« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

スマホマナーすら西高東低なのか?

大阪出張に行ってみたら大阪環状線内で歩きスマホをしている人を殆ど見かけなかった。でも、山手線内では歩きスマホしている数は2割程度だろうか?
人にぶつかる程、もしくは、もたもた歩いて流れを乱すようなところまで行かなくても、スマホの画面をちらちら見ながら歩く人まで数に入れると3割くらいは居るだろうか?西武池袋線で所沢の方まで行くともっと比率は高くなる。
日本では色々な事で”西高東低”と言われる問題があるが、スマホマナーも例外じゃないみたいだね。
最近、池袋駅では、”歩きスマホは危険です。”とアナウンスを始めたけど、どの位効果があるのか?ヘッドフォンをして映画を見ながら歩く人や、同じくヘッドフォンをしてゲームをしながら歩く人、カタログを見ながら歩く人達にアナウンスの声が届くとも思えない。
知り合いの救急医の所には、歩きスマホで階段を踏み外して大怪我をして運ばれてくる人が増えている様だが、その巻き添えを食って怪我をした人には”殺してやりたい”くらいの許せ無い行為なんだろうね。例えば、僕の娘が巻き添えを食って脳挫傷とかになったら、巻き添えにした奴を法律に任せて置かずに自分で殺しに行く。
その位危険な行為をしている自覚は、実際にやっている人達には、きっとないのだろう?
禁煙区間でタバコを吸うと区条例で3,000円位罰金を取られるようだが、歩きスマホをしていたら同じくらい罰金を取ってやれば、借金まみれの地方行政も潤うだろう?

| | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

幸せになるには不幸の芽を一つずつ摘んでいくしかない

幸せになるには不幸の芽を一つずつ摘んでいくしかない
夢見がちに”何が叶えば”とか考えがちだが、打ち出の小槌のような事で幸せになれるような事はない。
幸せの芽は観賞植物のようにひ弱だけど、不幸の芽は雑草のように強い。
不幸だと言う人の多くは、小まめに手入れをしない。幸せになりたいなら、不幸の芽を一つずつ丁寧に摘んでいくしかない。
そうしていれば、ある日、ふとしたことで、何となく幸せだったんじゃないかと気づく。
その位がちょうど良い。

| | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

天然の才能

彼女は周りから、トロッとしていて、受け答えもC調、だから天然呼ばわりされる。
でも、実際には、物凄く周りに気を使って、仕事が終わると”はあ~・・・”ってなっちゃうような奴なので、彼女自身は天然呼ばわりされることに納得が行かないだろうね?
僕も彼女は天然だと思う。でもみんなが言ってる天然とは相当違った見方をしたうえで、やっぱり天然だと思う。
物凄く気を使う性格だし、またよく気が付くので、当然人の感情も見えてしまうだろうから、ああでもない、こうでもないと、色々と思い悩む筈です。だから、当然思考は内向きの堂々廻りになりやすい筈ですが、考え疲れると”まあ、いいか?”ってコンフリクトした思考を解放できちゃう。その能力が天然だと思う。
ストレス耐性のような言葉で表しても良いだろうけど、彼女は相当に頭が良いんだろうな。次女故に、長女のやることを常に見てきたようで、観察力や見たことに対する意見を必ず持っている。次男、次女の特徴とも言えるけど、そう言った能力をちゃんと獲得しているところを見ると、やっぱり頭が良いんだろうなと思う。
もう一人、同じように気を使うけど、長女故に超甘やかされて育ったらしく、仕事が出来ないけど怒られるのは大嫌っい。その場は、”すみません、すみません。”って謝るけど、家に帰ると母親相手にグチグチ言いまくる。彼女の思考は、自分勝手にコンフリクトしまくって、挙句にそこから逃げ出すことにしか解決策を見いだせない。言ってることが全て自分の都合なので、誰も相手にしなくなる。そうすると”自分は虐めに遭ってる。”と言うらしい。仕事中は人の言動に心の中で一々文句を付けているから、仕事は当然覚えない。もう6年目なのに2年目に負ける。でも、それは自分のせいではないらしい。そうやって思考の迷路に入って、辞めて逃げ出すことにだけ思考が向かう。でも、それすら人のせいなのだ。
何だろうね?
もう28歳の彼女は、23歳に馬鹿にされ、また文句の迷路に嵌る。
ここ1年何とか救おうとしたけれども、それすら”何でそんな事を言われなくちゃいけないんですか?”と言う。いや、特にもう理由は無いよ、諦めたから、5回ほど辞表を持ってきたけど、渡されたのは初めてだったな。
”何があっても自分は悪くない”と思えるのは、ある意味天然の才能だと思うけど、人迷惑な才能だよね。
でも、そんな彼女も後二日で退職する。お願いだから、もう二度と我々の前に現れないでくれ。

| | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »