんじゃないか?
デフレを理由に構造疲弊していた社会を根本的に変えようとしなかったからじゃないか?
国が景気後退を理由にデフレ潰しに躍起なのは、デフレだと国の借金は膨らむばかりだけど、国の借金を減らすにはインフレが一番簡単な事だからじゃないか?
低金利と言いながら実質金利は5%近くあった訳だから、低金利は飽くまで見かけ上の事で、円高で日本経済は逆に好調だったんじゃないか?
国の借金は確かに凄い金額だけど、貸しているのは日本国民ばかりで、外国人は貸してない。だから、幾ら借金を重ねてもデフォルトになるような事は無いんじゃないか?
本当に景気後退していたのか?
景気後退の本当の理由は、就業人口の低下なんじゃないだろうか?
世界的に物が余ってしまって、今までのような経済進歩のモデルは、今後通用しないんじゃないか?
本当は、世界経済構造の変化が問題で、成長を目指すこと自体が間違いなんじゃないか?

などなど、もっと時間を掛けて書いてゆくとまだまだ一杯ある、答えのない、もしくは、答えの出しようがない疑問があったとしても、国民の多くが現状に苦しんでいるのであれば、政治は何かしなくちゃならない。
過去20年の投薬のような政策が功を奏しなかったのであれば、手術に踏み切るしかないだろうな?と思う。
でも、術後の合併症に苦しみそうではあるのですがねえ・・・
それに、病巣はデフレだけとは限らない訳ですよね?

| | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

また揉めるね

相変わらずの新聞ネタですが、Nikkei.netに沖縄知事選についての記事が載っていました。

沖縄知事に翁長氏当確 辺野古移設に反対
推進派現職破る2014/11/16 20:15ニュースソース日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE13H0H_W4A111C1MM8000/?dg=1

別に僕は、野辺古移設に賛成でも反対でもありません。沖縄の事だから興味が無い訳でもありません。
米軍の思惑、代替え移設地選びの難航、新しい移設先の整備が出来るまでは普天間が利用され続ける、等を考えると、日本国内で揉めている間はずっと普天間を使い続けることが出来る訳ですから、県外移設を唱えて迷走している間は米軍に都合が良いように見えます。

沖縄に米軍は要らない、これ以上本土の犠牲になりたくない(過去も現在も沖縄には多くの犠牲を強いているよね)、と言った沖縄県民の思いと、世界一危険な飛行場とのレッテルを気にしている政府、他人事のような本土の連中、これらを合わせ見れば野辺古移設は現実的な選択肢の一つなんだろうな、と見ていました。

現実に中国の脅威があるのかないのか解りませんが(まさかこの時代に全面戦争を仕掛けるほど狂った為政者が居るとは思えませんが、南シナ海のような実効支配と言う名の侵略行為はあるかも知れません。)、戦略的に沖縄は重要な位置にあることだけは間違いないでしょうね?そういう位置にある故に琉球国は交易で栄えた筈です。

メディアは長くこの問題を報じ続けないでしょうから、忘れ去られる前に沖縄県民にとって有益かつ現実的な解決策を政府が纏められることを願います。

| | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

捕鯨船でも出せばいいのに

「サンゴ密漁船、145隻に 小笠原海域で再び増加」
なんて記事を読むと、海保の対応は随分と温くて、ロシアや中国、韓国の拿捕のやり方とは大違いだな?と思う。
尖閣諸島近辺の警護で手薄なのは重々承知なので、最近出番の少ない捕鯨チームでも出して、サンゴ礁荒らしをして環境破壊をする密漁船に銛でも打ち込んで無理やり拿捕でもすればいいんだ。
今もそうなのかは知らないけれども、一時期のロシアや韓国の警告代わりの船体射撃のような乱暴な真似は日本海保には出来ないだろうけど、捕鯨チームを臨時雇いにして密漁船に銛を打ち込んで拿捕すればいい。クジラを追い回せるほど高速航行出来る訳だし、南氷洋で活動出来るように作られているから足も長い。どうせ捕鯨禁止で余ってるんだ。クジラに銛を打つより余程良いだろう?

| | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »