« 核心的利益は平和 | トップページ | 何を伝えられるだろうか?何を残せるだろうか? »

2016年9月29日 (木)

もう単純労働をするような人を育ててはいけない

多分国策としての教育の問題だろうか?

今後10年~20年位の間に工場での単純作業のような仕事は、少なくても日本では無くなるだろう。青春を謳歌するのも良いが、学生の時にきちっと教育を受けなかった、もしくは、受けようとしなかった連中が工場での単純労働に就き易いのは傾向として正しいだろう。でもそうした人達にはきっと仕事が無くなってしまう。このまま人口減少が続くのであれば知識レベルの低い人達も高度な知識が必要な仕事に就かざるを得ない。当然全体のレベルが下がって競争力は下がってしまうだろう。でもその状態も長くは続かないだろう。

多くの人は就業すると35年から40年くらいは働く。ここから先就業状況は大きく変わって行くだろう。嘗てのアメリカがそうであったように日本へも優秀な人材が雇用を求めて世界各地から集まってくる。企業は競争力を維持するために優秀な人材を集めなくてはならない。人手不足だからと言って日本人の出来ない人材を採用する理由は無い。日本人だからと言って優秀でなければ就ける仕事が無くなる事は容易に想像できる。日本人の失業者の増加は、社会システムの崩壊を意味すると思われるので、政府は失業対策に何をすれば良いだろうか?

現在アメリカでは大統領選挙の真っ最中だが、アメリカの内向きに傾倒した考え方が支持される理由は、労働者に新しい時代に必要な技能や知識を身につけさせられなかった政府の失敗との論説もある。中産階級の所得水準を上げ、失業者を減らす方法は、経済政策では無くて、教育対策なのではないか?でも、それは時間が掛かる。10年後に就業する若者たちが就職難にさせないためには、もう始めないと間に合わない。若者は若者で、アベノミクスの影響で運よく就職できても10年後に職があるとは限らない。努力しなければ真っ先に肩を叩かれる。

スマホゲームに熱中しているような状況じゃないぜ。

|

« 核心的利益は平和 | トップページ | 何を伝えられるだろうか?何を残せるだろうか? »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361156/67724235

この記事へのトラックバック一覧です: もう単純労働をするような人を育ててはいけない:

« 核心的利益は平和 | トップページ | 何を伝えられるだろうか?何を残せるだろうか? »