« みっともない | トップページ | 生気無くもたもたと歩く »

2016年12月 8日 (木)

持ちつ持たれつ

消費者保護の法律が出来てから、お金を払っているからと言って横柄な態度を取る人が増えた。大体、大したお金を払っていない奴に限って横柄な事が多い。
ものを作ってくれる人が居るから、我々はものが買える。サービスを提供してくる人が居るから、サービスを受けられる。その対価として、料金を払う。質と料金が見合わなければ、買わなければ良いし、サービスを受けなければ良い。
何であれ安いに越したことは無いが、何時も買う物や連続して受けるサービス等は、それが継続して売られている事や継続して提供されるサービスでないと困る。
売る方やサービスする方にも、それぞれに生活があり、家族も居るだろう。だから、続けるためには無闇にダンピングは出来ない。どんなものにも適正価格はある。常に努力した結果の適正価格に対して文句を言うのは間違いだ。世のクレーマー達ももうちょっと勉強して、何でも間でも安く買えれば勝ちとか、憂さ晴らしになったとか言う単純なアイデアでクレームをつけるのではなく、適正価格を認識してそれから外れているならクレームをつけると良い。

|

« みっともない | トップページ | 生気無くもたもたと歩く »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持ちつ持たれつ:

« みっともない | トップページ | 生気無くもたもたと歩く »