« 大義名分では人は動かない | トップページ | 何故自分で考えようとしない? »

2014年12月22日 (月)

選ぶ方法で真の目的は透けて見える。

ばれないと思っている人が居るなら、その人は相当頭が悪いんだろうな?と思うけど、実際には騙される人が世の中には沢山いるようだ。

”誰々のためにどうしても必要です。”と声高に叫んでも、その方法は”それって、本当に誰々のためになる?”と思えるような事が多い。賛成するか反対するか決めなくちゃならないから、色々と確認してみると”やっぱり、誰々のためにはならない。でもそう言ってる人のためにはなるね。”と言う状況だったりする。”何だ結局自分のためか。”と思って反対すると、しつこく根回しに来るので本当は言いたくもないような反対理由を言わなくちゃならなくなる。そして恨みを買う。くだらない。

世の中には自分で考えない人が沢山居る。メデイアに踊り、被害に遭うと行政を責める。多分自己責任とか言う言葉も知らないんだろう?

巷に溢れる情報は、その重要度と言うファクターを隠してしまいがちだが、情報を正しく読み解く力は、常に考えながら選択していかないと身に付かない。池上 彰さんの新聞を斜めに読む力のようなものを想像して貰えば解りやすいだろうか?あるいは、斜に構える力と言っても良いかも知れない。疑ってかかれとまでは言わないけれども、正しい情報かどうかを調べるくらいの事はしても良いだろうなと思う。

|

« 大義名分では人は動かない | トップページ | 何故自分で考えようとしない? »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選ぶ方法で真の目的は透けて見える。:

« 大義名分では人は動かない | トップページ | 何故自分で考えようとしない? »