« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

マイノリティの証明

自分の考え方や行動が他の人達と違うと言う認識を持ったことはおありだろうか?
全ての考え方や行動がそうだと言う訳では無く、そう言う部分が多いか少ないかであり、多いのであれば少数派である可能性が高くなる、そう言った話だ。

議論をしていると噛み合わないと感じる事が度々ある。
仕事に関するそれは、例えば一日の仕事を終わりにする定義だったりする。片方は、その日にやらなくてはならない仕事が終わった時であり、もう片方は17:00になった時である。それらが齎す違いは、片方がさっさと終わらせるために効率的に動こうとするのに対して、もう片方は時間が早く過ぎるようにダラダラと非効率に動く。

他に例えば、仕事の質に関する定義だったりもする。片方は、データを出す目的を考えて出来るだけ正確に出すために工夫をし、足りないデータや計算違いが無いか、例外的なデータを内包していないか精査するのに対して、もう片方は言われたことだけやり、突拍子もないデータが出て来ていても気にしない。正しい判断をするためには正確なデータが必要なので、片方はきっちり役に立つが、もう片方は”言われたことをやったらこうなった”と言う。当然役に立たない。

細かく上げて行けば切も無いのだが、これら双方が一つの話題に足して対策案を協議すると、とんでもない議論になる。
公共と言う概念についてのそれは、例えば電車の中のスペースに関する定義だったりする。
サービスに関するそれは、対価の定義だったりする。

一々議論している訳ではないから、実際のところどう考えているのかは解らないけれども、議論が噛み合わない人が多いか少ないかで自分の考え方がメジャーなのかマイナーなのか判断できるだろうか?
それを否定する訳ではないが、あなたが誰と話をしても噛み合わないと感じるならば、きっとあなたはマイナー思考なんだろう。

| | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

「女の敵は女」ですか?

女の敵は女? 社会問題の本質、隠すコトバ 女男 ギャップを斬る(水無田気流)
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO97146920Q6A210C1TY5000?channel=DF130120166018&style=1
って記事がNikkei.netに載っていて、なるほどな、と思った。
最初は何を言いたいのだろう?同性同士の虐めのような話でも出て来るのだろうか?と思って読み始めたが、売るためなら事実の捻じ曲げなんてへちゃらな世の中を勘弁してくれ、と言っていた。
事実の捻じ曲げ って、雑誌やテレビが大好きなことですよね?
普通は、推論は事実に基づくべきであるが、それは必ずしも面白くもないし、話が大きすぎてワイドショウネタには重すぎる。そんな場合、売れそうな、ワイドショウネタにちょうど良いサイズの、如何にもおばさん達が飛びつきそうな、下世話な小さなネタを推論し、それに事実を合わせようとする。でもそんな都合の良い事実がある訳では無く、逆に下らない推論を否定する事実しか無いかも知れない。それじゃ取材が無駄になるから、面白そうなネタを勝手に推論して、それに都合の良い事実は無いか?と聞いて来る。そして本来論ずべき問題の核心から外れていく。
まあ、確かに勘弁して欲しいよね。
池上彰さんを100%肯定している訳では無いけれども、常に問題の核心を見定めようとする姿勢には敬意を表する。ジャーナリズムって、本来そうあるべきなんだろう?
しょうもない記事を書いている雑誌の記者が、”馬鹿な読者には、こんな下らないネタがちょうどいいのさ。俺たちだって好きで書いてる訳じゃないぜ。”と言っているのを聞いたことがある。みんながみんなそうだとは思わないけれどもね。
下らない記事に群がる読者が先か?金のためなら誇りも道徳心もとっくの昔に捨て去った記者が先なのか?下らない記事しか与えられないからそれしか読まなくなるのか?そう言ったことはどれが先に在ったのか僕にはさっぱり解らないが、記事を書く人間には、書いた事実に責任を持つ必要があるよね。
”無記名で書いてる奴に言われたかあ無いよ!”って言われそうだけど(笑)

| | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

携帯ゲームは日本人の生産性を何兆円くらい奪っていると思う?

残念ながら試算は無いけど、今後10年、20年の生産性の鍵を握る若い人達が携帯ゲームで無駄に過ごす時間による損害は、国家予算に匹敵するだろう?そう思える位、世の中に蔓延してる。まるで1億総痴呆化プログラムでも走っているようだ。

休み時間には必ず携帯ゲームをしている女性に聞いてみたら、”だって楽しいんだもん”って言っていた。

その小さな画面の世界の中で、指先だけ動かして、ほとんど脳も使わない動作に没頭している姿は、とても楽しそうには見えないよね。当然運動機能も低下するだろうから、特に彼女たちは骨ミネラルの低下に苦しみ、自由な行動を制限され、使わなくて良い大量の医療費を使うだろう。

人間の体は、体を動かす事で体調が保たれるような仕組みになっている。Desk workなんてのが可能になったのは、高々数千年だから、人間の体が適応するには短すぎる。耐性が低い人達は、どういう病気になるんだろうね?少なくてもサルコペニアから寝たきりになることは、簡単に予想できる。

「今のちょっとした時間潰しの楽しみが、貴方の将来の大きな楽しみを奪う」

このキャッチコピーは、ちょっと刺激が足りないな。

「今のちょっとした時間潰しの楽しみが、将来の貴方の体の自由を奪う」

う~ん、いけてない。

携帯ゲーム会社の”お前、唯の馬鹿だろ!”って社長が、”携帯ゲームで世の中を変えて見せる”って吹いていて、実際に世の中は変わってしまったけど、お前が変えた世の中ってのは、”貧乏人と寝たきり老人だけが住む世の中”なんじゃないか?

| | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »