« 悪い奴ほど得をする社会 | トップページ | ノルウェーの森を読んだ »

2017年7月18日 (火)

温泉マナー

僕は湯質の良い露天風呂が大好きです。
まあ、露天である必要は逆上せるからなんですが、湯質は上がった時のさっぱり感で草津の湯が個人的には好きです。多分肌の油分を取ってくれる弱アルカリの湯が良いのかと思います。
バイクで行くことが多いので、走って楽しめる峠道があって、帰りに美味しい蕎麦屋があって、なんてことで絞って行くと概ね行く場所が限られてきて、最近塩山方面に行くことが多くなりました。
塩山辺りの硫黄泉は、そんなに沢山ある訳でもなく、ロケーションが風が渡って涼し気な露天風呂はあまりありません。冒険もしなくなって来たことや、外来入浴をやっていないところが増えたこともあり、ますます行くところが絞られてきてしまいました。
問題は、そこが混浴だと言うことでしょうか?
僕は、女性が居ると気を使うので、正直混浴は好きではありません。女性が裸を見られるのを恥ずかしがるように、男性でも恥ずかしい人は居ます。僕の体形は20代の時に買ったスーツを未だに着られるような体形を維持していますが、知らない女性に見せたいとは思いません。
まあ、こんなことはどうでも良いのですが、どうも混浴であることで変な男性客が沢山居る事が問題です。女性客が来ると寄って行ったり、ジロジロ見たり、湯舟の外れでタバコは吸うわ、掛け湯もちゃんとせずに入るわ・・・正直マナーが悪い。
Facebookに温泉を扱ったWallが沢山立ってますが、これまで全国で200を超える露天風呂に入って来たと思いますが、そう言う所に紹介して良いのかと思います。このBlogでも「露天風呂」なんてカテゴリまで作って、それらの一部を紹介していますが、こういう行為は正しいのか疑問に思うことが増えてきました。特に地元の人たちが大事に保っているような温泉を紹介することは、良くない事なんじゃないかと思います。そう言う所は、「地元の人たちの財産をちょっとだけ貸していただく」ようなアイデアで迷惑にならないように貸していただく積りで行って欲しいのですが、Blogを読んだ人がそういうマナーで行ってくれるとは限りません。所謂大衆化をしない方が良いのではないでしょうか?
FacebookのWallでも、マナーを煩く言っているWallがあるけれども、管理者のマナーを口にして悦に入ってる感にも違和感を覚えます。正直共感できるWallもあるのですが、偽善者のお友達クラブのような運営をしている連中も目につきます。偽善者は言い過ぎですね。小学生の正義感を振りかざす、とでも言った方が正しいかも知れません。これも言い過ぎですね^^
細々とやっている宿を応援するような記事には共感します。こういうのはマナー違反だよと言っているページは時と場合に拠るでしょう。マナーは自らを律し対象者を慮る気持ちが行動となって現れます。上っ面で出来るマナーは正直偽善だと思っています。まあ、それでもしないよりはましですが。
これまでに多くの露天風呂が利用者のマナーの悪さゆえに閉鎖になって来ました。それらを何時も残念な気持ちで眺めてきました。特に入る前に掃除をして、佇まいを整えて帰って来ていたようなところが閉鎖になると寂しいですね。ちょっと脱線しました。
これらの露天風呂を閉鎖に追い込むようなマナーの人達は、BlogやWallで知らなければ、その存在自体を知らなかったんじゃないでしょうか?
僕自身はかなり慎重に選んで載せて来た積りですが、それでももう露天風呂の紹介を止めようと思います。何だか知らず知らずのうちに加担しているような気がします。

|

« 悪い奴ほど得をする社会 | トップページ | ノルウェーの森を読んだ »

トップページ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361156/71168318

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉マナー:

« 悪い奴ほど得をする社会 | トップページ | ノルウェーの森を読んだ »