« 楽をするためには努力を惜しまない | トップページ | イスラエルの強み »

2016年7月 5日 (火)

未だ戦後なんだよね

1956年経済企画庁の経済白書「日本経済の成長と近代化」の結びに「もはや戦後ではない」と記述され流行語となった事で、少なくても本土人は戦争は遠い昔のように感じているかも知れないが、この記事を読むと、”ちっとも戦争は終わっていないよね”って思う。
「日米地位協定、「軍属」範囲を厳格化 2016/7/5 11:32ニュースソース日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H02_V00C16A7MM0000/?dg=1&nf=1

嘗ての安保闘争が、主権を求める怒りであったように、現在の沖縄の人達の怒りは、沖縄だけが主権を侵害されている事を本土人が理解しないことが原因であろうか?

沖縄に旅行に行った位では気付けないだろうが、横田基地の周辺を歩くと日本人が立ち入れないフェンスの向こう側の土地と町を徘徊する米国人たちは、やはり異質であり、沖縄ではそれが日常なのだろう?

日本人が沖縄駐留の意味を正しく認識していないと同様に、アメリカ兵ですら異なる認識を持つだろう?軍属なら尚更だろう。”自分たちの血で戦勝地を守っている”とか思えば、街に出て横柄な態度をとる輩が出ても不思議ではないのだろう?

中国の孤立化へ邁進する気か?と思えるような軍部の挑発行為もエスカレートして来て、何時紛争になっても可笑しく無いような状況だが、敗戦後70年経っても地位協定とか言っているのは、日本が未だに主権を回復できていない、戦後の状態にあることを知らしめてくれるよね。

|

« 楽をするためには努力を惜しまない | トップページ | イスラエルの強み »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未だ戦後なんだよね:

« 楽をするためには努力を惜しまない | トップページ | イスラエルの強み »