« この記事を読んでどう思うだろうか? | トップページ | そろそろ英文全文を載せるだけにしては? »

2015年4月21日 (火)

感情で動くと碌なことがない

感情で動くと碌なことがない、と言っても、国家ですら感情で動く。
色々と過去を穿ってみると、歴史的行為の殆どが”それって、根っこは感情論だよね?”と言うような物ばかりに見える。

そんな折に日経新聞に「戦争プロパガンダの10の法則」(アンヌ・モレリ2002年が紹介されていて、買って読んでみた。この本、ベースに成っているのは「証人1915-1928年フランスにおける軍人の記憶に関する分析と批判」(ノートン・クリュ1929年)、「証言」(ノートン・クリュ著1930年)「戦時の嘘」(アーサー・ポンソンビー著1929年)の主に2つの著書で、第一次世界大戦の頃に書かれた本らしい。かなり若い時に誰かのコラムを読んでいて、この「戦時の嘘」の名前だけは知っていました。今のようにAmazonで簡単に買える時代だったら読んでいたでしょうね。今は、Amazonでは出てきませんでした。代わりと言っては何ですが、「戦争プロパガンダの10の法則」を読みました。

現在、日本に住んでいると気が付きませんが、近代と言われる時代であっても世界中物凄く野蛮だったんだなと思います。偉そうに現代民主主義国家を標榜している国々すら、つい最近まで植民地を持ち、野蛮な行為を繰り返していたのですよね。先日見た映画「Fury」の中で描かれる敗戦間際のドイツ国内の戦闘地域では人権なんてまるで無視です。

第二次世界大戦で3,000mから市街地に爆弾を大量に投下した先には人が沢山居て、どうなるのか想像できないかも知れませんし、湾岸戦争でミサイルの先端のカメラが命中した瞬間に映像が途切れる先にはやっぱり人が居て、戦闘機のカメラには崩れ落ちる建物しか見えませんので中にいる人たちがどんなことになっているのか解らないのかも知れません。でも爆弾を落とされた人たちは一瞬で肉片と化し、火事で焼かれた訳ですし、ミサイルの爆発に巻き込まれた人たちは爆弾と同様に肉片化、もしくは崩れる建物でぺちゃんこに潰されてしまったのだと思います。人権などとは全く縁遠い話しです。それが戦争のようです。

ここで言う感情とは、増悪であったり、正義であったり、同情であったりしますが、それらを掻き立てるエピソードは、デマを流したい理由のある人の作り話かも知れません。それは戦争になれば儲かる人かも知れませんし、世論を煽ることで部数を伸ばしたい人なのかも知れません。新聞ってよくそう言うことをしますよね?

現在、紛争地域で戦闘を止めない人々の感情も、きっとそれなんでしょうかね?
そこにどんな感情や主義・主張があったとしても、人権まるで無視の惨い殺し方になる戦争を始めて良い理由になるとは到底思えないのですけどね。

|

« この記事を読んでどう思うだろうか? | トップページ | そろそろ英文全文を載せるだけにしては? »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感情で動くと碌なことがない:

« この記事を読んでどう思うだろうか? | トップページ | そろそろ英文全文を載せるだけにしては? »