« 愛国者と言う表現には違和感を覚える | トップページ | 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ »

2015年3月29日 (日)

無駄な仕事が多すぎる

仕事を増やすような仕事の仕方をする人が多い。誤解されそうな言い方だが、効果を上げるために必要な仕事を増やすのではなく、何の効果も無い仕事を増やそうとする人がいる。時間は掛かるが作業は簡単で判断も必要ない。でも全く利益を生まない。

過去に聞いた話で一番笑えたのは、あるメインコンピュータシステムからデータを紙で出力して貰ったものを部門でも管理したいからと言って、毎月紙で出力して貰ったものを、そのために買って貰ったPCで、そのために業者に作らせたExcel Sheetに、そのために雇った人に入力させていた話しだろうか?馬鹿にも程がある。メインコンピュータシステムから直にcsvで吐き出したものをちょっと加工すれば自分たちの欲しい形にするのに10分もあれば十分だろう。

全く別な見方をすれば、そんな詰らない仕事を増やせるだけの経営的余裕があるのなら、仕事を増やして雇用を確保してあげた方が企業の社会貢献になり、失業率低下に貢献しているのかも知れない。

一度そう言った体制に慣れてしまうと、組織自体が実際に効果が上がる施策を出来るようになるのには相当時間が掛かる。組織の上層部が舵を切っても船体は向きを変えてくれない。そうやって構造疲弊する。

ちょっと脱線するが、日本の労働人口は今後どんどん減ってゆく。それでも国民を養うためには、稼がなければならない。火急な意見として移民を訴える人が居るが、閉鎖的な日本の社会が移民を簡単には受け入れないだろう?実際に移民を受け入れているEU諸国では、移民政策で国が揉めている。

少ない労働人口で国民を養うならば、労働者一人あたりの稼ぎを大きくしなければならない。その場合、効果的に無駄な仕事を減らしていかなければならないだろう。
日本は、就労可能な国民が結構働いていない。今後、就労可能な国民には働いて貰えば、移民は必要ない。詰らない火種を抱え込む必要もない。
でも、その内それでも足りなくなるのが予想されるので、無駄な仕事をしてる余裕は無いよねえ・・・

|

« 愛国者と言う表現には違和感を覚える | トップページ | 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無駄な仕事が多すぎる:

« 愛国者と言う表現には違和感を覚える | トップページ | 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ »