« 西内まりや | トップページ | 携帯ゲームは日本人の生産性を何兆円くらい奪っていると思う? »

2016年1月20日 (水)

仕事に気持ちを込める

馬鹿らしいかな?
20代前半だったら、僕もそう言ったかも知れない。
仕事は、所詮生活の糧を得るためのものであり、それ以上でもそれ以下でもない、そんな風に言ったかも知れない。
でも、積み重ねた結果でスキルを判断されて、重要な仕事を任せられるようになり、その一つ一つの結果が重要になってみると、所謂若い時のやっつけ仕事のような訳には行かない。事の成否が、自分はおろか、部下の生活にまで影響するようになっては、いい加減な仕事をする訳には行かなくなる。う~ん、この理由は若干表向きな気がする。

一日24時間の中で、8時間から12時間くらいは仕事に費やすだろうか?凡そ人生の半分を過ごす時間が詰らないものであれば、人生は随分と辛いものになるだろう。仕事が楽しめるなら、人生もきっと楽しいものになるだろう。う~ん、この理由もあまり的確とは言えないように思う。

自己満足だろうか?
文明化してからの一般的な人間の欲求なのかも知れないけれども、多くの人は人生の中に自分が生きた痕跡を残そうとする。余程有名になるような痕跡ならば万人に見られるものになるだろうが、多くの人のそれは概ね誰も見ない。知る人ぞ知る程度だろう?でも、その痕跡をどう残すかは本人の自由意思であり、出来るだけ満足のいくものを残したいと思うのは至極当然の事だろうと思う。

人生の多くの時間を掛ける仕事も個人の業績だとか実績とかで痕跡が残る。物で残らなくても記憶に残ったりもする。その痕跡や記憶を彩りたいと思えば、自分が満足するレベルまでやるだろう。それは人の評価では無く自分で評価するものだから、自分が褒めない限り満足は得られない。

人生において大きな仕事を一つだけしたなんて幸運な人は碌に居ないだろうから、多くの人は沢山の仕事の積み重ねで痕跡を残す。一つ一つの仕事は、終わった後から彩ることは出来ないので、やってる最中に彩る必要がある。だから、一つずつの仕事に満足のいく結果を求めて行くことになる。大きな仕事も小さな仕事の積み重ねである場合が多いので、あんまり関係ないかな?と思いつつも満足のいくところまで仕上げてしまう方を選ぶ。

若い人たちに、何でそんな事にまでちゃんとやろうとするんですか?と聞かれて、うん、まあ、自己満足かな? こういう事に手を抜くと全てに手を抜いた気分になるじゃないか? それって嫌じゃない?でも、たかが自己満足だからさ、優先順位は低いし、人には強要しないよ。

|

« 西内まりや | トップページ | 携帯ゲームは日本人の生産性を何兆円くらい奪っていると思う? »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事に気持ちを込める:

« 西内まりや | トップページ | 携帯ゲームは日本人の生産性を何兆円くらい奪っていると思う? »