« 幸せのデザイン | トップページ | ガラ携の便利さを超えられない »

2016年12月26日 (月)

覚悟の問題なのかもね

最近、仕事に対する向き合い方に違和感を覚えることが増えた。
僕の前の職場がとても堅い職場だったと言うのもあって、そこではいい加減な仕事ぶりの奴が少なかった。いい加減な奴が一定数居ることは居たんだけれども、いい加減の度合いも今の職場でのそれとは結構ギャップがある。何をするにも真摯に向き合わない。何か特別これには力が入ると言うようなものも無さそうである。求められていないものに力を入れる必要を感じていないのかも知れないけど、その場その場で熱中して仕事をしない。でも、それじゃちっとも成長しない。
ある職業に就いて長い時間その職に留まるにしても、同じ内容の仕事しかしていなければ30年、40年同じ給料でも文句を言えないだろうなと思うけれども、給料は上がって行って欲しいらしい。給料を上げて欲しいなら仕事の内容も同じゃ駄目だよね。
例えばアメリカのようにスキルアップのために転職を繰り返し、それを好んで容認するような社会であれば、その仕事をスキルアップの道具位に考えても良いのかも知れないけど、日本だからね、そんな事が許されて、しかも成功している人達なんてほんの一握りの人達だけだ。それに、そもそも今の仕事でスキルアップされていない。
特に免許制の仕事であれば、これから定年までこの仕事をして行く、続けるには常に努力が必要で努力を続けなければ仕事を続けられない、そんな意気込みが全く見えないよね。
受験戦争の弊害なのかも知れないけど、何か一つ目的を達成すると終わった感でもあるんだろうか?自分には通過点として認識した事はあったけど、ゴールだと思った事は一度も無かったし、多分これからも無いだろう。

|

« 幸せのデザイン | トップページ | ガラ携の便利さを超えられない »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟の問題なのかもね:

« 幸せのデザイン | トップページ | ガラ携の便利さを超えられない »