« 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ | トップページ | 日本の軍隊は海外で戦闘行為に加わるべきではない »

2015年4月 6日 (月)

武器が無ければ内戦にならないよね

どうも国家として成熟してなくて、政治が不安定なところでは、内戦が頻発する。今度はイエメンで起こりそうな気配らしい。
また、内戦で沢山の人が死ぬ、と思うと同時に、何故そこに武器がある?と思う。カラシニコフのように町工場でも作れてしまうような銃は兎も角、ロケットランチャーとかを民兵のような連中が持っていること自体が変だろう?

世界の大国と言われるような国で、武器を売っていないのは日本だけだ。どうも最近禁輸が解かれるような噂があるが、例えば、潜水艦のように哨戒が目的で、それで実際に人殺しが行われそうにないものであれば、オーストラリアのような政治的に安定した国には輸出しても良いような気もするが、簡単に人殺しに使われてしまいそうな武器、例えば小銃のようなものは売るべきではないだろう。

戦後70年、日本の軍隊は外国人を一人も殺していないが、同様に日本の武器も外国人を一人も殺していないと思われる。戦後日本に帰らずにアジアの独立戦争に加わった旧日本兵とその携行していた武器が、外国人を殺した可能性はあるだろうけど、自衛隊員や日本の武器が外国人を殺すのは見たくない。母国、もしくは、母国民自衛のためなら致し方ない状況もあろうが、本当に派遣が必要かどうかも怪しい外国の軍隊と行動を共にするのも如何なものかと思う。仮に行動を共にしているのであれば、それは人道に基づくだろうけど、派遣が正しいのかは事前に議論が必要だ。場合に拠っては、戦後70年守ってきた日本の軍隊が外国人を一人も殺していない大切な歴史を終わらせてしまう可能性が高いのだから。

西欧諸国やアジアの特定の国々は武器の輸出に熱心だが、人口が爆発しそうな政情不安地域に簡単に人殺しが出来るような武器を売れば、必ず内戦が起こって人口が減る事でも狙っているかのように売られている。武器なんか買わずにインフラ整備でもすれば、生活も豊かになるだろうと思う。しかし、貧しい国で武器が買われ、武器で貧しい人たちから略奪行為をする連中が現れる。

人間は本来略奪が好きで、文明がそれを自制させているだけなのかも知れないね。でも、そこに武器が無ければ、要するに素手であれば簡単には人殺しは出来ないし、内戦になるような事も無いんだろう。

|

« 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ | トップページ | 日本の軍隊は海外で戦闘行為に加わるべきではない »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武器が無ければ内戦にならないよね:

« 先端研究の後退に繋がらなければ良いが・・・ | トップページ | 日本の軍隊は海外で戦闘行為に加わるべきではない »