« 幸せ | トップページ | マルケスはロレンゾのサポーターか? »

2015年10月27日 (火)

AIは人間の生活をどう変えるだろうか?

Nikkei.Netで「AIとロボットは、30年後の暮らしをどう変えるか」なんて読者アンケートが行われていた。 30年後はちょっと先過ぎてイメージが湧かない。どうせ30年後には僕自身が多分生きては居ないだろうしね。 現状でAIに何を期待するだろうか? 僕自身が一番期待するのは、自分の脳と同じように使える外部記憶・演算装置だろうか。 社会的には、身体的弱者や介護労働者、工事作業者、運搬業者の身体補強装置、もしくは、身の周りで生活に溶け込むことが出来る自力歩行出来ない人の移動装置だろう。 30年後には、人と見わけの付き辛いロボットと一緒に働くイメージが湧いたりもする。 日本では特に労働人口の減少から人と同様に働くロボットが増えるだろうか? 工場などで同じ作業を正確に繰り返すなんてのは、ロボットの得意技なので、人件費、稼働時間、歩留りなんてのを相殺する形でかなり高額なロボットも許容するだろう。でも、これだけだとAIとは言えないよね? 工場などのロボットのための環境を作れる場所と違って、人が働かく、もしくは、人が生活する場所で活動するロボットは、人と同じような体型を持った方が都合がいい。全くヒト型である必要は無いが、同じ重さ、同じ身長、同じ目線の高さが望ましいだろうか?必ずしもリモート回線が確立できない場所に置いては、AIは必須になるだろう。 個人的には、人に出来る事は人にやらせておけよと思うので、人の出来ない事をやらせる、もしくは、人の機能を拡張する形でサポートさせたいけどね。 特に原子炉のようなところでは、高線量域でのどうしても人がやらなければならないような作業をやって貰えると素晴らしいと思う。概要で言うと、人の能力を超えたところ、もしくは、人がやるには無理があって諦めていた作業はAI搭載のロボットの真骨頂かも知れない。

|

« 幸せ | トップページ | マルケスはロレンゾのサポーターか? »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIは人間の生活をどう変えるだろうか?:

« 幸せ | トップページ | マルケスはロレンゾのサポーターか? »