« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月17日 (火)

Key Wordは想像力かも知れない

Key Wordは想像力かも知れない

これまで、”若い人に必要なKey wordは何だと思いますか?”と聞かれると、間違いなく”好奇心”と答えていた。
でも、この好奇心、十分に思考することが出来る人にとっては正しいと思うのだが、普段からあまり考えない人には役に立たない事が多いのが解って来た。質問が、採用試験や学生に希望することのKey Wordなので、そんな人を採用しなければ良いとも言えるけれども、僕が相手にしている就職希望者や学生の中には、好奇心旺盛な人が必ずしも多くない事が解って来た。
一段下げて、と言うよりは、世の中を普遍的に見ると、と言った方が正しいと思うけれども、そこで求められてくる「相手を理解する」、「異文化を理解する」、「他の宗教を認める」、「交渉を纏める」、もっと身近なところでは、「友達を作る」、「人を思いやる」、「老人に席を譲る」、「モラルを守る」と言った行為までもが、想像力を働かせないと無し得ない。

共感を得やすくするために、老若男女を問わず、身近なところで攻めると、
電車で席を譲らないのは、80歳の小さな老人が揺れる車内で立っているのがどれだけ大変なのかが想像できないからだ。
電車の入口に立って携帯ゲームに興ずるのは、両手を離せる場所を取られたくない一心で、自分がどれだけ乗り降りの邪魔になっているか想像できないからだ。
ネット上の暴力的な書き込みをしても「スカッとした」とか「何も感じない」とか言えてしまうのは、それをされた時に相手がどう思うか想像できないからだ。
階段で相手を押しのけながら先を急ぐ人は、人に拠ってはバランスを崩して階段を踏み外し、生死に係わるような怪我になる事を想像できないからだ。
混んでいる道を走る人は、杖を付きながら歩くような人達も目に入らないようだが、突き飛ばされて転んで大腿骨骨頭骨折になると10%は死んでしまうし、自力で歩けるようになるのは50%しかいない、寝たきりになって痴呆になってしまう人が多いと言う事を想像できないからだ。
ネット上の誹謗中傷で自殺する人が要る事や、ど突き倒されて多臓器不全で死んでしまう人がいる事実からすれば、上記のような行為は大凡殺人とも言えるような行為なんだけど、そんなこと考えても見ない奴には
ど~でもいいか?
自分に関係ないから知ったこっちゃないよね?
でも、そう思うなら、”他人の事なんか知ったこっちゃね~よ!”って首にでも下げて置けよ。
もしお前が当事者に成ったら、俺たちはそれを見て、同じことをする。つまり汚いゴミでも落ちているように、助けも、通報もせず、無視して通る。
かなり話が脱線してしまった。

「明日は我が身」と言う言葉を知っているだろうか?
僕は、これを「その災禍は何時自分に降りかかるか解らないから、気を付けて掛かろう」と読んでいる。その災禍とは、上記の例で例えるなら「ど突かれて怪我をする方」ではなく、「ど突いても気にも留めないような方」であって、想像力を働かせ続けて、忙しくならないように気を付けよう、と言う意味だ。忙しいは、心を亡くすと書く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

Sports Walking

Sports Walking

こんな言葉は無いですよ。Race Walkingとかはあります。そんな本格的なSportsではなくて、歳を取ってからまともに歩けなくならないように、歩く筋肉を鍛えましょう、くらいの話です。歩けなくなると多臓器不全で死にますから。(笑)

RunningやJoggingは、案外膝や足首に負担が掛かる。

20代の時にSkiで膝を痛めてから、膝の負担をControlしやすい自転車Trainingを始めた。でも、Clipless Pedals(also clip-in or step-in, 日本だとビィンディングペダルと言った方が通じるかしら?)を使うようになって足裏の硬いShoesで乗るようになってから、足裏の筋肉の衰えを感じるようになっていた。
何故気が付いたかって?
Ski Bootsの踝の所が当たるようになって来たからです。足裏が薄くなると、踝の位置が下がるので、Bootsに踝の下側が当たるようになります。それで解りました。
どうも3年間のDesk Workは結構、足腰を弱らせるようですね?

中学生の時、バスケットボール部に所属していて、10km走ってから普通の練習が始まる生活をしていたせいか、足は偏平足とは程遠く、幅が狭くて甲が高い足でしたが、最近幅が広くて甲が低い足になってきてるのに気が付きました。新しいSki Bootsを買って解った事なのですけどね。

心肺機能を高めるためなら、体を上下に揺すらないといけないのでJoggingが良いのでしょうが、そうすると膝と足首が痛くなります。Walkingなら痛くなりませんが、ただのWalkingでは、筋肉が付かない。そこでWalkingとJoggingの間のような大股で足首のスナップを効かせて歩くことにしました。結果は良好です。膝も足首も痛くならないのにお尻の筋肉から下は全て筋肉痛になります。今の所15kmを3回やって、足裏の筋肉痛がちゃんと出ていますので、目的も達成しています。

近年、老人にSarcopeniaと言われる進行性および全身性の骨格筋量および骨格筋力の低下を起こす症候群(Wikipediaの説明を引用しています。)が問題になっています。寝たきり老人の温床とも言えるような症候群です。そこで、走るところまでは出来ない人達に新しいジャンルのスポーツでも、なんて考えて、Sports Walkingなんて言葉を作ってみました。

どうです?やってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »