« 幸せになるには不幸の芽を一つずつ摘んでいくしかない | トップページ | ”いいなあ・・・”って言わない »

2015年9月28日 (月)

スマホマナーすら西高東低なのか?

大阪出張に行ってみたら大阪環状線内で歩きスマホをしている人を殆ど見かけなかった。でも、山手線内では歩きスマホしている数は2割程度だろうか?
人にぶつかる程、もしくは、もたもた歩いて流れを乱すようなところまで行かなくても、スマホの画面をちらちら見ながら歩く人まで数に入れると3割くらいは居るだろうか?西武池袋線で所沢の方まで行くともっと比率は高くなる。
日本では色々な事で”西高東低”と言われる問題があるが、スマホマナーも例外じゃないみたいだね。
最近、池袋駅では、”歩きスマホは危険です。”とアナウンスを始めたけど、どの位効果があるのか?ヘッドフォンをして映画を見ながら歩く人や、同じくヘッドフォンをしてゲームをしながら歩く人、カタログを見ながら歩く人達にアナウンスの声が届くとも思えない。
知り合いの救急医の所には、歩きスマホで階段を踏み外して大怪我をして運ばれてくる人が増えている様だが、その巻き添えを食って怪我をした人には”殺してやりたい”くらいの許せ無い行為なんだろうね。例えば、僕の娘が巻き添えを食って脳挫傷とかになったら、巻き添えにした奴を法律に任せて置かずに自分で殺しに行く。
その位危険な行為をしている自覚は、実際にやっている人達には、きっとないのだろう?
禁煙区間でタバコを吸うと区条例で3,000円位罰金を取られるようだが、歩きスマホをしていたら同じくらい罰金を取ってやれば、借金まみれの地方行政も潤うだろう?

|

« 幸せになるには不幸の芽を一つずつ摘んでいくしかない | トップページ | ”いいなあ・・・”って言わない »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スマホマナーすら西高東低なのか?:

« 幸せになるには不幸の芽を一つずつ摘んでいくしかない | トップページ | ”いいなあ・・・”って言わない »