« 生気無くもたもたと歩く | トップページ | 幸せのデザイン »

2016年12月14日 (水)

何だ何時もの姑息な戦法か

プーチン氏「経済協力、領土に先行」 日本の制裁に不快感
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H4E_T11C16A2EA2000/?dg=1
何て記事がNIKKEI.NETに載っていた。
ロシアが過去から現在まで領土問題で馬鹿な事をしたのは、シベリアをアメリカに売った事だろう?
ロシアが領土をちらつかせて日本にすり寄ってくるときは、余程経済状況が悪いのだろう?制裁はボデイブローのようにじわじわ効いてきているのだろう。
第2次世界大戦の日本敗戦時のロシアは、誰が見ても火事場泥棒だったし、その後のシベリア抑留による人権侵害も歴史の表舞台に出て来ないのが不思議なくらいだ。
この記事を読んで、”ああ、やっぱり、また、何か強請りに来ただけだったのだな。”と思った。
中国のお蔭でエネルギー政策に狂いが生じる可能性は出て来たが、ロシアにお金をあげる位なら、再生可能エネルギー開発に資金を投じた方が余程良いし、未来的だ。
プーチン氏との会談も中止すれば?

|

« 生気無くもたもたと歩く | トップページ | 幸せのデザイン »

雑談」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何だ何時もの姑息な戦法か:

« 生気無くもたもたと歩く | トップページ | 幸せのデザイン »