« ノルウェーの森を読んだ | トップページ | 報われない想いは、人を横柄にさせる? »

2017年9月18日 (月)

観光道路でのネズミ捕りはやっぱり観光地の収入を奪うよね

以前「観光ルートでのネズミ捕りは観光客を減らす」http://noraneko-furo.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-396c.htmlと言う記事で、観光地に向かう道路でネズミ捕りをすると観光地の収入を奪うと書いたが、観光地に向かう途中でネズミ捕りに掛かると、その日観光地で使う予定の金額を警察に奪われてしまう。そのまま帰るか、そのまま行ったとしても財布の紐は締まるだろうね。そして点数が戻るまでそのルートで観光に行ったりはしないだろう。
 
免停になったらブルー免許3年×2回で6年は待たないとゴールド免許は返ってこない。以前の僕がそうだった。ゴールド免許の有効期限を含めて8年間その先に観光地に行かなかった。温泉に入って蕎麦かほうとうを食べて果物を買って帰ると、大体1万円位使うだろうか?気に入ったルートは、年に5~6回は行くから、6回×1万円×8年=48万円位がその観光地に落ちなくなったと試算できる。
 
ネズミ捕りのようなグレイゾーンの事を、例えば外国人にやったら、その外国人はどう思うだろうか?SNSは拡散しやすい。誰かがアングラなサイトに種を撒けば、これを命じた交通課の課長のプライベートまで晒されてしまったりするだろうか?以前、白バイが事故を起こしたのをもみ消そうとした巡査部長の子供の顔写真が出回っていたのを見たことがある。まあ、これはどうでも良いけど、観光ルートでネズミ捕りをすると観光地の収入を国庫が奪うのだけは間違いない。

|

« ノルウェーの森を読んだ | トップページ | 報われない想いは、人を横柄にさせる? »

トップページ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/361156/71746597

この記事へのトラックバック一覧です: 観光道路でのネズミ捕りはやっぱり観光地の収入を奪うよね:

« ノルウェーの森を読んだ | トップページ | 報われない想いは、人を横柄にさせる? »