« 感情で動くと碌なことがない | トップページ | セーターを肩にかける »

2015年5月 7日 (木)

そろそろ英文全文を載せるだけにしては?

日本学や歴史学など、米国を中心に世界でも著名な研究者187人が「Open Letter in Support of Historians in Japan」と題された声明文を出した

そうです。
でも、新聞各社とも拾う所は部分的で論調も様々です。

東洋経済新聞は、最近韓国大統領のお蔭で有名になったと記憶していますが、やはり韓国の併合ニュース批判です。
「日米歴史家、韓国メディアの"変化球"に困惑、なぜ「5月5日の日米声明」をネジ曲げるのか」
http://toyokeizai.net/articles/-/68890
日経Netでは、「米の日本研究者ら187人、歴史問題で声明 日と中韓の努力促す」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H2S_X00C15A5FF1000/
と従軍慰安婦中心の相当部分的な話題だけに絞っていますし、
毎日新聞では「日本研究者:欧米の187人 戦後70年で安倍首相に意見」
http://mainichi.jp/select/news/20150507k0000e030103000c.html
の表題でやはり従軍慰安婦の事を主体に書いているように思います。
朝日新聞は、「歴史「偏見なき清算を」 米の日本研究者ら187人声明」
http://www.asahi.com/articles/ASH5723NQH57UHBI00D.html?iref=com_rnavi_arank_nr02
と題して、毎日新聞とほぼ同じような論調です。ただ、唯一朝日新聞では、英語と日本語で出された原文(全文)を載せています。
http://www.asahi.com/articles/ASH575KGGH57UHBI01Y.html
英語の原文のリンクもありました。
http://ajw.asahi.com/article/behind_news/politics/AJ201505070028

う~ん、表題は違ってもあげつらう所は同じようなところ、でも、論調が違うために全く原文と違う印象を受けます。
折角英語だけでなく日本語でも声明を出したのだから、日本語の声明全文を載せるだけで、どう思うかは読者に任せれば良いと思うけどなあ・・・
日本語声明がないのであれば、最近の日本人の英語力を考えれば英文全文を載せるだけでも良いだろう?と思う。
ただ、187人がどんな人たちなのか略歴が要るかも知れないね。

さて、この件をどう見ましょうかね?
ただの内政干渉?
とは言い切れないのが戦争責任なのだけど、日本は戦争犯罪を認めることで西側諸国の一員になる道を選んだのだから、その線で進めるしかないだろうと思う。アメリカと中国、欧米諸国とは実際に戦争をして、アメリカ兵や中国兵、植民地を支配していた欧州の兵、そして中国国民を死なせているのだし、植民地化されていたアジア諸国を結果的には開放したけれども、欧米の代わりに日本が支配したのには違いがない。違っていたとすれば、日本は植民地化したと言うよりは、一つの県としてインフラ整備や教育を行ったことだろうか?その教育が正しかったかどうかは解らないけど、欧米諸国は植民地に対してそんな事はしなかったよね。
どちらかというと、武器を渡して、内戦を起こさせて弱体化した政府を抱き込んで植民地化する方法を取ってたように思えます。アヘン戦争のやり方なんて相当酷い。幕末の日本も危なかったんじゃないかと思うけど、日本は幸運にも植民地化を免れた。まあ、現在はアメリカの植民地のような気分になる時はありますが・・・

いずれにしても、事実に基づいた歴史を記述するのは良いことだと思います。それがことさらアジアだけのことではなく、ヨーロッパの敗戦後にドイツ国民が各国で虐殺されたなんて歴史も含めて、ドイツの戦争犯罪に隠れて表に出てきていない戦勝国側の犯罪も明らかにすべきでしょう。
そして、世界中が二度と戦争を起こさないように誓うべきだろうと思います。
戦争をしなければ軍備に無駄なお金を使う必要が無く、その資金があれば世界中の人達がもっと裕福に暮らせるでしょう。少なくても軍備に明け暮れる国の貧民は救われる筈です。

ここでは過去の日本の行為を正当化したい訳ではなく、世界中で行われていた人間の残虐行為を歴史の中に正しく晒すべきであり、その反省の上に平和を築くべきだと思っているだけです。

|

« 感情で動くと碌なことがない | トップページ | セーターを肩にかける »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ英文全文を載せるだけにしては?:

« 感情で動くと碌なことがない | トップページ | セーターを肩にかける »