« 国策として技術流出への備えが必要だよね | トップページ | はた迷惑な部外上司 »

2017年3月 4日 (土)

神はあなたの心の中に居る

このアイデア自体が、多神教の日本人である僕の戯言のようなものです。一神教の否定だとか、多神教の布教のようなものではありません。
 
日本人は昔から理屈の解らない事項を神秘的と称する事が多い。長寿や不変に対しても畏敬の念を抱き、そこに神が宿るような観念も持つ場合が多い。神化なんて言葉がそもそも、神は存在するものでは無く、新たに成るものであることを間接的に証明しているだろう。神式の諡名(おくりな)も故人を神霊として祀るためのものなのだろうから、人も神になる。
 
大方の人は、長寿や偉業に対して称賛するだろう?日本人は、畏敬の念と言う形でちょっと拡張しているだけなんじゃないだろうか?畏敬の象徴が神であり、自然の摂理、大樹、数百年に渡ってそこにある岩、山、湖、河川、人、何でも畏敬の対象となるものは神化する。神化したからと言ってそこに神が居る訳ではない。だからと言う訳では無いが、当たり前のように神は何もしてくれない。尊い行いをした人を助けたりしないし、悪い行いをした人に罰をあてるような事もない。自分でするしかない。唯、そこに信じるものがあれば、そこに向かって行ける。縋るものが神であり、それはどこかに居るのでは無く、あなたの心の中に居る。

|

« 国策として技術流出への備えが必要だよね | トップページ | はた迷惑な部外上司 »

独り言」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神はあなたの心の中に居る:

« 国策として技術流出への備えが必要だよね | トップページ | はた迷惑な部外上司 »